« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

これよりは捩り鉢巻大晦日

005 

 

 年の暮俳句の神に逢ひにゆく  なを

 

季語は「年の暮」  十二月も押し迫った頃の年の終わりのこと。

少し前になりますが、テレビの影響からか、ふと子規庵に行きたくなり

寒さこらえて行ってまいりました!

俳句の神さまが何か授けてくださるかも…なんて

甘ーい考えでお邪魔してきました(エヘ)

でも、才能ないワタクシには何にも授けてくださらない。

ま、しょうがない、、、でも雰囲気は良かったです♪

地道にコツコツと積み重ねていくしかないようです。はい。

 

今年は色々とプライベートで事件があって

こちらの更新がなかなか出来ませんでした。

いらしてくださった方には、ごめんなさい<(_ _)>

来年はなるべく頑張って更新いたしますゆえ

ひらにお赦しくださいませ。。。

 

今年も一年、お世話になりました。

新しい年も相変わりませずよろしくお願い申し上げます。

 

どうぞ みなさま 良いお年をお迎えくださいfuji

 

ということで、2011年の〆にいたします。

さ、もうひと頑張り、お節の仕上げ、やっつけちゃいますw~scissors

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手渡しで愛届けたる降誕祭

011 

 

 メリークリスマス皆さまにわたくしに  なを

 

季語は申し上げるまでもなく…「クリスマス」でございます^^

写真は神楽坂の風呂敷屋さんで撮らせていただいたもの。

ありがとうございます<(_ _)>

 

ツライことのどっさりあった2011年ですが、クリスマス位は

明るく過ごしていただきたいな。。。

だから、皆さまにメリークリスマス…ワタクシにも…ねっxmasheart04

ちっちゃくてもいい、素敵のカケラが降ってきますようにclover

 

ということで、今夜はおやすみなさいnight

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

途切れたる夢の途中に雪が降る

006 001 

 

 木守柿カラスに献上仕る  なを

 

季語は「木守柿(こもりがき)」 「木守(きまもり)」の傍題。

葉のすっかり落ちた冬の柿や柚などの木に

ひとつだけ実を残しておくのは、来年もよく実がつくように

というまじないである。(歳時記より)

 

仕事場の庭の木守柿が、ある日気付いたら・・・

カラスに食べられてしまってました。無残やな~sweat02

まあ~カラスさんに捧げたことにしようと

ガッカリだけど納得。。。

 

他はこんな感じ(^^)

010 013 016 017   

 

 枯庭に色の残りてゐたりけり  なを

 

季語は「枯庭」 「枯園」の傍題です。

どんどん枯れていくなかで、残っているのは

終わりかけの檀の実と、今が盛りのピラカンサス。

ピラカンサスもやがては椋鳥がやってきて

食べつくしてしまうんですけど…ね。。。

 

十二月に入ったと思ったら、もう四分の一は過ぎちゃった。

あっという間にクリスマスが来て、そしてお正月eye

今のうちに、静かな冬の一齣を…と残しておきます。

寒くなりました。

みなさま、くれぐれも温かくなさって

お風邪など召されませぬやうにclover

ではでは~

今夜はおやすみなさいsleepy

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »