« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

弥生尽三歩進んで二歩下がり

081 073 005 061                                                 

                                                                  

 さくらさくら天気予報は大当たり   なを

                                                                     

季語は「さくら」 リフレインしてみました^^

晴れですって天気予報だったので

昨日の金曜日、新宿御苑に行ってきましたrun

ウィークデーだから空いてるかしらん…って

思っていたのに、とんでもない!!!

大勢の人で賑わっていました。

子どもさん達は春休みでありましたしネ。

65種1300本があるという御苑の桜は様々。

満開に近かったり、まだまだ固かったり、、、

久しぶりに沢山歩いてちょっと疲れました。

                                                     

019 027 030 063               

                                                                    

 青空に駆け登りたき白木蓮   なを

                                                                  

季語は「白木蓮」=「はくもくれん」

字余りはお許しくださいね<(_ _)>

御苑の中には桜だけでなく

白木蓮、幣辛夷(しでこぶし)、菫、桃などなど

色んなお花が咲き乱れていて

キョロキョロ、ウロウロでした(笑)

                                                

御苑に入るのには、まずアルコールご法度なので

バッグの中身のチェック(飛行機に乗る時みたいに)

入場料200円也をお支払い、それから

チケットのバーコードをかざしてやっと入れました。

ガードマンさんがあちこちにいらして

なんだかなぁ~でしたけど、ご時世なのでしょう。

面倒な世の中になってしまったもんですね(^^)

なんてところで、ご報告はここまで。

おやすみなさいsleepy

                                 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつときはモンローとなる春疾風

Photo   

                                                                 

 春の水大蛇の松へ続きたる   なを

                                                                     

季語は「春の水」 春は降雨や雪解などで

渓谷・河川・湖沼などの水嵩が増す。

冬涸れのあとだけに、豊かに勢いづき

まぶしさを感じさせる。(歳時記より)

「大蛇」は「おろち」とお読みくださいね。

まだ冷たさも残っていた先週

目黒自然教育園に吟行でした。

久しぶりに緑の中を歩いてリフレッシュ(^^)

名句は出来なかったけれど楽しかったです。

                                                                              

Photo Photo_2                   

                                                  

 藪椿落ちて地球に絵を残す   なを

                                                                      

季語は「藪椿」 「椿」の傍題です。

山茶花と違って花びらを零さない椿は

見事に地面に絵を書いてくれていました♪

そんなこんなの吟行の一頁。。。

またあちこち遊びに行きたい今日この頃です。

それでは また~(^^ゞ

                              

| | コメント (0) | トラックバック (0)

料峭のいつも悲しき地震であり

Photo                                 

 

 春寒や大震災に碑を  なを

 

季語は「春寒」 ご説明は不要ですね。

「碑」は「いしぶみ」とお読みください。

 

昨日書こうとしたのですが、PCの不調で断念。

一日遅れになりましたが、3・11の慰霊句を。。。

3年前、帰宅困難の方のお世話をしていたっけ…

あの寒かった夜を忘れることはないでしょう。

午後2時46分に黙祷いたしました。

皆さまもきっとそうなさったことでしょうね。

決して忘れないでいましょう!

風評なんかに踊らせられないようにしましょう!

祈ることしか出来ないから祈る私です。

今夜はこの辺で、おやすみなさい。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早咲きの桃や謎めく笑み浮かべ

Photo                      

                                        

 料峭やマフィンにジャムをたつぷりと  なを

 

季語は「料峭」 「りょうしょう」とお読みくださいね。

「春寒」の傍題です。春風が肌に寒く感じられるさま。

 

えーと。。。ワタクシ事ながら(^^)

3月4日は誕生日でした^^

で、今年も俳句のお仲間が詠んでくださいました。

なをの誕生日季語「桃笑ふ」

勿体なくて、恐縮のお句がずらりと・・・

戴いてまいりましたので、ご一緒にどうぞ(笑)

 

・なをの部屋いつも明るし桃笑ふ    やんま. 

・青空に枝を伸ばして桃笑ふ       かよ

・桃笑ふ空に向ひて深呼吸        横浜風

・なをちゃんの笑顔に逢ったの桃笑ふ 寂仙

・桃笑ふ部屋にふっくら春がきた     シナモン

・桃笑ふ天下平らかピンクピンク      葱男

・青帯びる天女の眸桃笑ふ       和音

・桃よりも美しき人桃笑ふ         赤猫

・桃が好きなをたんが好き桃笑ふ   ひつじ

・もう一度お会いしたいな桃笑ふ    ミコ

・前髪を切り揃えたり桃笑ふ      白馬

・美人とは貴女の事よ桃笑ふ      海苔子

・優しき声うふふおほほと桃笑ふ    悠

・会ふ人をほつこり包み桃笑ふ     あひる

・日の温み人の温みや桃笑ふ     顎オッサン

・母さんと二人三脚桃笑う        くりおね

・照らされて夜空に丸く桃笑う     茂樹

・なをさんとつながる句友桃笑ふ   十志夫

・ひらひらとかざすてのひら桃笑ふ  佳音

・桃笑う中野の町に桃園町       弁慶

 

・ジャズピアノ聴いて元気に桃笑ふ   なを

 

とっても嬉しいプレゼントなのでしたヽ(・∀・)ノ 

今日はこれでオシマイ。。。またね~です。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »