« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

ダービー馬の眼の強さ五月尽

Photo                          

 

 十薬や獣のにほひ消し去つて   なを

 

季語は「十薬」=「じゅうやく」 「どくだみ」のことです。

ドクダミ科の多年草。白く密集して見えるのは総苞で

苞の中心に黄色い花を穂状に付ける。

暗緑色の葉は心臓形で先がとがり、特異な臭気を持ち

葉・茎・根は薬用になる。薬効が多いことから

十薬の名がついた。(歳時記より)

 

今日で5月もお仕舞い。

毎日の暑さに十薬も少しグッタリしているようです。

白い十字架のような形に、新しい月への希望を託して

怖いことの多かった5月から素敵な6月になるよう

祈りたいと思っています。

豪雨などのない、優しい梅雨の月になりますようにclover

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水中花けふは無口でゐるつもり

Photo Photo_2                            

 

 夏つばめ爆笑に次ぐ大爆笑   なを

 

季語は「夏つばめ」 「つばめ」だけだと春の季語です。

春に南方から渡ってきた燕は、4~7月に通常2回産卵する。

産卵後1ヶ月余りで巣立ちをし、成鳥ともども各地で軽快に

飛翔する姿が見られる。(歳時記より)

 

先日、句会後の懇親会場の入口に燕の巣があり

堂々とした燕に逢うことが出来ました(^^)

久しぶりに、出逢った燕に超感動up

隣の色紙は、お店のオーナーのお句。

ご挨拶句を頂戴したのでしたribbon

懇親会はいつもながらに楽しく…

あちこちで笑い声が飛び交っていましたhappy01

めでたしめでたし。。。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小満の修学旅行生並ぶ

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4           

 

 慰霊碑の数多並ぶや薄暑光   なを

 

季語は「薄暑光」 「薄暑(はくしょ)」の傍題です。

初夏でも好天の日は気温が上がり、汗ばむほどになる。

日差しも眩しい・・・といった意味です。

薄暑の一日、上野公園に吟行してきました。

不忍池の傍に、魚や鳥や包丁などの慰霊碑。

こんなに沢山あるのって、ここだけかなって^^

ひとつひとつに、そっと頭を下げました。

不忍池はまだ蓮には早すぎで・・・

Photo_5                    

 

 夏めくや池にさざ波さんざめき   なを

 

季語は「夏めく」

もう少ししたら、蓮の花で覆われる池を

思い浮かべながら、緑をしっかりと

見つめてきました♪

おしまい。。。

          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥の影いくつも過ぎて夏に入る

Photo                                                   

 

 ジャングルに住まふ気分の菖蒲風呂   なを

 

季語は「菖蒲風呂」 「菖蒲湯」の傍題。

端午の節句には、やっぱり菖蒲湯に入らなくちゃネ(^^)

一束100円の菖蒲を5束買いました。

ほんの少し贅沢な気分で入浴spa

去年も入ったはずなんだけど

なんだか菖蒲の葉って重い。。。

葉っぱの真ん中に沈んでいると

森の中に居るような感じ。

邪気を祓い、心身を清めるとのことだけど

少しは清められたのかしらん?

だったら嬉しいな。

というのが今日の出来事でしたhappy01

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »