« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

春隣南房総パラダイス

Dscf1225 Dscf1223 Dscf1233 Dscf1232

Dscf1235 Dscf1238 Dscf1243 Dscf1255          

                                                                   

 クレヨンの二十四色春を待つ  なを

                                                               

季語は「春を待つ」 「春待つ」の傍題、「待春(たいしゅん)」とも。

先だって、寒い寒いなか南房総に行ってきましたnote

東京よりは温かいはずなのに、寒かったぁ~ ぶるぶる。

で、どっさりある温室に逃げ込んだら・・・

本当にまるでパラダイスsun

色とりどりの南の国の花が咲き乱れ、天国のよう(^^)

うわぁ~ この中にずっと棲んでいたーーーいsign03

絵具ではなくて、クレヨンで描きたくなる…そんな感じ。

私に絵心があったら、デジカメよりもスケッチなのになぁ~

色々な温室があって・・・

Dscf1250 Dscf1252 Dscf1261 Dscf1245

Dscf1269 Dscf1274 Dscf1284 Dscf1298           

                                                                    

 聳り立つもののあれこれ寒日和  なを

                                                                    

季語は「寒」 寒は小寒(1月5日頃)から大寒(1月21日頃)を

経て、節分(立春の前日、2月3日頃)までの期間を表します。

そんな寒の真っ只中の、でもお天気のいい日和のことを

寒日和(かんびより)と云います。

外がどんなに寒くても、温室のなかでは

色々な植物が実をつけ、すぐすくと育っていました。

「聳り立つ」は、そそりたつ…とお読みくださいね。

そして…Dscf1301 Dscf1306        

こんな不思議な鳥や、、、

Dscf1336  蝶にも出逢えて・・・

Dscf1320 Dscf1322 Dscf1318      

                                                 

 冬うらら仲良きことは美しく  なを

                                                         

なーんて、どこぞのエライ方の仰ったお言葉を

パクってしまいたくなる可愛らしさでした(^^♪

それから それから・・・

Dscf1350 Dscf1361 Dscf1357 Dscf1355

                                                                   

 海昏れて家路を急ぐ冬帽子  なを

                                                                 

季語は「冬帽子」 これはもう、ご説明不要ですね♪

遠くに見えている海が暮れてきたから(昏れ→くれ)

さあ~ お家に帰ろう。。。

名残惜しいけれど、冬の夜に向かって一目散に

帰りの車を飛ばして・・・car

そんなこんな、冬の真っ盛りに一足早い春(夏かしらん?)を

体験して、とっても嬉しい一日を過ごしてきたのでした。

おしまいheart04

                          

| | コメント (2) | トラックバック (0)

嬉しきは大寒の日の握手かな

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4

Photo_5 Photo_6 Photo_7                   

                                                              

 ギャラリーの奥の先生寒日和  なを

                                                              

季語は「寒日和」  ご説明不要ですよね?

大寒の日の今日、四谷の『晩紅舎』というギャラリーに

行ってまいりました♪

八田木枯先生の俳書展「鏡騒」が開催されていたので…

前に紀伊国屋で買った句集を抱えて

いそいそと、でも先生はいらっしゃるのかしらん??

という不安も抱えて(^^ゞ

でも・・・御目文字叶いましたぁ~~heart04

持参した「鏡騒」の扉のページに

私の好きな句を書いてくださって

落款も・・・\(^o^)/

家宝がひとつ出来ちゃったnote

ギャラリーで販売されてらした「夜さり」という

これは最初から扉にお句の書かれている句集を

売って戴き、これも家宝にshine

帰りには図々しく「先生 握手して頂いていいですか?」って

お願いして、握手して戴いたのでしたup

外はとっても寒かったけれど、心はぽかぽか。

いいお日和なのでしたよん(^^)v

いつかまた、お目にかかれるといいなぁーーsign03

という、大寒の日の素敵な出来事をご報告して

今夜はおやすみなさいsleepy

                 

                  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒晴やいまもひりひり痛む胸

Photo                

                         

 火の色をしたる阪神震災忌  なを

                                                            

季語は「阪神震災忌」 

16年前のあの日・・・

朝起きて、テレビに映し出されている大惨事。

地獄の蓋が開いてしまったかのような。

生まれて初めて、ボランティアに行こうと思った。

家も仕事もみんな放り出して、、、

結局は出来なかったけれど。

                                               

オリックスが神戸を励まそうと頑張って

神戸に励まされて頑張った・・・

そして初優勝をもたらしてっていう

ドキュメント番組を見て、久しぶりに泣いた。

16年経っていても、心身の傷がまだ続いている方も

沢山いらっしゃることだろう。

亡くなられた6千人以上の方々のご冥福を祈り

そして今尚 痛みを抱えていらっしゃる方へは

少しでも早く、その痛みが軽くなられることを

祈るしか出来ない。

柄にもなく、そんなことを静かに思った一日でした。

神戸 頑張ってはるやんsign03

わたしも頑張らなあかんね。

そのためにも早く寝なくちゃ!

おやすみなさい。

                                    

※写真は先日行った荻窪の角川源義庭園の梅。

 もうしっかりと咲きはじめて春を待っているかのようでした。

                                                      

                    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

覆面をしてみたくなる小正月

Photo_2             

 

                          

                             

                                                                             

 ほとほとやわたくしまるでサザエさん  なを

                                                                        

季語は「ほとほと」 正月14日か15日の夜、蓑笠を着たり

頭巾で顔を覆ったりして、家々の門口を訪れ、唱えごとを言い

戸を叩いて物を乞う風習。ことこと・かせどり。(歳時記より)

今日は大恥を告白いたします!(^^)!

仕事に遅刻しそうになって、大慌てで飛び出してきて

お昼頃までは普通に仕事をこなしていて・・・

ちょっと暇になって、ふと足元を見たらeye

ななな なんと ブーツの右と左の色が違うsign03sign03

朝からずっと、気付かずにいたのだわん(>_<)

もう 大大大ショックshock

まるで漫画のサザエさんみたいやんって

ひとりツッコミ入れて、慌てて仕事場用のブーツに。

帰りはまた仕方なく、色違いブーツを履いてトボトボ。

なるべく暗い道を選んで帰ったのは言うまでもありません。

新年早々、やっちゃいましたsweat01

今年最初のドジ始め。やれやれ トホホでございますw~

あと11ヶ月半、どんだけドジやることやら、、、

今年はお正月に書き初めはしなかってけど

今日、恥の掻き初めをしちゃった(笑)

ま いいか・・・誰にも迷惑はかけてないし

笑いの種を差し上げるのも、暗い世相にいいじゃん!

なーんて開き直ってしまうことにしました。

でもねぇ~~

全く なにやってんだか…なのでございます。

明日からは、注意してブーツを履かなくては!!!

と、大恥をご披露して、今夜はおやすみなさいsleepy

悪い夢、見なきゃいいけど ねっ(^^ゞ

                          

                                    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ホンネンモサイタサイタヨ寒ザクラ

Photo Photo_2 Photo_3                 

                                                     

 〆切に間に合ふ安堵冬櫻  なを

                                                            

季語は「冬櫻」 冬に咲く桜のこと。

少し前から、お忙しい主宰の代わりに、僭越ながら

『俳壇抄』という、全国の結社誌の紹介をする本の担当しています。

年に2回の発刊なのですが、その〆切にいつもギリギリで投稿。

今年も明日〆切のものを、今日 速達で投函してホッnote

明日には到着予定です(^^)v

仲間10名の句を10句(当たり前ね…笑)と主宰句を2句。

それが上段にあって、下段には何か書かなくてはいけないの。

毎回、頭を悩ませ、無い知恵を絞って書いています。

もう、冷や汗ものsweat01

私の駄文のせいで、我が「はるもにあ」の評価が下がったら…

そんなことを考えながら、ままよ・・・と、書きなぐり、、、トホホ。

それでも、お仲間と主宰の合わせて12句が素敵だから

きっと大丈夫sign01 って、高を括っておりまする<(_ _)>

去年は個人的にいささかキツイ年でしたが

例年通り暮に冬櫻を戴き、それが今 満開cherryblossom

もしかしたら、今年はいい年になるかもしれない…

なーーんて、甘ちゃんのワタクシは楽観しています。

一昨日は、私の担当している町内会の冬のイベント

「お正月遊びと餅つき大会」が無事に終了。

こちらも安堵の材料です♪♪

Dscf1153                       

                     

 何事もなきを寿ぐ冬祭  なを

                                                   

                                                                                                                                                          

季語は「冬祭」  読んで字のごとし…です(^-^)

写真は子どもたちの揚げていた凧。

風もないのに、高く揚がっていましたscissors

餅つきの写真は、お顔が出てしまうと困るので割愛。

この大会当日だけは、日本晴れの温かな一日で

雨女じゃなくて、よかったわん(^^ゞ と呟いてました。

そして一人の怪我人も出さずに済みました。やれやれ…

そんなこんなな毎日・・・

今年一年もこうしてなんとか無事に乗り切りたいな~

今日は鏡開きの日でしたが、小豆を煮る気力も体力も

イマイチなかったので、明日に持ち越し。

一日遅れても、誰にも文句は言われないから、ま いいか(笑)

私の座右の銘は、やっぱり ケ・セラ・セラ かしらんsign02

とりあえず、結果オーライで生きてまいります。

人生 成るようにしか成らないのだから

なるべく美味しいとこだけ戴いて ねっribbon

春の来ない冬はない!!

桜も咲いたことだし、皆さま ご一緒に景気よくまいりませうup

てなところで、今宵はおやすみなさいsleepy

                        

                               

| | コメント (2) | トラックバック (0)

歓声のあがる庭園三日かな

Dscf1116_2           

                 

          

 生後まだ七ヶ月の眼長元坊  なを

                           

                      

                             

季語は「長元坊」 「鷹」の傍題です。冬の季語。

ちょっと時間が経ってしまいましたが

お正月の3日に例年のごとく

浜離宮庭園で開催される『鷹狩』に吟行。

出がけにバタバタして、着いたのが遅くて

物凄い人がすでにいらしていて・・・

結局 なんにも見られないままでした。

ただ、すべての演目?が終わってから

鷹さんたちに逢えたので、写真撮らせて頂けました♪

「長元坊」は小さく、しかもまだ生後7カ月ということで

つぶらな瞳がとても印象的でしたよん(^^)

                                                      

Dscf1106 Dscf1113 Dscf1128                

                                                   

 キイと鳴く鷹の背中を見てをりぬ  なを

                                                                    

季語は「鷹」  はい。そのまんまです♪

庭園の中で、人が少ない処を探したら

結局は関係者の方々の車の後でした。

で、そこに待機している鷹たちのキイキイという声

そして、鷹匠の手の上で、こちらに背を向けている鷹

そんなものしか拝見出来なくて詠んだものです(^^ゞ

来年は何が何でも早く出かけて、良い席をゲットしようsign03

と、誓ったのであります(キッパリ)

午後の部が始まるまでの間、庭園の中のテントで

寒さに震えながら句会をしてまいりました。

座ったら句会!ってのは今年も変わらない…みたい(笑)

お腹ぺこぺこで、寒さに震えながら入った食事処で

温かさに感動しながら、二次句会。ふぅ~~

あと45分で閉店しますっていうお店だったので

大急ぎで食べながら、句作して、清記、選句。

何を食べたのかも分からない位でしたけど…ねhappy02

大した句は作れなかったけれど、初句会を一応クリア♪

今年も俳句三昧の生活が始まりました。

いらしてくださった皆さま、相変わりませず

ワタクシの駄句にお付き合いよろしく<(_ _)>です。

以上、鷹狩吟行の一端にお付き合い戴いたところで

今夜はおやすみなさいsleepy

                                 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貫くは羊羹がよし去年今年

21_015                 

                                                              

 佳き夢を麒麟にもらふ去年今年  なを

                                                                  

季語は「去年今年」 「こぞことし」と読みます。新年の季語。

                         

みなさま

あけましておめでとうございます heart04

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

去年はプライベートなことで、いささか哀しい年でした。

今年こそ、明るく元気に過ごしていきたいと思っています。

みなさまにも、素敵なことが沢山 訪れますように(^^)v

                                             

何故だか、大晦日の夜から羊羹が無性に食べたくて…

買いにいく時間もなく、お店も開いてないでしょうし

コンビニのじゃない本物の羊羹が欲しいsign03…で

タイトルの句になりました(笑)

虚子先生、申し訳ございません<(_ _)>

なんて、埒もない独り言を今年も呟いてまいります(あは)

お暇な時間おありのときにお付き合いくださいませ。

                                                             

今から年賀状作りです。今頃かいな!!ですよね(>_<)

今日下さった方、申し訳ございません。

いつお届け出来るのか分かりませんが

近いうちに…ということで、お赦しくださいね。

明日の2日はお墓参り、3日には初句会。

今年もまた、バタバタの毎日が続くみたいcoldsweats01

頑張ろうっとup

                              

                              

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »