« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

大晦日なんちやあないと呟いて

Photo                

                   

 冬満月悪しき記憶は獏に遣る  なを

                                                                 

季語は「冬満月」 こんな季語は歳時記に載っていないけれど(笑)

でも、冬にも満月はあるのですもん(^^ゞ

いいことにしておいてくださいませね♪

今年一年、ワタクシの生存確認のため部屋を覗いて下さった方

暇つぶしに、ふらっといらして下さった方

たまたま何かの言葉にヒットしていらっしゃった通りすがりの方

すべての方に・・・

おいで頂いてありがとうございました<(_ _)>

と、申し上げます。

何年やっても、ちっとも上達しない、ヘボな俳人?でございますが

これからも、ぼちぼち続けてまいりますので

今後ともよろしくお願い申し上げます。

一年間、皆さまにも色んな出来事があり

楽しかったり、辛かったり…だと存じますが

新しい年がよりよい素敵な一年でありますよう

お祈りいたします。

寒いけれど、冬至が過ぎたから

畳の一目づつ日差しが増えていきます。

明るくなることは、ええことやsun

だから~~

頑張ろうねsign03  みんなheart04

よいお年を!!!!!

                     

                           

| | コメント (4) | トラックバック (0)

けふだけは夢を見ませう聖樹の灯

Photo_2              

             

  

                                                                                                                                                      

 ありつたけの愛かきあつめクリスマス  なを

                                                                        

季語は「クリスマス」  はい♪

部屋にいらしてくださった皆さま ありがとうございますheart04

今日はクリスマス・イヴxmas

皆さまの処にサンタさんが、素敵なプレゼントpresent

持ってきてくださいますようにnote

楽しいクリスマスを過ごされますようにbirthday

  みなさまに・・・

 めりー・くりすますheart01

                          

           

| | コメント (4) | トラックバック (0)

冬至湯や片付けられぬをんなどち

Dscf1079          

                

 クリスマス足の踏み場もないままに  なを

                                                                 

季語は「クリスマス」 どなたでもお分かりですよね(^^ゞ

今年は地デジ対応テレビを買ったせいで、母の部屋の整理ダンスと

下の部屋のチェストをチェンジして模様替え。

そのせいで、下の部屋は中身を入れ替えてない洋服で

溢れかえっています(>_<)

母の部屋もイマイチ片付いていないし、私の部屋もテレビが

大きくなった関係で、置けなくなったものが、今までの本の間に

割り込んで、にっちもさっちも行かなくなっています。

只今、家中が滅茶苦茶down

これから年末に向けて、やらなければいけないこと山積みなのに

もう どうにも手が付けられず、ウンザリしているのでして・・・

そんなこんな な時期に私ときたら、椅子の手摺で胸を打って

痛みに泣いておりまする。

もう やんなっちゃうweep

サンタさんにも来てほしいけれど、もしかしたら

スーパーウーマンの家政婦さんでも現れて

魔法の杖で、我が家を片づけてくれないかしらん。

ま、そんなことはあり得ない訳で

ボチボチ 片づけていくしかないようです。

やれやれ トホホがしばらく続くのかな。

来年こそ、色んなもの捨てて出直そうsign03

と、固く決意したのでございます。

出来るかな(笑)

皆さまは、どうやって片づけとかなさっているのですか?

コネタマに「片づけ」についてのものがありましたので

参加いたしました。

夜中に出てきて片付けものしてくれる小人さんとか

いてくれるといいってお思いになりませんか?

                                     

※写真は先日、銀座mikimoto前で撮ったものです。

                                    

ブログネタ: 片付けするの、得意? 苦手?参加数拍手

| | コメント (4) | トラックバック (0)

着膨れて電車のろのろ進みたる

Dscf1033 Dscf1044 Dscf1047 Dscf1049

Dscf1038 Dscf1039 Dscf1040 Dscf1052             

                                                                

 赦されてゐる気のしたる冬日向  なを

                                                                  

季語は「冬日向」  「ふゆひなた」と読んでください。

先だっての、市川中山法華寺吟行。

9時39分に電車に乗らなくてはならなかったのに…

目覚めたのが なんと 9時9分sign03

ギャーーーcoldsweats02

頭はボーーーッとしてたけれど、とりあえず電話telephone

完璧に遅刻します。 ごめんなさい<(_ _)>

おろおろと準備して、仲間の元へGOrun

ギリギリ 合流出来て、みんなが2時間かけた処を

たったの10分で、ざざっと見学eye

吟行句としては最低だったけれど

句会に参加出来たので、まっ いいか(^^ゞ

久しぶりに参加されたお友達とも会えたし

みんなの素敵な句も拝見出来たし

終わりよければ すべてよし~~であります(笑)

んーん ちょっと自分に甘過ぎかしらん??

そんなこんな いい加減な奴です。

そんな私を赦してくれている仲間に感謝して

次は遅れないゾsign01

と、誓うのでありました。

お恥ずかしい吟行話でございます(エヘヘ)

次はもう少しまともなお話いたしますね(キッパリ)

今夜はこの辺で、おやすみなさいsleepy

                      

                                                                                        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はや師走旅のまとめは手短に

Dscf0980 Dscf0978 Dscf0988 Dscf0993

Dscf0997 Dscf0998 Dscf1001 Dscf1003               

                                                  

 冬うらら十三分の船の旅  なを

                                                 

季語は「冬うらら」  「冬晴」の傍題。

源氏修学旅行の最終日、私たちは淡路島へship

明石駅近くの船着き場から船に乗ること13分…

あっという間に着いた淡路島はコスモス満開で

またもや季節感ごちゃごちゃに(笑)

のんびりと島の観光もせず、近場を少しだけ歩き

かの有名な玉ねぎスープだけ買いこんで

帰途の船に乗りました。

行きも帰りも、船から眺める明石大橋が綺麗で

潮の香りを充分に吸いこんだから

ほんのちょっとの船旅に大満足したのでした♪

それからそれから

Dscf1016 Dscf1011 Dscf1013 Dscf1021          

                                                

 念願の十一月の玉子焼  なを

                                            

季語は「十一月」  旅は11月でしたから(あは)

結局、私の唯一の楽しみは「玉子焼」=「明石焼」

でしたので、一番美味しいと評判のお店へ

その玉子焼を頂きにまいりました(^^)v

なんとなく、10個を想定していたのに…

出されたのは15個sign03 およよ!!

んーん 多すぎるぅ~ だったのですが

今度いつ来られるのか分からないから

必死で完食scissors

ごちそうさまでした<(_ _)>

外に出ると、長い行列が出来てました。

私たちはすんなり入れて超ラッキー(^^)

だったのねup

魚の棚と呼ばれる市場で、ぎょうさんの買い物。

お魚さんは全員生きてはるし、なんでも美味しそー!

テレビで何度も紹介されたというお店で

蛸のやわらか煮やらなんやら買って

ほくほくとホテルに戻り、帰りの支度。

ゆっくりと「ひかり」で帰るという仲間より一足早く

母の待つ東京へ、私は「のぞみ」で帰ることに・・・

Dscf1030_2              

                                                                                 

 富士山も眠りに入るとこやろか  なを

                                                           

季語は一応「山眠る」

山の季語は四つあって、、、

春は「山笑ふ」 夏が「山滴る」 秋「山粧ふ」

そして冬が「山眠る」

まだほんの少ししか冠雪のない富士山なので

寝入りばな…なのかしらん??

なーんて思いながら、新幹線から眺めたのでした。

ショートステイ先から午後の早い時間に帰宅した母に

笑顔で迎えられ、ホッとして旅の荷を解き…

私の年に一度の修学旅行も無事終了。

お疲れさまでした。あたし。  かな(^^ゞ

短かったけれど、盛りだくさんのご報告も

これで お終い。

お付き合いくださった皆さまnote

ありがとうございましたm(__)m

当分 旅行なんて出来ないから

吟行のお話なんかいたしますね。

乞う ご期待eye

って誰も期待してらっしゃらないわね(笑)

ではでは~ まずは、おやすみなさいsleepy

                        

                            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読める句碑読めない句碑や石蕗の花

Dscf0856 Dscf0857 Dscf0861 Dscf0866          

                                                 

 冬ぬくしスタートはまづ源氏寺  なを

                                                   

季語は「冬ぬくし」 翌日20日はとても温かな朝でした。

山陽電車に乗って『現光寺』へ…

その現光寺さんが、『源氏寺』と呼ばれているのです。

光源氏の住居跡 なのですって!!eye

まるで、実在の人物みたい(笑)

そのお寺に上の写真の右ふたつ

芭蕉の句碑と、子規の句碑。

 読みさして月が出るなり須磨の巻  子規

ええなぁ~♪ 子規はん。芭蕉はんのは読めへん(>_<)

もうすぐ始まるNHKの「坂の上の雲」が楽しみ(^^)

なんてことはさておいて

Dscf0863 Dscf0868         

 色変へぬ松や源氏の見しといふ  なを

                                                       

季語は「色変へぬ松」  で、晩秋の季語。

他の木々は、紅葉し、落葉するのに、そのままの松を

指していいます。

光源氏がご覧あそばしたという松があったけれど

千年前と同じものではないでしょうし・・・

だんだん頭がヘンテコになって行くぅ~~

光源氏…モデルはいたでしょうけど

物語やんsign03

妙に感動している自分が可笑しい。

その後は、こちらへ…

Dscf0870 Dscf0871 Dscf0875 Dscf0879

Dscf0878 Dscf0905_2 Dscf0900 Dscf0906     

                                                 

 まだ秋の途中にをるや須磨明石  なを

                                                     

季語は「秋」です(キッパリ)

今上天皇のご成婚記念として作られた「須磨離宮公園」

源氏のモデルの一人、在原行平の月見の山として有名。

なのだけど・・・

薔薇が咲き乱れ(夏)、黄葉・紅葉(秋)、石蕗の花(冬)

とどめは、一体全体いつのものなのか 桜!

ほんわかあったかい須磨に居たら

季節なんてどうでもよくなっちゃう(笑)

その不思議な公園でお弁当を頂いてから

その日のメイン・イベントへGOrun

Dscf0935 Dscf0913 Dscf0918 Dscf0921

Dscf0923 Dscf0931 Dscf0922 Dscf0926

                                                 

 ご亭主の茶筅の捌き冬日和  なを

                                                

季語は「冬日和」

我らが先生は、明石でも源氏を教えていらして

その生徒さんのご夫婦のお宅にお邪魔しました。

奥さまが炊いてくださった黍に小豆をかけたお茶菓子。

その後に、ご主人の御手前でお抹茶を戴くという

至福の時間を過ごしてまいりました♪

しつらえも源氏らしくなさっていて

お出し戴くお抹茶茶碗のなかにも『源氏香』の物が…

至れり尽くせりのご接待に一同 胸を厚くしました。

本当にほんとうに ありがとうございました<(_ _)>

そして、クライマックスheart04

Dscf0940 Dscf0938 Dscf0953 Dscf0968     

                                                 

 冬茜水面に愛をちりばめて  なを

                                               

季語は「冬茜(ふゆあかね)」 冬の夕焼のこと。

マンションのベランダからは、すぐに海wave

海の傍で暮らしたいという私の夢を

実現されていらっしゃる おふたりに

羨望…いいないいないいなup

毎日 窓の外に海があるって

なんて素晴らしいんでせう。。。

そして、まっこと見事な夕日sun

刻々と色を変え、落ちて行く真っ赤なお日様。

 i と云う字に見えませんか?

仲良しのご夫妻にぴったりのアイの夕日。

で、こんな句を詠んでみました(^^ゞ

いつまでも、恙無く お幸せでいらしてくださいね。

その夜は、先生の明石の生徒の皆さまとの会食。

初めてお会いする方ばかりなのに

すぐに打ち解けて楽しい一晩でした。

とぉーーーっても 充実した一日なのでした。

この日のお話はここまで。

続きはまたね(^-^)

                       

| | コメント (2) | トラックバック (0)

冬の旅母に心を残しつつ

Dscf0780 Dscf0791 Dscf0787 Dscf0788        

                                                              

 冬紅葉源氏の旅のプロローグ  なを

                                                        

季語の「冬紅葉」は、もう皆さま お分かりですよね?

帰ってきてから、もう10日も経ってしまいましたが

(風邪を引き、光の工事があり 等々 バタバタ…)

例年の「源氏修学旅行」に行ってまいりました。

初日の11月19日は、俳句のお仲間とお会いする

予定があったので、仲間とは別行動。

まず神戸・三宮あたりを、ウロウロしました♪

生田神社、北野天満宮 etc.

関西の紅葉もとても美しく・・・

そして、、、

Dscf0804 Dscf0808 Dscf0809               

                                      

 そこここのサンタ・クロース異人館  なを

                                                         

季語は「サンタ・クロース」 早過ぎの季語ですね(笑)

神社の次は、異人館をさらっと見学♪

沢山の素敵なお屋敷があったけれど

やっぱり目を引いたのは、サンタ・クロースsign03

しっかりと、クリスマスxmasの準備をなさってました。

あちこち見渡すと、あらあら、あそこにもここにも

サンタ、サンタ、サンタ・・・

なんだか嬉しくなっちゃいました(^^)

その後は・・・

Dscf0835 Dscf0838 Dscf0847                 

                                        

 外つ国に逃げて行きたし冬の海  なを

                                                    

季語は「冬の海」 はい。そのまんま。

大きな船を見たりすると、遠い遠い知らない国へ

行ってしまいたくなるのです。

みなさまは、そんなことって ないですか?

そして、そして ジャジャーーンup

Dscf0825            

 鎮魂の灯し美し神無月  なを

                                         

季語は「神無月」 陰暦の十月、初冬の季語です。

神戸淡路の大震災の慰霊のために始まったという

ルミナリエ…点灯の前の準備をなさっていて

折よく、拝見出来ちゃって(^^)v

本当に綺麗で、おごそかな気分になり、、、

そっと掌を合わせていました。

ダッシュであちこち吟行?してから

関西の俳句のお仲間に会いに行きまして

とぉっても楽しい夜を過ごさせて戴きましたribbon

本番の「源氏旅」は、また明日 ねっscissors

                                         

                

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »