« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

春に逢ふためのバス待つのも楽し

Dscf1488_2                     

  菜の花にまづ挨拶し入場す  なを

            

                             

季語は「菜の花」 ご存じ、春の季語です。

神代植物公園に行ってきました。

500円也の入場券を買って入ると、まず菜の花が

目に飛び込んできます♪

春は黄色からって云うけれど、ホントね。

何故か、黄色を見ると元気になるから不思議ribbon

オレンジがビタミンカラーだってことだけど

黄色もきっと、ビタミンの色…かな(^^)

                                                                                     

Dscf1492 Dscf1493 Dscf1572         

                                                                                                 

 ものの芽や笑ふ準備は出来てゐる  なを

                                                        

季語は「ものの芽」 

とくに、これという植物の芽ではなく、広範囲に植物の芽をとらえて

その気分を伝える季題である。そこにはおのずから春の息吹が

感じられる。(歳時記より)

彼岸明けというのに、まだまだ寒い東京で

たくさんの「ものの芽」に出逢うことが出来ました。

牡丹の芽、桜・椿の蕾…etc.

芽吹こうと待っている、お花たちの気合を感じ

こちらまで嬉しくなってくるのでした(^-^)

                                                

Dscf1507 Dscf1509 Dscf1508     

                                                  

 三月のヒスイカズラと出逢ひたる  なを

                                     

季語は「三月」  そのままです。仲春の季語。

句は、だからどうした句…なのですが(笑)

生まれて初めて出逢ったお花。

温室のなかで、まるで天に向かって祈っているような

美しい水色のお花でした。

この出逢いだけでも、行った価値充分sign03

                                                 

Dscf1562 Dscf1555 Dscf1550 Dscf1552      

                                                

 花びらと匂ひを零し紅白梅  なを

                                            

季語は「梅」ということで、、、

あたり一面に花びらをこぼしながらも

まだまだ明るく咲いてくれている梅林の様子に

希望を 夢を 戴いた気がしましたscissors

                                       

この度の、地震・津波・原発事故の被災者の皆さまを

応援しなくてはいけない私達(ワタクシだけかな?)が

しっかりしなくてはいけない!!

そのためには、まず気持ちを安らかにしてくれる

植物に逢いに行こう♪

そんな気分で、いささか寒いなかを出かけましたが

本当に行ってよかったsign01 植物園up

気持ちだけはしっかりと温かくなって帰ってきました。

大温室に咲いていた、色とりどりのベゴニアなんかも

ご紹介したかったのですが、眠くなってしまったので

また いつか・・・ねっwink

今夜はおやすみなさい。

                    

                                                                                             

| | コメント (4) | トラックバック (0)

春の月出来るのはただ祈ること

Photo_2           

                         

 悪夢より怖き現実冴返る  なを

                                                       

季語は「冴返る」 「さえかえる」と読みます。

二月半ばから三月の終わりごろまで、前日とうってかわって

寒に戻ったように感じること。「寒の戻り」とも言います。

                                                                    

平成23年3月11日  日本に巨大地震sign03

大切な命を落とされた方に心より哀悼の念を捧げます。

被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

一日でも一時間でも早いライフラインの

復活がありますようお祈りいたします。

今日は不思議に温かいけれど夜から冷えるようです。

どうぞ御身をお大切になさってください。

                                                             

地震の日、勤務だった私はランチを終えて

お店を出ようとコートを着始めたところ…

あちこちでザワザワと「地震じゃない?」の声が。

揺れがどんどんひどくなって、棚のクッキーの缶が

飛んでくる、落ちてくるeye

大慌てで外に飛び出して、道路にしゃがみこみ

周りの方々と一緒に震えていました。

地面が揺れているのがよく見えて・・・

こんなの初めてだわって云う声にうなずき

仕事場にはお客様がいらっしゃるのだから

早く帰らなきゃって思っても怖くて躰が動かない。

ずいぶんと時間が経ったと思われる頃

ようやく落ち着いてきたので、一緒にいた知らない方と

お別れして、ダッシュで戻りました。

幸い、お客様 どなたも怪我などなく ホッ。

余震続くなか、ロビーのテレビにみんなが集まり

ご近所の方は早めに帰られ、遠くからいらしてる方は

電車の状況などをチェック。

で、動いてないし、しばらくは動きそうもない…ということで

泊めてもらえるかしら? というご質問。

たまたま館長がお休みで、同僚と2人だったので

財団本部にお伺いを立て、許可が出て

区の方から毛布と乾パンの配給。

私達2人と夜勤の1人、財団の1人、都合4人で

30名のお客様のお世話。

10時半には夜勤の人には帰ってもらい

お客様はそれぞれ買い出しに行かれて

夕食を済まされ、和室に電気ストーブを入れて

毛布一枚で休んでいただきました。

我々は事務室で椅子に座ったまま、毛布で暖を取り

1時間置きに鳴る安否確認の電話に報告をして

まんじりともせずに一夜を過ごしました。

しらじらと夜が明けて、電車も少しづつ動き出して

三々五々 お客様も帰られて、、、

すべての報告を財団にして、出勤された館長にも報告。

12日は一日休館に決まっていたけれど

職員はいなくてはいけない…ということで

土曜勤務の方に色々と伝達してから帰宅。

その頃には電車もほとんど復旧していたので

一応 無事に家に帰りつきましたが・・・

自分の部屋を見て、しばし無言。

足の踏み場もない位、色々なものが散乱。

片づけにずいぶんと時間がかかり、でも壊れたものが

ほとんどなかったから、有難かったです。

日曜日は平常勤務。

ただキャンセルされる団体さまが多くて静か。

そして月曜の今日は月に一度の休館日なので

やっとゆっくり出来るなって感じだったのですが

頻繁に余震があるので、まだまだ緊張しています。

スーパーに買い出しに行ったら、ほとんど何もないsign01

やっと買えた牛乳やパンを後生大事に抱えました。

卵が買えない…とガッカリしましたが

被災地の方のことを思ったら、そんな贅沢は云えませんね。

そんなこんなが、この巨大地震のなかでの顛末。

ウダウダと書き連ねてしまいましたが

自分の記録の為に書かせて頂きました。

お付き合いくださった方には、ごめんなさい<(_ _)>

皆さまの処はいかがでしたか?

ご無事でいらっしゃることをお祈りしています。

                                                      

写真はイギリスの新聞だそうです。

この写真を見て、それまで必死にこらえていた涙が

とめどなく流れ、暖かいはずの今日なのに

悪寒が止まりません。

でも、節電しなくては!!!

祈ることの他に、出来ることがあってよかったかも…

薄暗くなるまでは電気は点けず、勿論エアコンも停止。

ただテレビだけは点けたままで、申し訳ございません。

2~3日中にまた大きな地震があるかもってことです。

どうぞ、どうぞ、皆さま ご用心くださいませ。

今まで生きてきて、一番怖い自然災害でした。

これ以上、被害が広がらず、少しでも早い復活を

願わずにはいられません。

神さま、どうぞ日本を助けてください!!!!!

                              

| | コメント (10) | トラックバック (0)

思ひ切り口角あげて桃笑ふ

Photo_2

こんばんわーーnight

不肖ワタクシ、3月4日が誕生日でした(^^ゞ

いつもお邪魔させて頂いているサイト「つぶやく堂」で

誕生日祝いのお句をどっさり頂戴して参りましたheart04

誕生日の季語が『桃笑ふ』

こちらに勝手に掲載させていただいちゃいますlovely

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

やって来た春の真ん中桃笑ふ   やんま

蛇の目傘くるくる桃の笑ひけり   赤猫

香ばしさ纏ひてきたり桃笑ふ    重陽

なおのこと彼の人こいし桃笑う   哲男

桃笑ふ湖畔をそぞろ歩きかな    みこ

好きな子と待ち伏せしたり桃笑ふ 空猫

差し伸べる美しき手や桃笑ふ   和音

体育は得意の科目桃笑ふ     ひつじ

桃笑ふドラマはひとの目にふれず 葱男

桃笑ふ句帖はらりと開いては  シナモン

スポーツカー赤きを飛ばし桃笑ふ  白馬

桃笑ふ明日着る服を考え中     海音

桃笑う千紫万紅の高円寺        弁慶

三線の爪弾く音色に桃笑う      アラマ

なをちゃんによく似た雛桃笑ふ    寂仙

桃笑ふなをさん笑ふ皆笑ふ     海苔子

桃笑ふピンクのネイルきらきらと    司馬

桃笑ふ母さんに似て色白で       かよ

しなやかにしゃなりしゃなりと桃笑う くりおね

桃笑ふスカイツリーを見上げつつ 顎オッサン

薄紅に頬そめし桃笑ひけり         海渡

桃笑ふ中の中まで偕楽園       十志夫

桃笑ふ袂にひそむ金平糖         佳音

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

みなさま、本当にありがとうございました<(_ _)>

大切な宝物がまた増えましたnote

年に一度、自分の頭を撫でてあげてもいい日かな(笑)

新しく巡ってきた記念日です。

気合を入れ直して、もっと頑張らなくちゃ…ねっ(^o^)/

                                           

優しさを宝石箱に桃笑ふ  なを

                                                

ちなみに「つぶやく堂」へはこちらからどうぞdown

http://9128.teacup.com/yanma/bbs?BD=17&CH=5

俳句喫茶店」のオーナーはとてもおおらかな方ですから

どなたさまも、ご参加大歓迎してくださいますよん♪

どうぞ、おいでませ(^^)v

                                                                            

※タイトルの「ふらここ」はブランコのことです。

                             

                           


| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »