« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

帰れない日々おもひたる晩夏光

001  007                          

 

 いま一度見つむ真夏の狂い花   なを

 

季語は「真夏」ということで…ね。

「狂い花」は冬の季語です。狂い咲きの花、返り花のこと。

 

今年も藤のびしばし伸びてくる枝に悩まされ…

毎日伐りまくっていましたら・ ・ ・ じぇじぇじぇじぇじぇeye

藤の花が咲いていました。 うそぉーーーsweat01

春に咲いたのに、また咲くの?

こんなに暑いのに~~???

伐られたショックで狂っちゃったんかしらん?

なにはともあれ、写真には撮れないとこに、もう1つ

3つの藤の花を発見してビックリ仰天の一日でございました。

世の中、不思議なことが色々あるものでござりまするねぇhappy01

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏帯を探す途中の麒麟閣

Photo Photo_2 Photo_4                               

 

 律儀なる店に敬礼日の盛   なを

 

季語は「日の盛」 「日盛(ひざかり)」の傍題。

夏の日中、日が最も強く照りつける正午ごろから

午後二、三時ごろまでをいう。物影が真下に落ち

眩しさと不思議な静けさがある。(歳時記より)

 

一番左の写真をクリックしていただくとお分かりになると思うのですが

「麒麟閣」さんという処から取り寄せた杏仁豆腐の賞味期限が

間違っていました。比べてみると歴然としてるでしょ?

 

一昨日、口に入れた瞬間 ビリッとしたので慌てて

お問い合わせの電話を入れました。

最初は分かって戴けなかったのですが

説明したら、再度お送りしますって。

で、今日 きっちり到着いたしました。

クール便なのだから、早く食べなくてはいけなかったのに

賞味期限を信じて、先送りしていた私も悪いdown

近頃、なるべく買い物に行きたくなくて

取り寄せばかりしている天罰かもしれないけれど…

でも、15年って書いてあったら当分大丈夫ねって

思っちゃうの、仕方ないでしょう? 今年は2013年だもん。

平成25年とする所をミスされた、あちらの責任もあるよね?

 

ということで、早速ひとつ頂戴いたしました。

形が崩れてしまって、イマイチに見えますが

美味しゅうございました(^^)v

お手紙まで添えられていたので、なんだか嬉しく

ちょっと宣伝させて頂こうと、こちらに掲載いたしました。

クレームじゃないので、麒麟閣さま、ご安心くださいね。

きちんと、即 対応してくださって、ありがとうございました。

今回の反省。

クール便のものは、すぐに食すべしsign01

 

皆さま、麒麟閣さまは真面目で偉いです。

機会がございましたら、召し上がってくださいねnote

 

今夜は近所の神社で夏祭りがあります。

たまには浴衣でもって、抽斗を開けてる最中に届いたので

タイトル句が出来ました(笑)

以上、ちょっぴり宣伝でした。

おしまい。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蚊帳吊草焦るつもりはなけれども

Photo_2 

 

 夜の秋僅かばかりのワイン酌む  なを

 

季語は「夜の秋」  「秋の夜」ではございません(^^)

晩夏になると、夜は秋の気配が漂うこと。

 

今日は退院して3ヶ月目にあたります。

ワインなら50cc位はOKということだったので

昨夜はその前夜祭ということで、ワインに挑戦!

そのたった50ccに、ほろ酔ひしてしまって・・・

昨日の内に書くつもりだったのに、パタンと爆睡(笑)

 

夜中に喉が渇いて目覚めて、書いています。

3月から、ほとんどお酒類 飲んでないから

ほんの少しで酔っ払ってしまうのね^^

今夜も50cc 戴いてみまっすhappy01

それでは、もう一度、おやすみなさいsleepy

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ヨナナスてふ摩訶不思議なる夏土用

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4              

 

 炎昼の喉なめらかに通り過ぐ   なを

 

季語は「炎昼」  もう読んで字のごとし(^^) ですね。

 

少し元気になってきたお祝にプレゼントを戴きましたheart02

『ヨナナス』という、アイスクリームでもシャーベットでもない

フルーツまるごとを食べられる機械。

凍らせておいた果物をどんどん押しこんで…

で、、、クリーム状になったものが『ヨナナス』

これなら喉を詰まらせることもなく安心して口に運べます。

 

初体験だったので、おそるおそるバナナと苺を入れてみました。

バナナの甘みと苺(北海道産)の酸味が中和されて

甘すぎない素敵な食べ物が出来上がりました。

最初だから、美しくは出来なかったけれど・・・

上手になったら、右の写真のようにチャーミングなものが

作れるようになるでしょう!! と、いいけど…(笑)

 

この句は下さった方へのご挨拶句です。

ありがとうございましたnote

大切に使わせていただきますね!(^^)!

 

ワタクシ、ここのメーカーさんの廻し者ではないので

宣伝している訳ではないけれど…

皆さまも機会がございましたら、体験なさってみてくださいな♪

楽しくて、美味しい、不思議な素敵が待っています。

 

朝は近頃 涼しいけれど昼間はまた暑さが戻ってきました。

皆さま、くれぐれも熱中症にご用心くださいねclover

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おとうとに捧げたき日の山の百合

001 

 

 1号車1番A席日輪草  なを

 

季語は「日輪草」  「向日葵(ひまわり)」のことです。

 

7月13日から14日、神戸からいらした結社の皆さまとの

合同句会でした。

行き先は箱根。

朝の10時半に小田原駅に集合。

その小田原まで、私はひとりロマンスカーで行きました。

ギリギリに買えた切符がなんと!!!

1号車1番A席eye

鉄女さんなら大喜びだったでしょうねぇ~(^^)

運転手さん、いらっしゃらないけど大丈夫なのん?

などと、怖がりの私は、ちとビクビク(笑)

 

本当は東京のお盆はその13日からだから

義弟の初盆にお参りしてあげたかったのだけど…

合同句会が一応ラストということもあり

ガンバって参加してきました。

 

小田原から、箱根登山鉄道で箱根湯本へ。

そこからケーブルカーに乗り換えて…

公園上という処で昼食。

003 006                             

 

 一人だけ別メニューなる夏の昼  なを

 

季語は「夏の昼」 

左側のセットが、私以外の全員のお食事。

食べられないものが沢山入っているので、私だけ別メニュー。

ちと悲しかったですsweat02

昼食を終えると、再びケーブルカーに乗って

早雲山へ。

そこから今度はロープウェイに乗り換えて

大涌谷へGOrun

008 018 020 023          

 

 炎昼の硫黄のにほひ富士かすか  なを

 

季語は「炎昼(えんちゅう)」  真夏の灼けつくように暑い昼。

大涌谷に近付くにつれて、硫黄(いおう)の匂いが強烈sign03

雲の合間にかすかに富士山が見えて嬉しかったです♪

大涌谷から再度ロープウェイで桃源台へ。

そこからホテルからのお迎えの車で

ようやくホテルに到着。

ほとんど休む間もなく、句会。

句会後に夕食。

ようやく自由時間になって温泉に入り

夜のお勉強会はパスして寝ちゃいました(^^ゞ

 

031 042 047 045               

 

 河骨の骨がのんどに突き刺さる  なを

 

季語は「河骨(こうほね)」  二番目の黄色のお花です。

「のんど」は喉のことね^^

 

次の日は「湿生花園」へ朝から吟行。

お昼にホテルに戻って昼食を取ってから句会。

句会終了後、今度は箱根登山バスで湯本へ。

みんなで小田原まで出て、そこで解散。

超過密スケジュールのハードな吟行句会でした。

でも、我々10人と、神戸からのお客様6人の

楽しい素敵な集まりでした。

また逢いましょうねって固く握手して、手を振って…

私はまた一人、ロマンスカーで爆睡してから帰宅。

 

面白かったけれど、疲れたぁーーーdown

今日、明日位はのんびり暮らしたいけれど

義弟の初盆には、やはり行かなくては!!

なので、今から行ってまいります。

明日はお墓の方にお盆ラスト日ですが

お参りに行かなくちゃcar

さ、気合い入れて、ガンバリまっすscissors

皆さまも連休最後を楽しんでくださいねnote

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やまあぢさゐおいでおいでと手招きす

Photo 

 

 炎昼をよろよろ路傍植物園   なを

 

季語は「炎昼」

掲載が遅れましたが、7月6日の土曜日

目黒の自然教育園へ吟行。

 

まずもって、行き先が目黒なのに目白に行ってしまったのが

最初のつまずき。。。

やっと目黒について、駅からトボトボ歩いてると

お仲間が後ろからいらして・・・

早く歩けないから、先にいらしてくださいってお願いして。

教育園に到着した頃には、もうヘロヘロ(-"-)

中を全部見て回るなんて芸当出来ないから

入口付近をキョロキョロ。。。

路傍植物園ってのを、ちらっと拝見して

後はベンチに座って鳥の声を聴いていました。

木陰のベンチは涼しくて、のんびり出来たから

まっ いいかぁ~ でございます(^^)

 

Photo_2 Photo_3                   

 

 水引草二時間置きの朝と夜  なを

 

季語は「水引草」  秋の季語だけど、咲いてたんですもん(笑)

近頃、睡眠障害ってのか、2時間起きてると眠くなって

2時間眠ると目が覚めて・・・

なんて生活してます。

水引草のように、すっくと規則正しく、凛としていたいなぁ~~

治るんやろか???

 

明け方4時前に目覚めたから、もうそろそろ再び

おやすみなさい・・・かな。

皆さまはどうぞ規則正しくお元気でお過ごしくださいねclover

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七月の軒端にちよんと笹飾る

3 

 

 梅雨明けやさらさら笹の揺れる夜  なを

 

季語は「梅雨明け」

今年はメチャクチャ早く梅雨が明けました。

で、日中は目眩しそうな位、暑くて・・・

 

なーんてことは、さておいて~~

今日七月七日は七夕さまnote

そりゃあ、俳句は旧暦で成り立ってるから

七夕は旧暦だと八月になって、秋の季語…だけどさ。

だけどやっぱり、7月7日にこだわりたいのです。。。

で、ささやかに、こじんまりと私だけの七夕祭、星祭。

天の川は見えないけれど、願いごと きっと叶えてくださると

信じている能天気なワタクシでございます(笑)

 

一年に一度の逢瀬の彦星さんと織姫さんも

らぶらぶデートを楽しんでいらっしゃることでせうheart02

 

世界中のみんなが、ううん~宇宙中のみんなが

幸せになれるように、祈ります。

 

一番幸せになりたいのは、私自身なのですけど…ネ(あは)

 

今夜はお星様の夢を見て…おやすみなさいshine

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

けふが何故ソフトクリームの日なのやら

Photo Photo_2                                

 

 せつかちな花に困惑梅雨湿り  なを

 

季語は「梅雨湿り」  「梅雨」の傍題。

 

伸びすぎちゃったし、どんどん広がって

人さまにご迷惑だから切っちゃおうって思って・・・

なのに、やだ!!!

秋の花の「木槿」が、もう咲いちゃってる。。。

んーん、、、

蕾も結構つけてるしなぁ~~(>_<)

季節感ちっともないじゃんsign01 ちょっとムカ。

せっかく咲き始めた花を切るのは、やっぱり可哀想。

仕方ないから咲き終わるのを待って…

そしたらサヨナラしよう。

まさか、あんな小さな鉢植えがこんなにデカくなるなんて!

ま、ガンバってしばらく咲いててください。

と、諦めつつ、今夜はおやすみなさいsleepy

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつからか七月二日は饂飩の日

Photo 

 

 寂しげな母の笑顔や半夏生  なを

 

季語は「半夏生(はんげしょう)

以前にも書いたかもしれませんが、今日は暦の上では

半夏生に当たります。

半夏半作といわれ、かつてはこの日までに

田植を終えるものとされた。物忌みをする風習もあった。

(以上、歳時記より)

 

今現在、自分の体調が万全でない為に

母に施設に入ってもらっていて…

時々面会に行くと笑顔で迎えてくれて

帰りには「頑張ってね!」って

励まされるのだけれど、やはり寂しそう。。。

ごめんなさいねって、心の中で謝りながら

仕方なく帰るのだけど、時々その笑顔を

思い出して、ちょっと胸が痛くなったりします。

 

ママ、もうちょっと我慢してね。

私、ガンバって元気になるから!

きっとしっかり復活するから!

 

そんなことを、つらつら考えていた

半夏生の今日なのでした。

 

※写真は「半夏生草」 

半夏生のころ上部の葉が白くなるからとも

その白い部分を半分化粧した姿に譬えたともいいます。

 

思い出しちゃったことが、ひとつ(^^)

 

 夏の旅母がコアラを抱つこする  なを

 

ずいぶん前、母の古稀のお祝に、どこか連れてったげるって

そしたら、リクエストはなんと!!

コアラを抱きたいheart02 でした。

結局、オーストラリアまで行って抱かせてもらったのだけど

あの時の母の満面の笑みは今でも思い出して嬉しくなります。

にしても、コアラって重いよぉ~~eye

まさかsign03 ってくらい。

そして、まず云われること・・・

「貴方が転ぶのは構いませんが、絶対にコアラを落としてはいけません」

コアラ専門の救急車とコアラ専門の病院のあるお国ですもんね。

カンガルーを交通事故で引いても連絡しなくてもいいのに

コアラを怪我させて通報しないと、ものすごい罰則があるんだって!

その貴重なコアラを抱かせてもらった経験は忘れないな。きっとhappy01

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »