« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

初夏の開港記念会館へ

Photo          

           

              

 薫風やあの日と同じ氷川丸  なを

  

    

                                    

季語は「薫風」 「風薫る」の傍題です。

昨日は吟行で山下公園へ♪

ずーっと昔、まだワタクシがとっても初々しかった頃のこと。

初めてのデート、車でこの山下公園に参ったのでございますw~

その後も何回か違うシチュエーションで来たことあるのだけど

何故だか、その時の氷川丸が印象いちばん強くて・・・

相手の顔はぼんやりとしか覚えてない(笑)

で、久しぶりに訪れた山下公園…噴水なんてあったっけsign02

                    

Photo_2 Photo_3      

                                  

 噴水の空へマリアへむかひたる  なを

                                   

季語は「噴水」 一年中あるけれど、夏の季語なのです。

噴き上がる水、落下する水、飛び散る飛沫、ときにかかる虹など

そのいかにも涼しげな味わいから夏の季語とされている(歳時記より)

噴水の真ん中にマリア像がありました。

                                             

Photo_4 Photo_5 Photo_6 Photo_7       

                                   

句会場に行く前に、まずは中華街でランチnote

これらにランチビールとデザートの杏仁豆腐までついて

ひとり800円弱sign03

美味しくて、幸せで、もう俳句なんかどうでもいいじゃん…な感じでwink

お名前 載せていいのかどうか伺わなかったけど、、、

『牡丹園』さん!! ご馳走さまでしたぁ~~heart02

そして…

句会場に行く道すがら、見つけた素敵(^^)

Photo_8            

          

              

       

 青蔦の包む優しい嘘のあり  なを

              

                                       

ビルを丸ごと包んでいる青蔦に超感動up

季語はモチロン、「青蔦」です。

「包む」→「くるむ」とお読みくださいね。

・・・・・

句会の結果ですかぁ~?

ま、ボチボチでんなぁーー(^^ゞ

                  

そんなこんな、嬉し懐かし山下公園吟行の顛末でした。

ではでは、今夜はこの辺で、、、

おやすみなさいnight

                                                    

※タイトルは、句会場が「横浜市開港記念会館」でしたので…

         

                                        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただいまの聲のたからか夏帽子

Dscf1674               

                                         

 生きるつて愛することね夏来る  なを

                                                                 

季語は「夏来る」 「なつきたる」とお読みくださいね。

「立夏」の傍題です。

いささか、季節外れの句になってしまいましたが…

先月、パソコンのキーボードが反応しなくなってしまい

画面にキーボードを出して、ポツポツ打っていましたが

イライラするばかりなので、諦めて初期化sign03

キーボードは復活しましたが、その他が一からやり直し。

もちろんバックアップは取ってありましたが

ネットに付きもののパスワードの再設定したりetc.

写真の参照がうまく出来なくて、この部屋にも来れなくて

お久しぶりの更新になってしまいました。

もしかして、ご心配くださった方…いらしたら、ごめんなさいm(__)m

ようやく帰ってこれましたぁ~~scissorsnote

                                                 

5月2日、ゴールデンウィークの谷間に出かけたのは…

国営ひたち海浜公園 (^^)

あれから ずいぶん時間経っちゃったけれど

とても素敵な処で、もう一度行きたいベスト10があれば

上位にランキングされる、、、かなheart02

                                                

Dscf1668 Dscf1669 Dscf1662 Dscf1665       

                                                                     

 神さまの吐息に揺るるチューリップ  なを

                                                                       

季語は「チューリップ」 春の季語だけど、いいよね(笑)

5月6日が立夏、2日はまだ春だったんですもん^_^;

どーーーーっさりのチューリップにまずはニコニコ。

そしてそして 圧巻だったのが ここribbon

                                               

Dscf1683 Dscf1685 Dscf1692      

                                                    

 聖五月丘は海へとかはりたる  なを

                                                   

季語は「聖五月」 「五月」の異名です。

ワタクシの稚拙な写真では、よくお分かりにならないかもですが

それはそれば見事に真っ青な丘でした!!!

名前、忘れちゃったんだけど、いぬふぐりの親分のような

青い青いお花で埋め尽くされた『見晴らしの丘』

結構小高くてきつい登りでしたけど素晴らしかったよーup

海の上を歩いているような不思議な感覚と見下ろしたときの

得も言われぬ快感(^^)v

いつか機会ございましたら、百聞は一見にしかず…

お出かけになってください。

皆さまにも、あの感覚を体験して頂きたいなぁ~

そして・・・

                     

Dscf1710                 

 とことこと夏の空へと観覧車  なを

                    

                                    

入口(出口でもあるのだけど…笑)近くの観覧車に乗って

観覧車に乗るのって久しぶりだったから

それだけでも嬉しかったんだけど

下に見える様々なお花たちは

天国があったらこんなんかしらん?

なーんて思わせてくれる絶景でしたよんheart01

                                               

そんなこんな、少し前の体験談にお付き合いくださって

ありがとうございました(^-^)

これからは、もう少し頻繁に更新できるように致します。はい。

                                     

パソコンが復活して喜んでいたのもつかの間、、、

先週は携帯電話を落としてしまいましたweep

電話屋さんで、ロックかけてもらったから実害はないはずですが

なんだか凹みます。あーあ~一難去ってまた一難。トホホ。

こんな、お間抜けな人 いらっしゃらないでせうが

皆さまもご用心あそばしませませclub

                                            

ではでは、今夜はこの辺で・・・

おやすみなさいsleepy

                           

flair 「モネヒラ」 いぬふぐりの親分だなんて申しましたが

  正式名称は、「モネヒラ」なのですってsign03

  大変失礼いたしました。教えて戴きましたぁ~happy01

  Mさま、メールありがとうございますm(__)m

  一体、どこの国から来たお花なのでせう??

  チャーミングな可愛いお花。覚えておかなくちゃ( ..)φメモメモ

                     

                                                    

                   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »