« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

七月尽晴れのち雨といふ予報

 Photo_2 Photo_5 Photo_3 Photo_4       

 

 睡蓮やぽつぽつ集ふ投票所   なを

 

季語は「睡蓮」 「すいれん」とお読みください。

今日は東京都知事の投票日で、近くの小学校へ。

校庭の睡蓮や、通りすがりのお花など・・・

誰に投票しようか悩みつつ、とりあえず義務の遂行!(^^)!

なので・・・

選挙速報が始まった途端に当選発表っていうのはイヤやなぁ~think

はてさて、どうなることやら。。。???

 

タイトル句の季語は「七月」

尽は尽きる(つきる)こと。

七月が尽きる、最後の日、つまり七月三十一日です。

天気予報は午後から雨ということだったので

午前中に投票に行ってきました。

晴雨兼用の傘を差して出かけたのが正解で

帰りにはパラパラと雨。

帰宅後、どっと降ったので大満足していたら

その雨が上がったら晴れちゃって、、、

なーんだ、ガンバって急いで行った価値ないじゃん(笑)

なのでした(^^ゞ

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まんだらけたつぷり叩く化粧水

Photo Photo_3 Photo_4                  

 

 今こそがいちばん大事合歓の花   なを

 

季語は「合歓の花」 「ねむのはな」とお読みくださいね。

合歓はマメ科の落葉高木で、」6~7月の夕暮れ近く

枝先に10~20個の頭状花序を開く。

雄しべの花糸が淡紅色で長く、紅刷毛のようで美しい。

                       (歳時記より)

近所を散歩していて合歓の花に出逢いましたnote

思いがけなかったので、ちょっと嬉し(^^)

公園とか行かなくても、素敵ってあるのですね。

 

Photo_5 

 

タイトル句の季語は「まんだらけ」

「ダチュラ」のこと、「朝鮮朝顔」ともいいます。

これも、ご近所で出逢う花です。

大きな花がどっさりといっぺんに咲き

毎年のことながら、感動しちゃいます。

散歩は楽しでございます。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

盂蘭盆会ゲリラ豪雨が街を裂く

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4              

 

 水着着ておずおず入る露天の湯   なを

 

季語は「水着」です。

先日、『大江戸温泉』という処に行ってきました。

沢山ある露天湯に水着で廻るのですが

最初は水着を着ているせいか、池のようなお風呂が

冷たいような気がして、怖々入って・・・

結果はもちろん温かかったのですが(笑)

お風呂の写真が無くてごめんなさい。

濡れちゃうと困るのでスマホ持ち込むのは止めました。。

スーパー銭湯というのかしらん?

とても楽しい一日を過ごして参りましたspa

めでたし、めでたしnote

 

タイトル句の季語は「盂蘭盆会」=「うらぼんえ」

七月十三日から十六日に行われる仏事。

昔は旧暦で行われたが、東京では新暦で行う事が多い。

ということで、季語としては秋になるのですが

ここは東京ですので、ご容赦くださいねm(__)m

昨日は突然の雷雨、もの凄い勢いでとても怖かったです。

これからは、こんな気候が続くのでしょうか。。。(+_+)

トホホ~~ですね。

 

                               

| | コメント (2) | トラックバック (0)

塩飴をいくつも舐める小暑かな

Photo                          

 

 乱暴に筆ペン使ふ星祭   なを

 

季語は「星祭」 「七夕」の傍題です。

今日は七月七日の七夕。

歳時記では旧暦表記の「七夕」は

秋の季語ということになっています(^^ゞ

なので、本当はもっと先にならないと詠めない訳ですが(笑)

庭の竹の伐ったものに、色紙で簡単に短冊を作り

筆ペンで願いごとを書いて、結んでみました。

今年の夏は、去年のように熱中症に罹らずに

元気で乗り切れますようにsign03 って。。。

 

タイトル句の季語は「小暑」

二十四節季の一つで、新暦七月七日ごろにあたる。

今日から暑中見舞いがOKにnote

毎年ギリギリになっちゃうから今年はきちんとしなくちゃねhappy01

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脈絡のない小咄や半夏生

Photo Photo_2                

 

 天国の象は苺が大好きで  なを

 

季語は「苺」です。

昨日の土曜日、井の頭公園に吟行でした。

文化園の動物園にも廻って~~run

今年の5月の終わりに69歳で天に召された

象のハナコの檻には、メッセージや花が飾られていました。

少し前までは、もっと数多かったそうです。

そのハナコのことが色々書かれていて・・・

大好物はイチゴ、スイカ、ナス、どくだみ~だったとか。

なんだか親しみが湧きました(^^)

 

Photo_3 

 

タイトル句の季語は「半夏生(はんげしょう)」 

夏至から11日目、新暦の7月2日頃が半夏生。

サトイモ科の半夏(烏柄灼の漢名) が生じるので

この名があると云われています。

「烏柄灼」=「からすびしゃく」とお読みくださいね。

「半夏半作」といわれ、かつてはこの日までに

田植を終えるものとされた。(歳時記より)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »