« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

桃色のクレパス探す春の夢

Photo Photo_2          

 

 春寒し橋くぐり行く祝賀会   なを

 

季語は「春寒し」 立春後の寒さのことです。

昨日は所属する結社の10周年記念の祝賀会でした。

氷川丸の傍の船着き場から出港する船でクルージング、

その船内での会でしたship

ベイブリッジをくぐって1時間半の船旅note

とても楽しい時間を過ごして参りました。

次は15周年にお祝いがあるのかしらん?

ちっとも上達しない俳句だけど・・・

次の5年で少しは向上出来るといいなup

なんて、海風のひんやりした土曜日の出来事でした。

めでたしめでたしhappy01

 

タイトル句の季語は「春の夢」

「春の夜の夢のごとし」のように華やかだが儚い人生のたとえ。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栞には緑のリボン春寒し

001                     

 

 くちびるに小さき微笑み春の雪   なを

 

季語は「春の雪」

冬の雪と違って解けやすく、降るそばから消えて

積もることがないので淡雪ともいう。

雪とはいえ、晴れやかな感じである。(歳時記より)

今朝起きたら、お隣の家の屋根にうっすらと雪snow

明け方降ったみたいです。

今日は出かける予定が中止になったので

寒い中、引き籠りしているつもり(^^)

暦の上では春だけれど、2月ですもん。

まだまだ寒さが続くみたい。ブルブル。。。

早朝、融けはじめた雪をぼんやり眺めておりましたとさ。

早く温かくならないかなぁ~~tulip

 

タイトル句の季語は「春寒し」

「栞」=「しおり」ですnote

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅春のずらりと並ぶベンチかな

008 015                    

 

 あをい眼もくろい眼もあり梅の苑   なを

 

季語は「梅」です。

先日、皇居東御苑に吟行でした。

まだまだ寒い日でしたが、穏やかに晴れて

気持ちのいい一日でした。

ぼーっと御苑を眺めているとあちこちの国の方がいらして…

髪の色も違うけれど、眼の色も違って~~

みんな素敵を求めていらしてるようでしたnote

名句はまったく出来なくて、トホホ状態でしたが

楽しい一日を過ごせたので、まっいいかぁーー(^^)でした。

もっとしっかり詠めるようにならなきゃいけないんですけど・・・ねsweat01

 

タイトル句の季語は「浅春」=「せんしゅん」です。

東御苑の所々にベンチが沢山並んでいました^^

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春夕焼チューインガムを噛みながら

017 019 022 037       

 

 早春のひと匙分の海の風   なを

 

季語は「早春」

遠くに海をのぞむ館山に、お花を見に行ってきました。

花々が早く咲くのは、海風の温かさがあればこそ!! なのでしょうね。

そして・・・

穏やかな一日の終わりに、素敵な夕陽を眺めることが出来ました♪

049  

タイトル句の季語は「春夕焼」=「はるゆやけ」

「夕焼」だけだと、夏の季語です。春の夕焼は「春夕焼」ね^^

帰りに思いがけず綺麗な夕焼けに出逢えてラッキーでしたsun

その写真をどうぞ(^^)

ちょっと幸せな春浅い日の出来事。

めでたし、めでたし~happy01

 

                           

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バス停の新しき椅子寒明ける

Photo_2 Photo_3                    

 

 少しだけ窓を開けたる鬼やらひ   なを

 

季語は「鬼やらひ」 「追儺」=「ついな」の傍題。

傍題は他に「なやらひ」「豆撒」「追儺豆」「鬼の豆」「年の豆」

「追儺」は、立春の前日、節分に神社・仏閣で行われる疾病払いの儀式。

「儺」は「難」と同じ。「儺やらい」=「なやらい」とも呼ばれます。

この日の夜は家庭でも豆撒きが行われます。(歳時記より)

 

そんな訳で(って、どんな訳や!)今夜は「鬼やらひ」をやりました^^

寒いから、ちょこっとだけ窓を開けて「鬼は~外」

大急ぎで窓を閉めて「福は~内」

狭い家だけど、家中を廻って、ぶつぶつ唱えて(笑)

その後で、もぐもぐと恵方巻をいただきましたriceball

そんなこんなな節分の夜でしたとさ。。。happy01

 

タイトル句の季語は「寒明け」

寒が終わって立春となること。

近くのバス停に、奇特な方が置いてくださった椅子が二つ♪

ブルーの椅子です。優しい人っているんやね(^-^)

ちょっと嬉しい出来事です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春隣睡眠薬を半分に

Photo           

 

 青き風閉ぢ込めてゐる氷かな   なを

 

季語は「氷」 水が氷点以下の温度で固体になったもの。

なんて、ご説明は不要ですね(笑)

少し前のことになりますが、夏に目高を飼っていた火鉢の水が

凍っていました。

暑さにやられたのか、全滅してしまいましたが(南無)

青ざめた冷たい風が氷になったような、そんな気がしました。

 

タイトル句の季語は「春隣」=「はるとなり」

2月3日の節分を過ぎたら、4日は立春。春がきます。

なので、今日2月1日は春隣なのです(^^)

近頃は睡眠導入剤を半分にしてもらっています。

なるべく薬に頼らないように~とのことで・・・

なかなか眠るのも難しい昨今ですsweat01

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »