« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

をとこには愛寒波には肘鉄を

Dscf5446 Dscf5450                            

 

 七草粥食べたる後の恙無き   なを

 

季語は「七草粥(ななくさがゆ)

1月7日に食べる、春の七草を入れたお粥さん。

セリ、ナズナ、ゴギョウ(ハハコグサ)、ハコベラ(ハコベ)

ホトケノザ(タビラコ)、スズナ(カブ)、スズシロ(ダイコン)

これらが春の七種で、新年の季語です。

 

鏡開きも済んで、何を今更・・・ですが(^^ゞ

せっかく写真を撮ってあったので掲載いたしました。

明後日が15日、女正月です。

それまでは、お正月気分を引きずってていいかなって(あは)

と、ずいぶん前の七草粥の日のご報告でしたnote

念のために…「恙無き」は「つつがなき」とお読みくださいね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放鷹や鴉ばかりを見て帰る

Dscf5441 Dscf5444 Dscf5438                            

 

 大鷹の尾羽の白よ笑む少女   なを

 

季語は「大鷹」 「鷹(たか)」の傍題です。

 

毎年恒例になった放鷹吟行に今年も参加してきました。

1月の2日と3日、浜離宮で行われる祭事です。

江戸時代から続いている鷹狩りの模擬で

毎回感動するのですが、、、今年はガックリ。

3日の朝に有楽町駅近くで火事が発生。

JRの山手線も京浜東北線も止まってしまっていて

オロオロしながら、普段乗り慣れていない地下鉄で

大幅の遅刻で到着しました。

捻挫の足を庇いながら、随分と歩いて疲労困憊。。。

実演はほとんど終わっている上に人が多すぎて

何も見えない!!!

終わってから、鷹匠見習いの女の子が客席近くまで

大鷹を連れて見せに来てくれて、それだけが救いでした^^

少女はまだ弱冠13歳、8ヶ月前から入門したそうで…

まだあどけなく、清らかで、目がキラキラしていました。

彼女の将来が楽しみnote

 

今回は余裕を持って出かけた筈だったのに

見られなかったから・・・

来年はもっともっと早く出かけようっとsign01(キッパリ)

鬼に笑われちゃうかしらん(笑)

 

そんなんが、お正月の行事でした。

おしまい。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅伝を眺めてゐたる二日かな

Photo Photo_2                                

 

 妹とふたりちんまり節料理   なを

 

季語は「節料理(せちりょうり)」 いわゆる、お節のことです♪

 

今年、平成26年のお正月は妹と二人で、ささやかに。

母を迎えに行って外泊を…とも思ったのですが

まだいささか自信がなくて、会いに行くだけにしました。

ごめんね。ママ。

 

去年は東京の味付けのお節だったので

今年の分は博多の老舗のをネット予約。

味付けが薄めで、見た目はさほどでもないけれど

とっても美味しくいただきました(^-^)

手抜きを覚えちゃうと、暮が楽でいいわん。

昨年9月に亡夫の兄が亡くなられ、喪中ということで

門松の類も無しにしたので、そちらも楽。

なんて言っちゃいけない。。。ですね。はい。

 

そんなこんな・・・喧嘩もせず静かに過ごした元旦でした。

めでたし めでたしnote

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

去年今年貫く愛のやうなもの

Dscf5429  Dscf5433 

 

 元朝のまづは挨拶仕る   なを

 

季語は「元朝」 「ぐわんてふ」→「がんちょう」と読みます。

元旦の朝のことです。

まだ、朝というには早すぎるかもですが・・・

皆さまのお目に留まるとしたら、朝を過ぎてからでしょうから^^

あ、それから一応念のため…「仕る」=「つかまつる」です。

 

 初春のお慶びを申し上げます。

旧年中は大変お世話になりました。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げますnote

 

て、それだけお伝えしたくて。。。(^-^)

社会人駅伝が始まるまで、少し眠ります。

ではでは~~おやすみなさいsleepy

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »