« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

ややこしきことばかり殖え五月尽

                                                  

26_001 26_020 26_010                              

                                                                 

 昏れ残る躑躅の国の雨雫  なを

                                                           

季語は「躑躅(つつじ)」  はい。春の季語ですが・・・

先だって、『根津神社』の吟行でしたので

『根津神社』と云えば、やはり躑躅は外せない、、、

ということで。

写真は沢山 撮ったのですが

今、パソコンの調子が絶不調 (>_<)

なので、リサイズ出来たのが上の3枚だけ。トホホ。

パソコン5年説というのがあるそうで

6年目に入った私のパソコンはそろそろ買い換えなきゃ!

ということのようです。やれやれ・・・down

とりあえず、書けるうちに一句だけ~(^^ゞ

 百本まで数ふる鳥居若葉冷  なを

季語は「若葉冷」  今の時期の寒さをいいます。

ずらーーーっと並んだ鳥居、全部で156本だったのだとか。

私は100本数えてやめちゃった(笑)

明日までは寒さが残るのですって!

早く身軽な服装で歩き廻りたいなぁーーheart04

こんなに冷えると風邪ひきそうなんですもんbearing

皆さまも、どうぞ ご自愛くださいませねsign03

今度はいつ更新できるのかな?

次は新しいパソコンから~になるかもです。

また遊びにいらしてくださいませね。

よろしくお願いいたします<(_ _)>

                               

                             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくらんぼ鬼は笑つてゐるかしら

                                                   

Photo_2 Photo_3 Photo_4                             

                                                                  

 初夏のハートのかたち銀の匙  なを

                                                                  

季語は「初夏」 「はつなつ」とお読みくださいね。

順序が逆になってしまったけれど…

先日の「あしかがフラワーパーク」の方が後でした。

                                                                 

私が隅っこに置いて戴いている『はるもにあ』句会が

来年の立春(つまり2月ね)で、五周年になります。

そのお祝いに記念句会を…ということで

いつも句会をしている京橋プラザのお隣のレストランが

会場に決まりました。

で、その会場の下見をしてから(会場は7階)

2階にあるティールームで

軽いランチを頂いた時の写真です♪

私は玉ねぎのスフレ、お友達はキッシュのプレート。

とっても嬉しかったのは、スプーンの形 (^_^)

なんとなんと、ハートの形をしていたのぉ~heart01

外からの光に溢れた、優しい雰囲気の、でも

シンプルなお店は、すっかりお気に入りにnote

その日は夜も句会があるので、ゆっくり出来なかったけど

今度 時間のある時に、のんびりとお茶したいな。

お店の名前 忘れちゃって、ごめんなさい<(_ _)>

またいつか、ご紹介しますね (^^ゞ

来年の記念句会&パーティbell

何を着ていこうか、今からそわそわしている

気の早いワタクシでございます(笑)

やっぱり着物がいいかしらん???

                               

                                    

| | コメント (6) | トラックバック (0)

風薫る紫色のアイシャドー

                                        

007 015 014 038               

                         

 藤色の甘き夢盛るあいすくりん  なを

                                                           

季語は「あいすくりん」  「アイスクリーム」のこと♪

この言葉をお遣いの俳友の方から、勝手に拝借<(_ _)>

本当はアイスクリームでなく、「藤のソフトクリーム」だったのだけど

字数が合わなくて、替えちゃった(笑)

                                                               

先日 『あしかがフラワーパーク』 に行ってきました(^_^)

早くUPしたかったのですけど、PCの調子悪くて…

しばらく書き込み出来ませんでしたthink

ごめんなさい m(__)m

少しだけ盛りを過ぎていたけれど

やはり、日本一 いえ 世界一の藤のシャワーは最高sign03

目にご馳走してきたかな♪ って感じ。

一番右の白藤の滝も、とっても素敵でした!

藤 藤 藤の艶やかさのほかにも・・・

006 009 012                   

                                             

 十二色では足りぬ鉛筆夏兆す  なを

                                                            

季語は「夏兆す」 「夏めく」の傍題。ちなみに「兆す」は「きざす」

色とりどりの、色んな種類のお花の数々・・・

とてもとても、12色の色鉛筆では描ききれない、、、かな♪

行きも帰りも、藤見物のお客さまたちの車の列に閉口しましたが

やっぱり 行ってよかったぁ~~up

何でも、見られるうちに見ておかなくちゃsign03

明日 何が起こるか分からないんですもん(キッパリ)

と、自転車にまたもやぶつけられて痛い思いをしながら

これ書いてます(笑)

車じゃなくて、よかった! なのでありまする。

皆さまも どうぞ ご無事で沢山の素敵をご覧くださいねっnote

                                                     

それはさておき、、、って 何のこっちゃ?

パソコンが6年目に入りました。

買い替え 真剣に考えなくちゃかしらんconfident

あーーーあ。TVも買わなきゃだし、悩んでますw~

                      

                          

| | コメント (2) | トラックバック (0)

はつなつの植物園のものがたり

                                     

019                                          

 新樹光ベンチに坐る老夫婦  なを

                                                    

季語は「新樹」  「新樹光」はその「新樹」から差し込む光ね♪

『小石川植物園』のなかに、こんな風に素敵な小さな林がありました。

そう、「ハンカチの木の花」の植物園の続きのお話。

その林の中のベンチに 静かに腰掛けていらっしゃる

ご年配のご夫婦がいらっしゃって、、、

ああ~ いいなぁ~ って思いました。

きっと、若いうちはいろんな事あったのでしょうけど

今はきっと落ち着かれて、ふたりの時間を楽しんで・・・

わたしも歳取ったときに、ベンチに並んで腰掛けてくださる方

欲しーーーいheart04

頑張って探さないと、「独りぼっちでベンチに坐る婆」に

なっちゃいそう(笑)

ま、なるようにしか ならないけど、、、ねっclover

はてさて、これから何が待っているのかな??

何事も楽しんで生きて行くことにいたします。はい。

                                  

                                         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏来る希望てふ字を道連れに

027 032 030                                    

                                                                  

 ハンカチの木の花に逢ふ為の服  なを

                                                                      

季語は「ハンカチの木の花」です。 長いけど♪

5月1日 まだ暦の上では春だったけれど

初夏のように、暑いくらいの日に逢いに行ってきました。

『小石川植物園』の、「ハンカチの木の花」にsign01

吟行句会でしたけど、本音は句会よりも そちらが主。

句会のお仲間の皆さま ごめんなさい<(_ _)>

私の拙い写真でお分かりいただけるでしょうか?

お花に見える白いところは、萼ですって!

その中の赤い部分が、実は花。

でも、風にそよいで白の部分がひらひらしていると

まるで手を振って、招いてくれているような…

そんな感動がありました。

藤も躑躅も 他の沢山のお花もみーんな美しかったけれど

その日は、本命さんの「ハンカチの木の花」に出逢えて

大大大感激してまいりましたのですよん(^^)v

一年中逢える薔薇や菊等と違って(勿論 薔薇も菊も好きです!)

今しか出逢えないお花を詠んでいけたらいいなって

そんな風に思っています。

感動を句にするのは、とっても難しいけれど

試験を受けている訳じゃないから、気侭に自由に…

それでいいことにしちゃいます(笑)

駄句をご覧になって、ガッカリなさった方には

ごめんなさいm(__)m て、申し上げておきますね。

さぁ今度は なんのお花に逢えるかな?

とっても楽しみですheart04

                                 

                                        

| | コメント (2) | トラックバック (0)

聖五月愛をどつさり詠いませう

Photo                                                

  アブラカダブラ

    鈴蘭の日の呪文  なを

                                                 

季語は「鈴蘭」ということに…しておいてくださいね♪

5月5日が立夏ですが、ひと足早く 夏の季語です。

『鈴蘭の日』というのは、5月1日に鈴蘭を贈ると

相手が幸せになるという習慣がある、ということで

詠んでみました(^_^)

ここを訪ねてくださった皆さまが

ますます お幸せであられますように present

心から、お祈り申し上げます。

でも、これって何処の国の習慣だったかしらん(笑)

                                     

                                   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »