« 初暦小さく予定書き入れて | トップページ | 襟立てて豇豆を買ひに女正月 »

初めての名乗り嬉しき初句会

 Photo_5 Photo_6 Photo_7            

 

 松明の句誌をしみじみ読みふける   なを

 

季語は「松明」=「まつあけ」

「松過ぎ」の傍題。

門松を立てておく期間を「松の内」といい

関東では六日、または七日まで。

関西では十四日、または十五日まで。

松のある内は正月気分が続き、取り払われた後も

幾分は新年の気分が残っている。

 

ということで、お正月も無事に過ぎました。

ただ、十一日の鏡開き、十五日の小正月・女正月

そして、二十日正月とありますので、いましばし

新年の気分で参ります(^^♪

暮に戴いてた俳句誌をようやく開きました。

ちらっと読んだら、メッチャ面白くて!!

読みふけってしまいました。

きちんと読まなきゃダメですね。。。^_^;

 

写真はご覧頂いたとおり、練り切り、ちらし寿司、七草粥です。

お正月っぽいでしょhappy01

 

タイトル句の季語は「初句会」 その年最初の句会。

7日の土曜日が初句会でした。

去年の続きではあるのだけれど、新年最初に名前を名乗るのが

とっても嬉しく・・・得点はさておき選んで下さった方にただ感謝heart01

句会後に新年会があって、楽しい一日だったのでした。

めでたし、めでたしup

 

 

|

« 初暦小さく予定書き入れて | トップページ | 襟立てて豇豆を買ひに女正月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94536/64740420

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての名乗り嬉しき初句会:

« 初暦小さく予定書き入れて | トップページ | 襟立てて豇豆を買ひに女正月 »