« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

不覚にも伝ふ泪や二月尽

039_2                                       

 追いかけてきてね菜の花畑まで  なを

                                                                            

季語は「菜の花」です。

今日、ランチタイムに喫茶店で、藤原新也氏の本を拝読。

『コスモスの影にはいつも誰かが隠れている』

表題の『コスモス・・・』を読んでいて

ふと泪が頬を伝っていました。

夫を亡くして、もう一生分泣いたから

もう泣かない女になったのよsign03

なんて、強がって言い張っていたのに  ねっ(笑)

まだ読んでいらっしゃらない方もおありでしょうから

詳しいお話ははしょりますが…

コスモスの群生地のことが語られます。

サリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』を思い出したり、、、

私は子どもの頃、父の古里で菜の花畑の中で遊びました。

かくれんぼなんかも、よくしたっけ・・・

そんなことも脳裏をかすめて、詠んでみたのが揚句。

あたしは菜の花のなかにいるわnote

誰か探しに来てちょうだい!

攫いにきてちょうだい!

んーん そんな感じ (^^ゞ

ま、そんな物好きな方 いらっしゃらないでせうねぇ~^_^;

お粗末さまでした。あは♪

                                  

                                      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木蓮の蕾のすこし膨らんで

Photo Photo_4 Photo_5                    

                                                           

 ふはふはと窓辺に春の並びたる  なを

                                                             

季語は、もちろん「春」ribbon

一昨日の句会場は、スペイン料理のお店 (^_^)

窓辺には、小さな花瓶に春のお花がたくさん並んで…

お外はまだ寒かったけれど

気持ちはすっかり 春ぬくし♪

成績なんて よくなくたって とっても楽しかった(キッパリ)

あは、ちょっと負け惜しみ (^^

でもね・・・

久しぶりにお会いした皆さまの笑顔で充分しあわせheart04

句会はやっぱり 大好きです。

さぁ~ 次の句会は明日 (^^)v

楽しみ 愉しみup

みなさまの楽しみって なーに??

                             

                                

| | コメント (2) | トラックバック (0)

積りたる白しろシロの名残り雪

002                                          

 春の雪音なき朝となりにけり  なを

                                     

季語はもちろん「春の雪」

朝 目覚めて 窓を開けたら  なんと  雪snowsnowsnow

美しいけれど、これから仕事に行かなくちゃ、、、なのに。

電車がどうなっちゃうか分からないから 早く出なくちゃsign03

世界が白くなってるなかで、TVからスノーボード中継。

あああ 春なんだけど まだ冬を引きずってるのね。

さぁ~ 気合入れて 行ってまいりまーーす(^_^)v

皆さまも転倒などに、ご用心あそばせねrun

                               

                                     

| | コメント (2) | トラックバック (0)

料峭や熟寝のなかにベルの音

001                                              

 春の雪句会は楽しさりながら  なを

                                               

季語は「春の雪」  これもご説明は不要ですね?

昨日は2ヶ月に一度という句会に参加させていただきました。

成績??

んーん まぁ なんとなく ボチボチ(笑)

で~~

句会は楽しかったのだけど、夜の句会は帰りが・・・

電車に乗り込んで、即 眠ってしまったみたいで。

気が付いたら、5つ先の駅でした^_^;

美味しいもの どっさり お酒も あり の句会でしたから

お腹が一杯で、いささか酔っ払って、、、でした(あは)

んーん、終点まで行かなくてよかったぁ~

春の雪が降っていたし、、、

帰りの電車がなかったら、駅で夜明かし・・

なーんてことになってたかも bearing

無事に帰宅できて、まずは

めでたし めでたし なのでござりました♪

皆さまはいかが?

眠っちゃって、乗り過ごし…なんて

ワタクシみたいな、おバカさんな経験ございますか??

              

写真は句会にお持ちした、ちょっと遅めのバレンタインチョコ。

箱が可愛いのよんribbon

                            

                                                              

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコレート売場の喧騒春初め

002                                      

 ご褒美のショコラひと粒

         ゔぁれんたいん  なを

                                                                           

季語は「ゔぁれんたいん」 です♪

本当は「ヴァレンタインの日」というのが正解みたいだけど…

少し遅くなってしまいましたが

みなさまに・・・

ハッピー・ヴァレンタインheart04

右側の黄色い箱をクリックしていただくと

なにか現れますので、やってみてね(^^ゞ

いらしてくださった みなみなさまの

お幸せをお祈りいたしますpresent ribbon

早く温かくなるといいですねnote

                     

                             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早春の鎌倉ビールを酌むランチ

001                                         

 日うらうら江ノ電でゆく小旅行  なを

                                                              

季語は「日うらうら」  「麗(うらら)か」の傍題です。

あらゆるものが明るく柔らかく玲瓏として美しいさま。(歳時記より)

春の陽に誘われて、鎌倉から江ノ電に乗って

ちいさな旅をしてきました。

017 013 020

                                                     

 初桜お地蔵さまに手をあはせ  なを

                                                           

季語は「初桜」  その年、初めて咲く桜のこと。

河津桜なのでしょうけど、咲いていました。 サクラcherryblossom

長谷寺のお庭には、可愛いお地蔵さまがいらして

思わずにっこりと手を合わせていました。

029                                              

 風光るフリルのやうに寄する波  なを

                                                            

季語は「風光る」  春光を吹き渡る風が光るように感じられるさま。

由比ガ浜の波打ち際まで降りて行って、波と追いかけっこ♪

081 109 103 105

                                                                   

 永き日のライトアップてふ魔法  なを

                                                                 

季語は「永き日」  「日永」の傍題。

暦の上で最も日の長いのは夏至前後だが

春は冬の短日のあとなので、日永の思いが強い。

のですって…

江ノ島の灯台に登って、沈む夕日を見た後

降りてきたら、まるで光のシャワーのように

塔も、お庭も みんなみんな キラキラとannoy

明るい内はなんだかよく分からなかった

ミラーボールみたいなのも、ピカピカとnote

下りの階段をせっせと降りて、参道にたどり着いたら

みんな店じまいしてました。

そんなに遅い時間でもないのに、江ノ島の方々は

品行方正??に お仕事なさるのねぇ~eye

お蔭でお土産も買い損ねて、、、

で、ワタクシもとっとと帰宅したのでしたdash

そんなこんなが、小さな旅の顛末。

お近くにお住まいのみなさま!

夜の光のシャワーは感激もんですよん。

是非 一度 ご体験くださいませ(^_^)

って、宣伝料 戴いてる訳じゃないのだけれど(笑)

                                      

                                     

| | コメント (6) | トラックバック (0)

料峭やアンチエイジングてふ呪文

Photo                                       

                                            

 歌ひ手の直立不動春寒し  なを

                                                     

                                                              

季語は「春寒し」  もう言わずもがな…ですよね ^_^;

用事があって、電車で隣の駅まで行ったら

駅前で、アコーディオンとベースの伴奏で

昭和のかつてのオジサン歌手みたいに

直立不動で唄っている方がいらっしゃいました。

何の歌だか、どなたの歌だかも分からなかったけれど

そのレトロ感に、たくさんの人が立ち止まって

耳を傾けていました。

なんとなく、春の寒さに相応しいような

そんな気がして、、、

覚書のように、一句にしてみました。

一体 彼らは何を目指しているのかしらん???

                                                                    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝の春なにかいいことありさうな

Photo_2                           

 迷ひつつ買ふ紅二本春立つ日  なを

                                                             

                                                                       

季語は「春立つ日」  つまりは「立春」のこと。

もう昨日になってしまいましたが、暦の上では

「春」になりました (^_^)

一昨日の節分に豆撒きをして、恵方巻をいただき…

そして  はーーーる が きーーーた~~note

何か春らしいことしたくて、口紅を買いに行きました。

で、次々に お試しさせていただき、、、

5本のなかから、2本をゲットsign03

どちらも 大好きなピンク系なのだけど キレイなのkissmark

さーて、この口紅つけて、何処に行こうかな?

んーん でもでも まだまだ寒いのですよねぇー^_^;

古い歌の、みぃちゃん(でしたっけ??)みたいに

おんもに出たいと待っているw~ かな(笑)

んなこと ウダウダ云ってないで

しゃっきりと お仕事お仕事 しなくっちゃsign01

                            

※写真は戴きもの。田さま ありがとうございます<(_ _)>

                                     

                                      

| | コメント (1) | トラックバック (0)

歌詞のごと雪へとかはる寒の雨

010 003

                                                

 初雪や境界線のあちら側  なを

                                                                

季語は「初雪」 その冬初めて降る雪 snow

初雪の観測は前にもあったようですが

積もるのは初めてだから、初雪とします(キッパリ)

『夜になって…雪』 なんて出だしのドラマもありましたね。

確か、「夢千代日記」だったかな??

雪は空からのお迎えのようにも見えて、、、

だから、あちらの世界はどうなっているのかしらん?

なーんて 埒も無いこと考えたりいたしまして (^^ゞ

見ている分には、とてもとても美しい雪heart04

だけど、明日の朝がちと心配 ^_^;

電車はちゃんと動くのかしらんsign02

皆さまの処でも、雪 降ってますか?

大雪の地方の皆さまにはお見舞申し上げます。

でもね、ワタクシにとっては、この冬最初の雪♪

ちょっとだけ、楽しませてくださいね。

ごめんなさい <(_ _)>

                                    

                                    

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »