« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

冬空に負けず凛々しき真っ赤かな

012 027 029 033_2


041 048 051 058


060 061 064 063

 

 これこそが眼福なるや紅葉狩   なを

 

季語は「紅葉狩」  秋の季語ですが。。。(^^ゞ

紅葉の名所を訪ね歩き、その美を賞すること。

 

3日前に紅葉狩に行ってきましたmaple

行き先は「養老渓谷」 

見頃でしたぁ~shine

真っ赤、橙色、黄色、溢れんばかりの木々sign03

眼福(がんぷく)という言葉がぴったりかしらん?

なんて思って、あっちもこっちも…と

もうキョロキョロしっぱなしの一日でした(^^)

今年も無事に紅葉狩が出来て良かったぁーーheart02

来年も出来ますようにって、お祈りしちゃいました。

 

018 

 

 贅沢に並ぶ房総蜜柑かな   なを

 

季語は「蜜柑(みかん)」です。これは冬の季語。

贅沢は「ぜいたく」とお読みくださいね。

昼食のお蕎麦をいただいたお店には

各テーブルに蜜柑どっさりのお皿があり…

お店の奥には、こんなお皿が置かれていました。

最初に入ったお店で予約のない方はお断り!!って

追い返されたので、温かな『おもてなし』に感動lovely

とても感じのいい「ちょん、まる○」さん(お店の名前)

ご馳走様でした。

もちろん、テーブルの上の蜜柑は食べてOKup

小さいけれど、甘くて、シアワセでした(^^♪

 

昼食後も、あちこち紅葉狩して・・・

大大大満足して帰ってまいりました。

ああ~あ 楽しかったmaplemaplemaple

次の日はちと疲れて、ぼんやりしていましたが

行ってよかったです。

今が見ごろの冬紅葉、お時間ある方

ご覧になってくださいね(^_-)-☆

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬うらら三歩進んで二歩下がる

Photo Photo_2 Photo_3                

 

 冬日和縁切寺の門くぐる   なを

 

季語は「冬日和(ふゆびより)」 「冬晴(ふゆばれ)」の傍題です。

 

先週、吟行句会で北鎌倉の「東慶寺」さんに参りました。

久しぶりの遠出で、いささか疲れましたが

沢山のお仲間と会って、元気をどっさり戴いてきました(^^)

東慶寺さんは、かつて妻から離婚が言えなかった頃

こちらの尼寺に駆け込めば縁を切ることが出来たという

由緒あるお寺です。

私には夫がおりませんので、病気と縁が切れるよう

祈ってきましたscissors

 

Photo_4 Photo_5 Photo_6                     

 

 ゴールまで急かないつもり冬紅葉   なを

 

季語は「冬紅葉」 「紅葉」だけだと秋の季語です。

立冬を過ぎたから、もう冬を詠まなくては!!!

ということで(^^ゞ

「急かない」は「せかない」とお読みくださいね。

「ゴール」は完全復活と思っていますnote

 

ここの処、しばらく体調不良で更新出来ませんでした。

ご心配くださった皆さま、ありがとうございますm(__)m

またボチボチ書いていきますので

どうぞよろしくお願いいたします。

 

ということで、お久しぶりに更新出来て

ちょっと嬉しいワタクシでした。

それでは、またね~ですup

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »