« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

秘密持つをんなばかりや近松忌

002 003 007 010          

 

 冬紅葉名前の由来うんぬんと   なを

 

季語は「冬紅葉」=「ふゆもみじ」です。

「紅葉」だけだと、秋の季語なのです。

 

先日、長瀞(ながとろ)に行ってきました。

紅葉見物、ラインくだり~のために(^^)

赤色の紅葉は少なかったけれど…

小春日和で、黄葉は美しく~

とても素敵な時間を過ごしてきました。

船頭さんが『長瀞』の名前の由来を教えてくださって^^

水→さんずい に 静かで 瀞(とろ)

静かに流れる所が長いので、長瀞なのですってeye

お勉強になりました。はい。

なんてのが、今夜のご報告。

おやすみなさい~note

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霜月の「どこでもドア」のピンク色

Photo Photo_2 Photo_3                    

 

 ドラえもんブルウのバスや小六月   なを

 

季語は「小六月」 「小春」の傍題です。

立冬を過ぎてからの春のように暖かい日のこと。

 

十一月の小春日に『藤子・F・不二雄ミュージアム』に行ってきました。

もの凄い人、人、人の中、ワクワクの見学でしたnote

ドラえもん、オバQ、パーマン等々、楽しかったぁ~!(^^)!

ちなみに真ん中の写真は『どこでもドア』です。

原画がどっさりあって、ひたすら読んでいました。

映画も見たいなって思っちゃいました(^^ゞ

もう一回、子どもになりたい(笑)

なーーーんてね。。。bleah

そして・・・

Photo_4           

 

 いつときは子どもに戻るクリスマス   なを

 

季語はもちろん「クリスマス」ね。

ぼんやりと大きなツリーを眺めながら

少しの間、子どもに帰っていました^^

そんなこんなミュージアム吟行の一幕でした。

なんてところで、今夜はおやすみなさい~sleepy

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

綾取りの東京タワー冬に入る

011_2 008 002 016        

 

 品川に上がる鯨や石蕗の花   なを

 

季語は「石蕗の花」 「つわのはな」です。冬の季語。

 

11月のある日、東海道の宿場『品川』に吟行。

日本で一番最初に鯨が獲れた記念の鯨塚を拝見。

周りには石蕗の花がどっさり咲いていました。

立冬前だったので少しフライングですが石蕗が季語ね^^

吟行の後は、お昼を戴いてから編み物三昧。

今度編む毛糸をお願いしましたので

編みあがったらご披露いたしますね(^^)

乞うご期待でございます。

ということで、今夜はここまで。。。

おやすみなさいsleepy

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

冬隣たまにはスキップなんぞして

008 009 029 022     

 

 文化の日地蔵まつりのにぎはひて   なを

 

季語は「文化の日」 お分かりでしょうけど(^^)

 

11月3日、年に一度の『地蔵まつり』に行ってきました。

東村山の正福寺さんへ。

以前分けて頂いたお地蔵さまをお返しして

新しいお地蔵さまを戴いてまいりました。

あらゆる災厄から守ってくださる有難いお地蔵さまです。

来年の文化の日に、また伺わなくちゃsign03

そして…

003        

 

 眩しさにくらくらしたる冬桜   なを

 

季語は「冬桜」 冬季の季語ですが咲いていたので^^

駅からの行き帰りに四季咲きの桜を愛でましたnote

青空の下に嬉しい桜の花。

なんだか得したような気分でした。

寒くなる季節にもいいことありますねhappy01

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »