« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

玄関の寂しくなりぬ沈丁花

Photo_5  Photo_4                 

 

 入彼岸駅の天狗の鼻長し   なを

 

季語は「入彼岸」 「彼岸」の傍題です。

「彼岸」とは春分の日を中日とする前後三日の七日間。

単に彼岸といえば春の彼岸をさします。

お墓のあるJR高尾駅のホームには

立派な天狗の像があり、びっくりします。

去年は体調が悪く、ずいぶんと長いこと

お墓参りに来れなかったので

ようやくお参り出来てホッとしましたnote

 

Photo_6 

 

タイトル句の季語は「沈丁花」です。

子どもの頃から玄関にはいつも沈丁花があったのですが

数年前に枯れてしまってから植えていませんので

とても寂しくなってしまいましたsweat02

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たましひのふらふらと舞ふ半仙戯

Photo Photo_2 Photo_3                

 

 古びたる木のベンチある犬ふぐり   なを

 

季語は「犬ふぐり」 左側の写真の小さな花です♪

先日は能見台という処にある「長浜公園」に吟行でした。

野鳥を観察したり、野口英世博士の旧細菌検査室を見学したり…

生まれて初めての場所で、有意義な時間を過ごして参りましたeye

右側の建物の写真が句会場。

自分一人では決して出かけない場所でも

句会のお仲間と一緒だと嬉しく出かけられて有難いです。

皆さまも、お友達を誘って春のお出かけ

なさってみてはいかがですかnote

 

 

タイトル句の季語は「半仙戯」=「はんせんぎ」 ブランコのことです。

ブランコは一年中あるものだけれど、春の季語なのです(^^)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

啓蟄の土をついばむ鳩るるる

Photo                     

 

 桃笑ふてふ季語戴きし誕生日   なを

 

季語は「桃笑ふ」 

歳時記には載っておりませぬ。

さるサイトで戴いている私の誕生日の季語ですnote

ちなみに誕生日は3月4日です(^^)

そこの皆さまから頂戴したお祝い句をこちらに~~happy01

 

・傍に居ていつも楽しや桃笑ふ     やんま.
・若々し皆に好かれて桃笑ふ      ミコ
・桃笑ふ瞳の奥のやさしさよ      シナモン
・ふんわりとただようひざし桃笑う   くりおね
・謎のある笑み美しき桃笑ふ      かよ
・桃笑ふゆかしき風に包まれて     浜風
・一隅を照らして桃の笑ひけり     赤猫
・さりげなく気高く美しき桃笑ふ    寂仙
・赤ピンク白鮮やかに桃笑ふ      茂樹
・東京の女人麗はし桃笑ふ       学
・ユーモアに艶匂ふやう桃笑ふ     とみこ
・桃笑ふそのゆかしさにほだされて   白馬
・女性とはこの人の事桃笑ふ      海苔子
・桃笑ふそして発せよワッハッハッ    ひつじ
・桃笑ふ召されし甘味モチも笑む    れんげ

 ・桃笑う美女数多住む杉並区      弁慶 

 

タイトル句の季語は「啓蟄(けいちつ)」                                         

昨日の3月5日は二十四節気のひとつで「啓蟄」

眠していた虫が出てくる頃です。

出てきた虫を待っていたかのように、鳩が土をついばんでいます^^

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ぼんやりと爪眺めゐる春の昼

Photo Photo_2                 

 

 酢の匂ひキッチンに満つ雛祭   なを

 

季語は「雛祭(ひなまつり)」 三月三日に女児の息災を祈って

行われる行事。古くは桃の節句、雛遊びなどと言った。

傍題がすごくて・・・

桃の節句、上巳、三月節供、弥生の節句、桃の日、雛の日

雛、ひひな、雛遊び、雛飾、雛飾る、雛人形、内裏雛、官女雛

五人囃、男雛、女雛、古雛、紙雛、立雛、土雛、吉野雛、雛段

雛の調度、雛道具、雛の鏡、雛菓子、雛あられ、菱餅、白酒

雛の燭、雛の灯、雛の客、雛の宴、雛の家、雛の間。。。等。

 

今年はこじんまりと大内人形のお雛様を飾り、ちらし寿司を作り

ささやかな雛の日のお祝いをnote

寿司酢を煮切ったらお酢の匂いにむせてしまいました(笑)

なんてのが、3月3日の出来事でした^^

 

タイトル句の季語は「春の昼」 そのまんまです(^^)

春って、しかも春の昼って、ぼんやり~でしょう?

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »