« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

肉食系女子になりたる聖夜かな

Photo Photo_2                          

 

 がつつりと肉を喰らふやクリスマス   なを

 

季語は「クリスマス」

24日のクリスマスイヴ、何故だかどうしても

お肉が食べたーいsign03

という気分になって

ノーマルなチキンでなくて、牛肉の塊を食べてきました(^-^)

これがホントの肉食系(笑)

ワインを少しづついただきながら…

前菜の一つが燻製したマヨネーズ使用だとかで??

特別びっくりした味ではありませんでしたが

まろやかで、美味しかったです♪

そして、メインに北海道産の牛肉のフィレをレアでheart02

久しぶりのガッツリステーキに顔がほころびっぱなしup

とても満足した素敵なイヴでした。

Photo_4 

 

 別腹にケーキを入るる聖樹かな   なを

 

季語は「聖樹」 クリスマスツリーのことね。

お肉でお腹は満腹だったのだけど・・・

やっぱりケーキはお約束よね~~と

しっかり食べてまいりました(あは)

今年もあと僅か。

まだカレンダーの用意もしてないし、、、

えーと、大掃除はしなくてもいいや^^

穏やかに年が暮れますように!!

 

一日遅れになっちゃいましたが・・・・・

皆さまに~~

merry Xmasxmas

です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつもより静かに過ぐる冬至かな

Dscf5421 Dscf5425                          

 

 十五個の柚子遊びたる湯船かな   なを

 

季語は「柚子(ゆず)」 冬至の柚子湯です(^^)

今年は12月22日が冬至。

23日から畳の目ひとつづつ夜が短くなっていきます。

寒くなる代わりに、日を長くしてくださる…神様の優しさかしらん?

ジャムを作ってねって戴いた柚子も入れちゃって(エヘ)

合計15個の柚子湯が出来ましたspa

この何倍もないと、お風呂一杯にはならない。。。

来年はガンバッテ柚子たくさん買おうかな(^^ゞ

柚子の薫りに包まれて、なんだか幸せ気分になれましたnote

って、簡単にご報告まで~~でした。

皆さまもお入りになられましたか?

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

極月の一夜限りのシンデレラ

081 084_2 085 089               

 

 神の留守光の海に迷ひ込む   なを

 

季語は「神の留守」 

各神社の神は旧暦十月に出雲へ行ってしまっているので

社は留守だとする。その間、竈(かまど)神や恵比寿神が

留守を守るとされた。(歳時記より)

 

先だって、珍しくラッキーなことに(^^)

JCBのディズニーランド貸切入園券が当たり

夜の部だけでしたが、遊んできました。

以前に一度だけしか行ったことのない遊園地。

身を切るような寒さもなんのその…

光の大洪水の中を彷徨い遊びshine

とーーーっても楽しかったですnote

貸切なので、どこもスイスイと入れて最高!!

こんな風に一日遊べたらどんなにいいかしらん(^^ゞ

 

091 102 105 109                 

 

 三時間だけの羽ばたき冬の星   なを

 

季語は「冬の星」 これはご説明不要ですね^^

7時半から10時半までの魅惑の時間。

ティンカーベルのように羽ばたいている気分でした。

最初に来た時に3時間待ちとかの長蛇の列に

ほとほと嫌気がさして、二度と来るもんかsign03

なーんて、口走った人間のくせに・・・

また来たいわんlovely 等とほざいておりました、、、とさ。

 

111 115 117 125

114                                                

 

 日常へ戻る電車やクリスマス   なを

 

季語はもちろん「クリスマス」 ネheart02

パレードは場所取りに失敗して遠くからだったけど

きらびやかさは充分堪能出来たし

右を見て、左を見て、上を見上げて・・・

光のシャワーを浴びて元気を貰った気分でした(^^)v

 

またいつか、行けたらいいなribbon

そんな感じのディズニーランド体験記でした。

 

久しぶりの更新になっちゃいました。

ここのとこ、ちょっと野暮用でバタバタしておりまして。。。

元気にしていますので、ご安心くださいねscissors

 

それでは、またね~ですclover

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »