« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

秋彼岸慌ててニット探し出し

004 Photo                              

 

 名月の室礼ほんのささやかに  なを

 

季語は「名月」 旧暦八月十五日の月。

一年中でこの月が最も美しいとされる。

秋草や虫の音、夜露や秋風など、風物のたたずまいが

一層月を明澄にする。穂芒を挿し、月見団子や新芋など

その年の初物を供えて月をまつるのは、収穫を祈る

農耕儀礼の遺風である。(以上、歳時記より)

 

こちらにアップするのがずいぶんと遅れてしまいました。

この処、夏バテが今頃来たのか毎日暇さえあれば

眠ってばかり・・・何にも出来ませんでした(-"-)

やっと少し元気になって、これを書いています。

 

9月19日(旧8月15日)に、ひっそりとお月見。

遅くなってからの買い物だったので

室礼(しつらい)もごくごくささやか。。。

室礼とは、もともとは平安時代の言葉で

娘の女御としての入内(じゅだい)、婿取り、客を招いての宴

移転など晴れの祝いの日に、寝殿の母屋、庇に調度を

立て室内を飾ったこと。に由来します。

 

って、そんな大げさなことは出来なかったけれど

芒を飾り、芋類と果物を並べ、小さなお月見団子と栗ご飯

そんな感じで月を愛でていました(^^)

 

それにしても、十五夜の次の日が秋彼岸の入りだなんて

なんだか気ぜわしい秋ですね。

三連休は人出がスゴイだろうと、墓参は延期。

今日9月24日、父の祥月命日にお墓参り行ってきます。

雨がやんでくれるといいけどなぁ~~sprinkle

 

そんなこんな、少し古いお話をしたところで…

今日はおしまい(^^ゞ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋寒の夢のまなかの「武相荘」

1_2 Photo_11 Photo_12                     

 

 クラシックカーの輝き白露けふ  なを

 

季語は「白露(はくろ)」 二十四節季の一つで

新暦の九月七日ごろにあたる。

露が凝って白くなるの意。(歳時記より)

 

その白露の9月7日に「武相荘」に吟行。

ご存じの方も多いと思いますが

白洲次郎・正子ご夫妻の住まわれていた邸宅。

「武相荘(ぶあいそう)」とは、武蔵と相模の境にあるということ

そして無愛想をかけてつけられた名前ですってeye

 

入口近くのクラシックカーはピッカピカに磨かれていて

お屋敷の中もそのままになっていて

そこに数多の展示品。

生憎、室内は撮影禁止でしたので

ご覧になりたい方は是非、足を運ばれてくださいね。

とにかく、素敵なものが、どーーーーっさり !!!

思わず「かっけーsign01」と口走りそうになり(笑)

そして・・・

Photo_13 Photo_14

Photo_15 Photo_16 Photo_20

Photo_17 Photo_18 Photo_19                     

 

 茅葺と峠と柿と竹林と  なを

 

季語は「柿」  念の為(^^ゞ

 

美しい茅葺屋根、お庭には小高い峠も竹林もあり

柿がたわわに実をつけていて、落ちていた柿や

まだ青い団栗を拾って遊んだり~~

楽しく、面白く、四季折々にお邪魔したいなぁ

なんて呟きながら、今度は句会場へGOrun

 

会場は主宰のご友人のお店

ピアノと紅茶のカフェ&バー『ロワゾー・ブルー』

とてもお洒落で壁に飾られた猫の絵がチャーミングでした。

私たちの為に貸し切りにして下さって

ランチを戴きながら句作。

とても綺麗で美味しかったのに写メ忘れてお腹のなかへ(あは)

なので、せめても…デザートを ネ。

Photo_21


                                   

 別腹は確かにありと水引草  なを

 

季語は「水引草」 これもご存じですよね?

 

普段は一人で食べているせいか

お薬を飲む為の餌のような食事が

みんなと一緒だと、どうしてこんなに食べられるのsign02

俳句の不出来なぞ、全く気にならず

(少しは気にせい! ですよね…恥)

ただただ、嬉しくうれしく~でございました(^^)

 

と、充実した一日のご報告をした処で。。。

おしまいnote

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の雷神のお怒りなのかしら

Photo 

 

 いなびかり浅き眠りの友として   なを

 

季語は「いなびかり」 「稲光」は「稲妻」の傍題。

 

昨夜遅くから、雷が鳴り、雨が降り・・・

とぎれとぎれの眠りの途中、ふとベランダに出たら

ピカッと稲妻が走りました。

なんだか夢のなかに居るみたいでした。。。

って、ただそれだけのお話なのだけど~~

 

この処、竜巻が起きて被害に遭われた方

集中豪雨で被災された方

沢山の大変な皆さまにお見舞い申し上げます。

どうぞ一日も早く復興が叶いますように

お祈りいたします。

 

もう少ししたら、夜が明ける。

それまで、もう少しだけ眠ってみようか、、、

おやすみなさいsleepy

※写真はさるサイトから無断拝借。ごめんなさいm(__)m

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »