« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

遠近に暑中見舞ひを申し上ぐ

Photo Photo_2 Photo_4              

 

 結局は和食を選りし夏真昼  なを

 

季語は「夏真昼」  「炎昼(えんちゅう)」の傍題。

炎昼は、真夏の灼けつくような昼なかを指します。

日中のあまりの日差しの強さと、それを嫌って

人が外出を避けるために、町がどことなく静まり返る

不気味さを併せもった季語。

なので、季語はいささかオーバーかな(笑)

 

ここしばらく、少々胃腸の調子が良くなくて…

胃に優しいものを! なんて思うと、やっぱり和がいいかな。

真夏だけど、卵雑煮とか、和定食とか。。。

お昼を食べない訳にもいかないから、こんなものを戴いてます。

 

皆さまはいかがですか?

食欲はおあり??

熱中症には、くれぐれもご用心なさって

お元気でこの夏を乗り切ってくださいませねclover

  

※タイトルの「遠近」は「おちこち」とお読みくださいね。

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

線香の煙の向かふ夏の浜

Dscf1747 Dscf1743_2 Dscf1745 Dscf1760     

Dscf1764 Dscf1766 Dscf1798 Dscf1772    

Dscf1792 Dscf1795 Dscf1779 Dscf1755


                     

 爪痕のまだ残りたる夏の潮  なを

 

季語は「夏の潮」です。ご説明の必要はないですよね?

7月13日 仙台の被災地にお邪魔してまいりました。

所属している結社の主宰のご友人が仙台で被災され

是非、なるべく多くの人に現地を見てほしいと願われたそうです。

被災地へ吟行なんて、なんだか失礼になるのではないかと

少し心配しましたが、仙台在住の俳人の先生が是非見るべきだ!

と、おっしゃったそうなので、えいっと決心して参加しました。

総勢17名の我々は、大型タクシー2台に分乗して

荒浜、そして閖上(ゆりあげ)地区に・・・

4か月経った今も、あちこちに残る瓦礫の山、傾いた家

住宅街に取り残された船、海辺の目茶目茶になったスクールバス。

ありとあらゆるものに圧倒され、まるで悪夢の中にいるような感覚。

みんな無口になって、暑さも忘れ、茫然と立ちすくんでしまいました。

持参した花を手向け、お線香を焚き、手を合わせるだけで精一杯。

言葉にならない言葉に悲鳴をあげながら、ぽつぽつと書きとめ

かろうじて、5・7・5の形にして、句会へ。

他の皆さまは、私よりはずっと的確に表現されていましたので

自分の未熟さを改めて実感してしまいました。

どんな状況でも、きちんと表現出来る力が欲しいと

強く強く願った次第です

 

Dscf1781        

 

 

   

 浜を向き向日葵の花咲き初むる  なを

  

季語は「向日葵(ひまわり)」  夏を代表するお花ですね。

子どもさんたちが植えたという向日葵が咲き始めていて

前を向くことの大切さを教えてくれました。

何の力もないワタクシですが、祈ることだけは出来ます。

復興が一日も早く進むように、ひたすら祈ることにいたします。

頑張る…という言葉は嫌いなので、、、

元気になろうね! 笑おうね! って云いたいかな。

まだまだ当分時間はかかるのでしょうけど

応援出来ることはいたします。

みんなが笑顔で暮らせる日が早く来ますようにsign03

と、ご報告したところで、今夜はおやすみなさい。

 

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ゆふぐれの茅の輪の少し濡れてゐて

Dscf1741 Dscf1728_3 Dscf1730 Dscf1739 

 

 左右左と潜る茅の輪かな  なを

 

季語は「茅の輪」  「名越の祓(なごしのはらえ)」の傍題です。

かつては一年を二分する六月と十二月の晦日に大祓が行われ

身を清め災厄を払い、暮らしの平穏と健康を神に祈っていました。

十二月は年越祓、六月が名越の祓で、名越だけが残り

今も行われています。

形代に穢れを託して水に流したり茅の輪をくぐって厄を払うのが

一般的ですが、海に入って身を清める地方

川岸に斎串を立てた川社で祈祷をしたり、火祭を行う神社もあり

太陽暦の現在、七月三十一日に行うなど土地によりまちまち。

(以上、歳時記より)

 

という訳で(どういう訳や!) 行事大好き人間のワタクシは

武蔵境にある杵築神社の茅の輪を潜りに行ってきました(^^ゞ

一昨年は湯島神社で潜ったので、今度は違う処がいいかなと。

早めに出かけようと思っていたのに・・・

またもやパソコンのトラブル発生sign03

『あなたのパソコンは脅威にさらされています!』

で、セキュリティに接続されてないsign02

問題を解決してください。 って。

なんだか知らないけど、ウィンドウズの更新をしなさい

ということらしくて、、、

実行したのだけど、2つある更新のうち、ひとつしか完了しない。

30分以上待ってるのに、終わらないからムカついて

キャンセルをクリックangry

そしたら、取り消し中になって、またもや先に進まないshock

仕方なくサポートセンターに電話・・・

ようやく繋がったサポートのお兄様は、ここで強制終了すると

後でトラブルになるから、少なくとも30分以上待って

終了させてください…ですって(-"-)

待ちましたとも!!! 1時間以上。

で、セキュリティはニフティさんなので、そこに電話。

延々待たされてる間にもう一度チャレンジ。

別枠に表示されている処をクリックしてみたら~

あらあら不思議???

更新出来ちゃった(笑)

電話繋がらなくてよかったわん(^-^)

なんて事件がございまして、待ってる間に始めた仕事を終え

ようやく出かけられるって時に…雨rain

それも半端じゃない凄い雨、、、

おさまるのを待って(待ってばっかり)ようやく出かけたのが

もう夕方でして、行ったら門が閉まってる。ウソぉ~

左の方に小さな出入り口があったので、そこから侵入(あは)

作法通りに(一番右の写真をご参照くださいね)潜って

神前に進んで参拝。 二礼二拍手一礼ですよん♪

ささやかなお賽銭で、母のこと、妹のこと、自分のこと

身の周りのすべての方のご健康とお幸せを祈り…

あんまり図々しいって神さまご立腹なさってなきゃいいけど(笑)

とりあえず、六月の晦日にお参り出来たから

明日からは、きっとご利益あって、いいことばっかりになるup

と信じて、そそくさと帰宅したのでありました。

杵築神社(きづきじんじゃ)って、350年前からある

由緒正しいお宮さんのようで、境内に森みたいな処があり

今度は普通の時にゆっくりと吟行したいなーなんて

思いました。

JR武蔵境駅から3分、お近くにいらっしゃることありましたら

是非一度 お運びくださいね(^^)

と、神社の宣伝したとこで、今宵はおやすみなさいsleepy

いい夢 見られそうですnote

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »