« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

大寒の雀の群れのせはしげに

Photo            

                  

 したたかに霙に頬を打たれたる  なを

                         

季語は「霙(みぞれ)」です。

昨日の雪が今日は雨になって、夕方には霙混じりになりました。

荷物が多かったので、歩くのが大変だったから

ええいって自転車 飛ばしていたら

次から次へと頬や額が痛い。。。

雨が霙に変わってて、それがぶつかってきてたのね。

                                

今日は仕事場のお仲間の方のお母さまが亡くなりました。

暮におひとり。

今年になってもう三人。

もちろん、その四人の方はみんなそれぞれ何の関係もないし

喪中葉書で知らされた12月に亡くなられた方も含めると

わたしの周りで亡くなられた方が余りにも多くて・・・

もうやめて!!!!! と叫びたくなります。

                         

この冬が寒いせいなのかしら。

半端じゃなく今年は寒い気がしますもん。

いみじくも、今日は大寒。

一年で一番寒い日。

今年ほど、寒明けを春を待ち遠しく思ったこと

今までなかったような、、、

                   

Photo_2       

                 

 雪割つて出てくるものの名は希望  なを

                       

季語は「雪」

早く温かな春が来ないかなぁ~sun

「暑さ寒さは彼岸まで」の彼岸には

あと2カ月もあるけれど。。。

                  

寒くてお腹が空くと、人は元気なくなるんですって!

節電なんて気にしないで、温かくしていようsign03

今夜はこの辺で、おやすみなさいsleepy

       

              

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当分はこちらにゐます冬銀河

Photo     

    

 鈴の音の闇に聞こゆる寒さかな  なを

                              

季語は「寒さ」 「寒し」の傍題。

冬の気温低下を身体に感じる表現。単に身体的感覚だけでなく

心理的にもさまざまな対象に即して捉えられる感覚である。

特別に寒いときは、「厳寒」「酷寒」「大寒」などといい

単に「寒さ」という場合はそれらすべてを含み、時期も

三冬にわたっている。(以上、歳時記より)

                            

先週の金曜日、仕事場で使う布巾や雑巾を洗濯して

庭の奥の日当たりのいい場所に干しました。

お隣はお墓なのですけど、明るい時は気にならないから。。

で、雑事に追われて、取り込むのを忘れていて

帰りがけに、あっと思いだし、暗いなかを取りに走り、、、

その時 聞こえたのです。

鈴の音・・・澄んだ鈴の音。

振り返っても誰もいない 闇。

しばらく鳴りやまない鈴の音を振り切るように

走って洗濯ものを仕舞い、帰宅。

すっかり忘れて夕食の支度や後片付けやが済み

10時過ぎ パソコンに向かっていると

窓の外から、また 鈴の音が。。。

今度はくぐもったような、さめざめしたような 音。

ああ、お墓から誰か連れてきちゃった!

お願いだから、お帰りください 懇願したら止んだ。

                    

次の日。

朝の句会に出るためにバタバタと出かけ

新年会も出ないで、町内の餅搗き大会に顏を出し

(去年まではかかわっていたから…)

母の夕食の準備をしてから、夜の句会へ。

で、サロンバーのようなお店の2階での定例句会。

終わって降りて行くと、ママが一枚の紙をすっと…

目をやって、ショックに凍りつきました。

そこには、友人の名前があって、通夜と告別式の日取り。

鳥肌が立ち、足が竦み、へなへなと座り込み。

しばらく会ってないなぁ~ 元気かな? なんて

思っていた矢先の出来事にうろたえました。

そこでようやく合点。

あの鈴の音は彼女だったんだ!!

寂しくて呼びに来たんだ!!!

でもね、ごめんなさい。

私には、まだ母がいるし、当分はそちらへは行けないの。

堪忍してね_(._.)_

あのクールで大人でカッコよくて、でも涙もろくて優しい

そんな彼女の笑顔が目の前に浮かんで笑い声も聞こえて

「いいのよ」って云ってくれているみたいでした。

そのお通夜が明日。

また早退させてもらって、会いにいってきます。

当分会えないもんね。

簡単に遊びには行けないけれど、待っててね。

いつかは確実にそちらに参りますから(^^)

                     

怖かった鈴の音の意味が分かって

ちょっと安心したのでした。

まだちょっと怖いのが本音なんだけど…ネ。

              

最後まで読んでくださった方には御礼申し上げます。

世の中には不思議なことが山ほどあって

でもそれにはみんな意味があるのだなって

思っています。

今夜はそんな おはなし。。。

ではでは~おやすみなさいmist

         

 茶の花やひとりにひとつ涙壺  なを

                       

                      

| | コメント (2) | トラックバック (0)

潮の香の築地に満つる七日かな

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4     

           

 有り難く押し頂いて七日粥  なを

                     

季語は「七日粥」 「七草粥」の傍題。新年の季語。

一月七日にいただくので、七日粥ともいうのです。

芹、薺、御形、繁縷、仏の座、鈴菜、鈴白、これぞ七草。

念の為…左から、せり なずな ごぎょう はこべら

ほとけのざ すずな すずしろ です。。。

御形は「ははこぐさ」のこと、繁縷は「はこべ」

仏の座はキク科のタビラコの別名。

鈴菜が蕪、鈴白が大根。

                          

少し時間が経ってしまいましたが・・・

一月七日の土曜日、築地にある『波除神社』の

七草神事に行ってまいりました。

神主さまの、厳かなる神事を拝見してから

七草粥を戴くという、七草粥吟行!(^^)!

十二月は母の調子が悪かったり、なんやかやで

まったく吟行に参加出来なかったので

俳句は出来なくても、とても楽しく過ごしてきました。

ただ、帰宅したら…ご近所のオジサマの訃報。

次の日は仕事を早めに抜けさせていただき

お通夜に伺って、なんか疲れて、、、

暮の仕事納めの日が、妹の嫁ぎ先の父の告別式。

その日も早退。

なんだか、年の終わりも、年の始もこんなじゃあ

今年もキビシイ一年になるのかしらん…なんて

ちょっぴり 落ち込んだりしてdown

でも、気にしたってしょうがないので

早めに気分を切り替えて、今年こそ

元気な一年を送るゾsign03 と決意(キッパリ)

         

Photo_5       

ちなみに、上の写真が私の作った七草粥♪

珍しく朝早くから台所に立って、ことことと炊きました。

今年も節目節目の行事を楽しみながら

俳句を作っていけたらいいなhappy01

なるべく頻繁に更新していくつもりですので

お時間おありの方は、どうぞお付き合いくださいませ。

   

あ、ケイタイからの地震速報eye

怖いから、今日はこの辺で失礼いたしますw~

またねでーすheart04

      

               

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怖々と覗くポストやお正月

Photo  Photo_2                          

                               

 粛々と開くものある五日かな  なを

                                        

季語は「五日」 新年の季語です。

元日から始まって、二日、三日・・・

七日までが季語になります。

毎年暮に戴く桜が満開cherryblossom

始めは寒い処に、年が明けてから

温かい部屋に移したら、あっという間に。。。

明日は寒い処に戻さないと散ってしまいそうです。

「粛々」は「しゅくしゅく」とお読みください。

しずかなさま。ひっそりしているさま。です♪

外はムチャクチャ寒いのに咲いてくれてる桜に

感謝感謝です!(^^)!

           

タイトル句は、、、

昨日書いてようやく今日投函した年賀状(恥)

早くに下さった方に申し訳なくて

いっそのこと、下さらなければいいのに~なんて

勝手なこと思いながら、手を合わせて頂戴したのです。

早くに年賀状くださったみなさま…

ごめんなさい<(_ _)>

私のは寒中見舞いとした方がよかったかもですね。

売り出しと同時くらいに買った年賀状。

時間はたっぷりあるわんscissors

なーんて甘かった。。。

今年こそきちんとした一年を送りたいと願っているのに

こんなことじゃあ、先が思いやられます。

あ~あ、、、トホホな年の始でございまするw~

性懲りもないワタクシではございますが

どうぞお見捨てなきようお願い申し上げます。

     

といったところで、今夜はおやすみなさいmoon2

       

                       

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あらたまの年の始のご挨拶

Photo Photo_2 Photo_3 5            

 

 お元日質素が旨と嘯いて  なを

 

季語は「元日」 なんのご説明もいりませんね(笑)

新年の季語です。「嘯いて」→「うそぶいて」とお読みくださいね。

去年は暮までバタバタと過ごしてしまい、疲れきっていて

やっとお正月の準備を始めたのが大晦日sweat01

なので、手抜きだらけの地味なお節しか作れなくて…

それでも一夜明けたら元旦でして。。。

自分に言い訳しています。

今年は質素、断捨離を旨とすべしsign03 あは。

 

今日は午後にいささか強い地震があって

その後でお宮参りに出かけたのですが、、、

 

 地震のあと怖々と行く初詣  なを

 

こちらの季語も普通に「初詣」

2012年こそ、何事もない穏やかな一年であって欲しいと

心から願っていたのになぁ~

元日から地震だなんて!!!

あ、俳句では「地震」は「なゐ→ない」と読みます。

怖いのは今日だけにしていただいて

明日からは平穏な日々が続きますようにclover

 

皆さまにとって、今年が素晴らしい一年でありますようにnote

お祈りいたします。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます<(_ _)>

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »