« 練切りに添へる抹茶や冬に入る | トップページ | 一の酉たそがれどきをぼんやりと »

ドラえもん色のあをぞら冬帽子

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4       

 

 神無月さくらの色のドアを開け   なを

 

季語は「神無月」=「かんなづき」

旧暦十月の異称。この月、八百万の神々が出雲大社に集まり

出雲以外では神がいなくなることからこの名があります。

あるいは、雷のない月だからとも言われています。

出雲では「神在月」=「かみありづき」です(^^)

ちなみに~「八百万」は「やおよろず」とお読みくださいね。

 

神奈川県登戸にある『藤子F・不二雄ミュージアム』に

行ってきましたheart02

漫画の原画もモチロン素晴らしかったのですが…

お庭の「どこでもドア」や、あちこちに点在する不思議な子たちが

とてもとてもチャーミングでした♪

ピンク色のどこでもドアを開けた先を想像するとドキドキhappy01

オトナになっても、こんな風に感じられるのだから

ちいさい方々はもっともっとワクワクするのでしょうね。

時々ふらっと遊びに行くのって、いいなnotes

 

Photo_5 

 

タイトル句の季語は「冬帽子」 冬にかぶる帽子…って

どなたでもお分かりになりますね(笑)

真っ青な空は、ドラえもんブルーとでも云えばいいのかしらん。

少しひんやりしてたけれど、とても美しい空でしたshine

どこかにお出かけしたいなぁ~なんてお悩みの方に

是非にとお薦めしたい場所のひとつかな。。。

 

 

|

« 練切りに添へる抹茶や冬に入る | トップページ | 一の酉たそがれどきをぼんやりと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94536/64460855

この記事へのトラックバック一覧です: ドラえもん色のあをぞら冬帽子:

« 練切りに添へる抹茶や冬に入る | トップページ | 一の酉たそがれどきをぼんやりと »