« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

紫雲英田や幼き日々の母の聲

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4           

 

 せつかちなぼうたんの散りはじめたる   なを

 

季語は「ぼうたん」=「牡丹」のことです。

吟行句会で小石川後楽園に行ってきましたnote

入口にひとつ、お庭に少し牡丹が咲いていました。

牡丹は夏の季語ですが、咲いているのだからいいことに^^

後楽園名物の枝垂れ桜は散ってしまっていましたが

お庭は季語の宝庫(^^)

だからといって、名句が出来る訳じゃないけれど(笑)

とても楽しい吟行なのでしたup

熊本や大分の皆さまが悲惨な思いをされてる時に

楽しむのは不謹慎かもしれませんが・・・

日常生活を大切にするのも有意義なことかもしれません。

なので、お許しくださいねm(__)m

025_2 

タイトル句の季語は「紫雲英」=「げんげ」

「蓮華草」=「れんげそう」のことです。

刈り取りの終わった稲田で広く栽培されます。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨降りの空に溜息松の芯

Photo Photo_2            

 

 理不尽に揺れる地面や遅桜   なを

 

季語は「遅桜」=「おそざくら」 花時に遅れて咲く桜のこと。

先日、今年最後のお花見に行ってきました。

少し遠出をして、日立市まで(^^)

ほとんど終わっていたけれど、まだ健気に咲いてるものもあって

嬉しく見物してきましたcherryblossom

病を得て三年。。。今年も無事にお花見が出来て

とてもとても有難く~~です。

来年も元気に桜に出逢えますようにsign03

なんて能天気なことお話してる場合じゃないですね。。。

なかなか治まらない九州・熊本の地震。

父の生まれた熊本の地が、悲惨なことになっています。

何も出来ない自分が悲しく・・・

一日も早い終息を待つばかりです。

被災された皆さまに心からのお見舞いを申し上げます。

 

Photo_5 

タイトル句の季語は「松の芯」=「まつのしん」

松の新芽のこと。晩春に伸びる細長い芽は蝋燭の形をしています。

春は生き生きと命がはぐくまれます。

どうぞ地球のすべての大切な命がしっかりと守られますように!!!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰り来よ穏やかな日々菫すみれ

Photo Photo_2                 

 

 花屑を散り敷く夢の途中かな   なを

 

季語は「花屑(はなくず)」 散り敷いた花びらのこと。

花が咲いてから、冷たいお天気が続いたので

今年の花の時期は長いと云われていましたが

やはり終わりは来るもので(^^ゞ

落花が道を彩っています。

桜 桜 cherryblossom 

また来年も出逢えますようにnote

 

タイトル句の季語は「菫」=「すみれ」

毎日続く九州・熊本の地震、、、

早く治まってくれますよう祈るばかりです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彩りに笑顔こぼるる花の宴

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4           

 

 襟立てて花冷えの街歩きたる   なを

 

季語は「花冷え」

急に冷え込んだ土曜日、北の丸公園へ吟行。

桜は見頃でしたが、いかんせん寒くて寒くてweep

大慌てで公園の中を歩いてきました(^.^)

今朝も土砂降りで花散らしの雨になりそうでしたが…

なんとかしばらくは持ってくれそうで、ちょっと安心。ホッscissors

あっという間の桜の満開cherryblossom

年々、あと何回お花見が出来るのかしらんって

考えたりいたします。

来年も元気で桜に出逢えますように~~note

 

Photo_5 

タイトル句の季語は「花の宴」=「はなのえん」

ランチはちょっと贅沢にお花見らしいセットを^^

なかなか自分では作れないので嬉しく~でしたhappy01

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »