« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

頭上からずしんずしんと春の雪

Photo 

 

 子豚からの愛をバレンタインの日   なを

 

季語は「バレンタインの日」

  

一日遅れになってしまいましたが・・・

みなさまに

はっぴー・ばれんたいんheart01

 

チョコレートを買った時の、おまけの子豚と一緒に

ささやかな愛を(^^)

どうぞ~でーすtulip

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立春や薬一錠増やされて

 Dscf5472

 

 母宛ての葉書の届く春の雪   なを

 

季語は「春の雪」

今日が立春ですので、もう春の季語です。

 

立春寒波だとかで、夕方から雨は雪に・・・

玄関を出て雪掻きが必要かどうかチェック。

ついでに郵便受けを覗いたら母宛の葉書。。。

なんとなく、たどたどしい文字だったけれど

文字を書きたがらなくなった母よりは偉い!!!

母の友人からのものでした。

現状を説明するお手紙書いた方がいいのかしらん?

悩ましいけれど、やめとくことにしました。

ショックを受けられるのも困るしsweat01

雪はしばらくして雨へと変わりました。

明日の朝は寒そう~ブルブル。

道路が凍ったりしないといいな。

本格的な春が来るまで、まだまだ遠いでしょう。

寒さ対策をしっかりして風邪など引かずに

頑張りましょうsign03

「お前が頑張れ」ですよね(笑) はい。そうでした^_^;

なんてとこで、今夜はおやすみなさいsleepy

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧正の朝一番にふふむ水

Photo Photo_2 Photo_3                 

 

 鷽替の列くねくねとどしどしと   なを

 

季語は「鷽替」 「うそかへ」→「うそかえ」

新年の季語です。

一月七日に福岡県の大宰府天満宮

一月二十四、二十五日に東京の亀戸天神で

行われる神事。他でも行われるそうです。

前の年に買った木曽檜(ひのき)で作られた

大小十一種の鷽のお守りが社務所で売られます。

その鷽を戴くと、凶事がうそになり吉事と取り換えられる…

そんな意味があります。

 

例年、二十四日に並んで買っていたのですが

今年は二十五日の午後になってしまいました。

2時間くらい並んでいる間に、どんどん「売切れ候」

結局、懐中用の一番小さな鷽しか残っておらず

仕方なくそれを求めてきましたが、、、

本当は前の年の鷽と同じ大きさのものか

それより大きなものに替えなくてはいけないのに。。。sweat02

年を追うごとに人出が増え、列の最後に並んだ私の後ろに

どんどん人が並んでいきます。

Dscf5465 Dscf5467 Dscf5458                           

 

 艶やかに蠟梅の笑む昼下がり   なを

 

季語は「蠟梅(ろうばい)」 冬の季語。

蠟細工のように半透明で光沢があるので蠟梅。

梅もほつほつと咲き始めていましたが

一足早い蠟梅が満開で、うっとり見とれていました。

もう少し経ったら梅がみんな満開になり

また人出がすごいことになるのでしょうねぇ~(^-^)

 

今回も時期はずれになってしまったご報告。

ごめんなさいm(_ _)m

ちなみに、日付が変わってしまったので昨日ですが

旧暦の1月1日になります。

なので、タイトルの季語は「旧正(きゅうしょう)」です。

旧正月のことですので、新年の季語になります。

 

ま、ややこしい季語のことは放っておいて…

今夜はこの辺で、おやすみなさいsleepy

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »