« 一の酉たそがれどきをぼんやりと | トップページ | 切干に酒一盞を傾けて »

新しき靴新しき毛糸かな

Photo Photo_3 Photo_4              

 

 小春日の街騒にふと涙ぐむ   なを

 

季語は「小春日」=「こはるび」 

小春、小六月ともに旧暦十月の異称。 

小春日、小春日和は、立冬を過ぎてからの 

春のように暖かい晴れた日のこと。 

 

先日、そんな小春日に用事があって新宿へ。 

サクサクと済ませて、それはそれでいいのだけれど・・・ 

「街騒」は「まちざい」とお読みくださいね。 

街の立てる賑やかな音のことです。 

元気ぶっていても、ふとした拍子に泣けてしまって。 

一体全体、何で泣いてるのか自分でも分からないのだけれど 

とても辛くなってしまうのです。 

そう~生きてるだけで、丸儲けだけれど 

生きてるだけで哀しいのです。

 

写真はJR新宿駅の南口方向にある待ち合わせの場所。 

ハーブなんかが沢山植えられていて居心地いいのです。 

皆さん、思い思いに腰掛けていらっしゃいました♪

                     

タイトル句の季語は「毛糸」 

「毛糸編む」の傍題です。 

この処、とても嬉しい悲鳴、キャーーー(笑) 

新しい靴を戴いたり、毛糸を頂戴したり~~shine 

お米も頂いたりいたしましたし(^^)v 

皆さま、ありがとうございます。 

こんな最低人間のワタクシにご親切賜りまして 

ひたすら深謝いたします。 

いつまでもグズグズ泣いてないで、ガンバロ。。。 

生きてりゃきっと、良いことあるさ。 

そんなこんなな、毎日でございました。 

ごきげんようheart01

 

 

|

« 一の酉たそがれどきをぼんやりと | トップページ | 切干に酒一盞を傾けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94536/64510371

この記事へのトラックバック一覧です: 新しき靴新しき毛糸かな:

« 一の酉たそがれどきをぼんやりと | トップページ | 切干に酒一盞を傾けて »