« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

日常をひよいと飛び越え夏休み

044 020 029 035                      

                                                                            

 せせらぎの音に添ひ寝する鮎の宿  なを

                                                                          

季語は「鮎の宿」 「鮎」の傍題です。

先週の週末、お誘い戴いた、『鮎さま』とお呼びしている方の

別荘にお邪魔してきましたnote

鮎が大大大好きで、日本一の鮎の釣れる川の近くに

お家を建ててしまわれた、すこぶる付きの方です(^-^)

で、モチロン お料理は鮎づくしsign03

天然の鮎のなんと美味しいこと!!!

お野菜もご自分で作ってらして、そのコラボが最高なの。

で、各自 持ち寄ったお酒を飲みながらワイワイと夜中まで。

004_3                

晩涼の会話に遠慮なかりけり  なを

                                                                

季語は「晩涼」 「ばんりょう」とお読みくださいね。

「涼し」の傍題。

テラスで線香花火をしたり、大好きな橋まで真夜中の散歩したり…

012                    

月涼し大の字になる橋の上  なを

                                                             

季語は「月涼し」 これは「夏の月」の傍題。

我々だけで占拠したと思っていたら、若い男性2人が突然現れ

ビックリ(@_@)  あちらも、超ビックリしてらした(笑)

今夜はここまで・・・

夏風邪を引いてしまって、いささか疲れちゃったから。

続きはまた明日にでも、、、ねっwine

おやすみなさいsleepy

               

                    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まづ欲しきもののひとつに生ビール

Photo              

          

 暑き日の待合室の無言かな なを

                                                               

季語は「暑し」  傍題に「暑さ」「暑き夜」など。

昨日は半年に一度の『子宮ガン検診』でした。

診ていただく先生が日本の婦人科医の十人に選ばれているので

患者さんは日本中からいらっしゃいます。

よって、予約は3カ月前にしなくてはいけないし

予約時間に診ていただくなんて、問題外sign03

時間前に行って、2時間以上待って、ようやく検診。

でも、とりあえず問題なし…とのことで

一安心して帰ってきました。

次は来年の1月。10月1日に予約しなくっちゃ!!!

それにしても、他の科と違って、待合室の静かなこと…

人それぞれ、事情が違うでしょうから

知らない方に話しかけたりなんかしない。

私はひたすら眠っておりました(^^ゞ

                                                       

そして、本日は【大暑】

一年で一番 暑い日sun

みなさまに…

                                      

 暑中お見舞い申し上げますsign01

                                           

熱中症などに、くれぐれもお気をつけられて

お元気で、この暑さを乗り切ってくださいますように<(_ _)>

                                   

写真は戴きもの。昭子さま ありがとうございますnote

                                                                           

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三伏の北陸すこし齧りけり

2010_0706_004537dscf7155 2010_0706_010417dscf7165 2010_0706_004729dscf7156 2010_0706_005157dscf7162

2010_0706_012143dscf7176 2010_0706_010538dscf7167 2010_0706_013313dscf7181 2010_0706_013611dscf7182             

                                                                      

 初めての世界遺産や夏休み  なを

                                                                  

季語は「夏休み」  世間の皆さまより少し早い夏休み♪

生まれて初めて『世界遺産』に出逢いました。

【白川郷】  冬に行ったら素敵なのでしょうねぇ~

でも、昔の風情がしっかり残されていて素晴らしい処でした。

前日の「兼六園」に続いて、母の足がいまいちでしたので

「白川郷」でも、車椅子を拝借しての見学。

2日続けて乗るので、母も大分 車椅子に慣れて、、、

だけど、私はそう簡単には慣れない(>_<)

兼六園の玉砂利にも、白川郷の小石混じりの道にも

悪戦苦闘・・・でもね(^^)

世の中には親切な方が、沢山いらっしゃるって発見sign03

皆さま、坂道を登れない我々を手伝ってくださって

平らな道に出るまで、押してくださいました。

お名前も伺わず、ただただ頭を下げるだけでしたが

本当に涙が出るくらい有難かったです。

この場をお借りして(と云っても、ご覧になってませんよね?)

心からの御礼を申し上げます<(_ _)>

…情けは人の為ならず…

私もこれからは、もっと親切な人間になろうと

しっかり胸に刻みました。

写真の最初は、お家の骨格。

あとは、白川郷が一遍に見られる公園のなかのお家たち。

火の見櫓、水車小屋なんかもありました♪

帰りの時間もあるので、結局はそこしか見れなかったけれど

充分に堪能できました(^^)v

『世界遺産』 熊野とかも行ってみたいけれど…

母と一緒は無理なんだろうなぁーーthink

夕方の出立で、でも その日の内には帰宅出来ました。

今回の旅はここまで。

ご覧くださった皆さま、お疲れさまでした(^^ゞ

そして、拙い句を我慢してくださって

ありがとうございました。

                                                       

ちなみに、母は今日からディサービスに通い始めました。

多少なりと、足腰のリハビリをするつもりになったようです。

もう少し、しっかりと歩けるようになるといいんだけど・・・

ま、なるようにしか なりませんよね(笑)

                                                               

そんなこんな、母とわたしの弥次喜多珍道中なのでした。

おしまいscissors

                             

                                   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

老鶯や山また山を抜けてきて

Photo Photo_2 Photo_3                     

                                                        

 サービスのワインたつぷり夏夕  なを

                                                                

季語は「夏夕」  「なつゆうべ」とお読みください。

辿りついた奥飛騨温泉のこじんまりしたホテル。

まるで民宿のように家族的で優しいご夫婦が

出迎えてくださいました♪

お夕食は昨日と打って変って、洋食restaurant

サービスの白ワインは、他にお酒は要らない程wine

たまたまなのでしょうが、客は私たちだけだったので

しっかり寛いで、お食事 堪能いたしました♪

夜は遠くから聞こえてくる川のせせらぎの音を

子守唄のように、ぐっすりと…

ちょっとひんやりしていて、東京の蒸し暑さとは別世界night

                                                                 

Photo_4 Photo_5 Photo_6 Photo_7

                                                                   

 夏暁の露天湯みつつ独り占め  なを

  

季語は「夏暁」  「なつあけ」とお読みください。

朝のお風呂、母には内湯だけ入ってもらい

急階段を下りなくてはならない露天風呂は私だけ(エヘヘ)

3つある露天湯、とっかえひっかえ何度も入っちゃったspa

雨の時にかぶる笠と番傘が面白かったのでcamera

そして、朝食のあと、ご近所を散歩してみました(^^)

                                                           

Photo_8 Photo_9 Photo_12                                

                                                  

 一日に一本のバス朝曇  なを

                                                     

季語は「朝曇(あさぐもり)」  高山行きのバス、一日に一本だけでした^^;

ここら辺の方は、車がないと生活できないのだろうなぁ~~と

しみじみ思ったのでした。うん。

で、今日はここまで・・・

おやすみなさいzzz

                

                                                                            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝涼し公園の芝濡れてゐて

2010_0704_204855dscf7102 2010_0704_211536dscf7114 2010_0704_211901dscf7117 2010_0704_211927dscf7118 2010_0704_211716dscf7115

                                                                                   

 七月の加賀百万石を駆け抜ける  なを

                                                                       

季語は「七月」  そのまんまです♪

初日の加賀のホテルの温泉で湯中りしちゃった母には待ってて貰って

私は次の日の午前中は大急ぎで、金沢城の公園と武家屋敷を見学に。

チェックアウトが12時って、すごく楽 (^^)v

『白鳥路ホテル』のフロントの方には、母が大変お世話になりました。

ここに謹んで御礼申し上げます<(_ _)>

                                                         

2010_0704_225655dscf7150                          

 梅雨晴間堂々と松松松松  なを

                                                        

季語は、お馴染み「梅雨晴間」です。

本来なら、雪吊の松が見たかったのだけど

今の母の状態では無理なので、この時期にしたのですが…

それでも、松の見事さは変わらないsign03

立派な松たちが、これでもかこれでもかって位 並んで。

圧倒されてまいりました。

一周した後は、次なる宿 「奥飛騨温泉」に向かって

一路GOcar

そんなに遠くないって聞いていたのだけれど・・・

山道を結局 2時間かかって到着。 ふぅ~

この続きは、またねnote

                                      

2010_0704_204630dscf7098_2  これは、おまけです(^^ゞ

 朝の金沢城公園に咲いていた可愛いお花ribbon

                              

                                          

| | コメント (4) | トラックバック (0)

助手席の寝息の静か額の花

2010_0704_020713dscf7071 2010_0704_161029dscf7090                       

                                        

 六時間半かけて逢ふ青田風   なを

                                                                 

季語は「青田風」  「青田」の傍題。

「植田」=田植を終えて間もないころの田、それがぐんぐんと

勢いを増して、見事に青田になっていくのです。

加賀に行ってきました。

しばらく母を何処にも連れて行ってあげてないので

彼女が行きたがっていた『兼六園』を見るために…

新幹線やら飛行機は乗換が面倒なので車で出かけました。

走ること6時間半sign03

ようやく着いた金沢・加賀・・・

街に出る前に、こんな青田道の横を走りました♪

隣はホテルの窓からの眺め。

金沢公園(金沢城のある処)の森です。

明日の『兼六園』を楽しみに、着いた日は

何処にも出かけず、ホテルでのんびり、、、

                                                      

Photo Photo_2 Photo_3               

                                                   

 青き花添へて出さるる夏料理   なを

                                                                   

季語は「夏料理」 ご説明は不要ですよね?

最初の膳には、紫陽花がちょこんと乗って、とても涼しげ(^^)

加賀名物の治部煮も蒸し物も、何もかも美味しく頂きました。

ご馳走さまでしたぁ~~scissors

金沢、、、地酒もおいしゅうございましたよんbottle

そんな風な金沢の夜でございました。

この続きは、また改めて。。。

今夜はおやすみなさいsleepy

 

                                

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »