« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

赤門に礼して入る帰り花

004 010 013

                                     

                                       

                                 

                                   

                                 

 落葉踏む三四郎池への小道  なを

                                                                         

季語は「落葉」  ご説明は不要ですよね?

小雨降る水曜日 東京大学の三四郎池の吟行でした。

日ごろの心がけがいいせいか(笑)

着く頃には すっかり上り

ゆっくりと青空が広がっていきました♪

はじめ少し濁っていた池の水も

いつしか透き通っていき・・・

水面にうつる冬紅葉が、それはそれは見事でした。

三四郎池に下りて行く石段が濡れていて

転がり落ちそうになるのは、ちょっと怖かったけれどwink

十代の頃に、もっとお勉強して

この大学に来たかったなぁ~~なーんて

今さら思っても仕方のないことをツラツラ考えたり、、、

でもね…

美しい赤門を拝み、東大の構内のレストランで

昼食を戴き、楽しい吟行なのでしたnote

そして・・・

017                            

 青空に飯桐の実を散りばめて  なを

                                                                          

季語は「飯桐の実」 実は晩秋の季語です。

でも、まだとっても美しく実っていたのですもん(エヘへ)

飯桐って、その葉に飯を載せて食べたからついた名前ですってsign03

その真赤な実、小鳥たちも食べにきていて

あんなに高いところになかったら、私も食べてみたーい

なんて、思いました のでした (^^ゞ

今夜は東大吟行のお話を少しだけ、、、

ではでは おやすみなさいsleepy

                               

                                                                                                  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

うふふふふうふふふふふふ冬ぬくし

010 Photo 002

                               

                           

                             

                                  

                                    

                                                                      

 冬帽子トータセンセに逢ひたくて  なを

                                                                         

季語はもちろん「冬帽子」 です♪

今日は、日暮里の『本行寺』で開催された

【一茶・山頭火俳句大会】というのに参加してきましたsign01

事前投句というのには、間に合わなかったけれど

当日投句を、駄目元と思っていたしました…のです。

金子兜太先生と村上護先生の対談をお聞きして、、、

それから事前投句の方の結果発表と表彰。

そして、当日投句分の結果発表!!!

ぼーんやりしていたら・・・

えええええっーーーーーー?????

ワタクシの名が呼ばれているw~~sign02

選者の先生は兜太先生を除いて(対談してらしたから)

6名いらっしゃって…

池田澄子先生、大牧広先生、倉橋羊村先生、

齋藤愼爾先生、鈴木鷹夫先生、対馬康子先生。

そのなかの、鈴木鷹夫先生の特選sign03sign03

ウッソー!? ホント!!??

もう舞い上がってしまって、鳥肌もんでした。

こんなことって、あっていいのかしらん・・・

鷹夫先生の色紙をいただき、超感激up

023 Photo_2 021 026 027

        

    

     

     

                                                                            

                                                                         

                                                                                  

                                                                                                                                                                                        

 波郷忌やきのふの酒のまだにほふ  なを

                                                                            

季語は「波郷忌」 折しも、本日は石田波郷先生の忌日なのでした。

いいのかしら  ほんとうに、、、

なんて悩んでいたら、またまた 呼ばれちゃった(^^ゞ

本日の本阿弥賞! ですって (^_^)v

大会賞と同点だったけれど、本行寺さんへのご挨拶句を

詠まれた方が 大会賞。

その次点ということでの賞ということで

クリスタルの楯と、俳句手帳を戴きました。

もう ビックリするやら 嬉しいやら~~

これでもう、ツキはしっかり使っちゃったから

年末ジャンボ宝くじは買っても無駄かな(笑)

なんだか まだ信じられないけれど

うふふふふ って気分です(*^_^*)

皆さまだって、信じられないでせう?

写真クリックしていただくと大きくなりますので

お暇な方は確認なさってみてね♪

でーーー 本日の嬉し恥ずかしご報告はこれまで。

おやすみなさい。

いい夢見られそうですw~~

                                     

                                   

| | コメント (23) | トラックバック (0)

怖きものインフルエンザとパニックと

Photo                                          

                                         

 銀杏枯れ大盛況の診療所  なを

                        

                                                                   

季語は「銀杏枯る」  「名の木枯る」の傍題。

木や草の枯れるのを季語として大事にするのは

日本人に独特な美的感覚なのである…だそうで♪

今日はお休みで、なのに雨が降って・・・

予報では雨マークなかったのになぁ~ (-_-;)

その上、めっちゃくちゃ寒かったので

えいって思い切ってインフルエンザの予防注射

受けに行ったのです。

そうしたらーーー (@_@)

まず驚いたのが、診療所の大勢の人 人 人sign03sign03 

受付で、予防注射って予約が必要でしたっけ?

なーんて、暢気に伺ったら、、、

「予約は必要だったのですけど、うちの在庫が切れたので

もう予約も受付られなくなりました。」と ガーーーンdown

去年までは、予約なんかなくても、行けばすぐに受けられたのに…

改めて新型インフルエンザの脅威を感じました。

もちろんみんな 新型が受けられないのは承知の上で

念のための季節型インフルエンザの予防注射を受けたのよね。

あーーーあ あたしが甘かった ^_^;

まさかこんな事態になってるなんて、露ほども思わなかったもん。

これからあちこち聞きまくって、予約しなくちゃ であります。

過去2回 経験しているインフルエンザ、、、

非常に辛かったのを覚えてます。

注射してても、罹るときは罹るんだけど

でもやらないよりかはマシってもんでしょ?

どこか注射してくれるとこ、あるかしらんsign02

皆さまはもう、予防注射 なさいましたか?

今年の冬・・・どうなるのかしら ねっ???

                                  

                                 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

神無月湯呑にすこし酒を酌み…

Photo                                      

 がうじやうなのは

  どちら くわりんとわたくしと

                                                                         

季語は「くわりん」  「榠樝」とも「花梨」とも書きますが

読みとしては、「かりん」で、えーと 秋の季語です (^^ゞ

ほったらかしにしてあった花梨の実を、ようやっと

焼酎に漬け込みました。 

この句は、花梨を切る前に詠んだもの。

以前、花梨酒を作った時、えらく梃子摺ったので…

今回はしばらく放置されていたせいなのか

簡単に切れてしまって、あまり強情ではなかったの(笑)

でも、ま せっかく作った句だから掲載しちゃいました。

嘘つきみたいで、ごめんなさい <(_ _)>

ちゃんと 正しい花梨酒になって、風邪のときの

喉のお薬になってくれるといいんだけどなnote

はてさて どうなることやら~~

数ヵ月後に、ご報告いたしまーす (^_^)

                                               

※ちなみに「がうじやう」「強情」です。念のため wink

                                                            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉狩る十三日の金曜日

046                                         

 山燃やし始めてゐたる冬紅葉  なを

                                                

季語は「冬紅葉」  秋からの紅葉が続いていたり、冬になってから

紅葉するものもあるので、こんな季語もあるのでしょう。

天気予報では、雨マークrainがあったけれど、金曜日に

秩父まで紅葉見物に行ってきました♪

予報はほとんど当たらず、嬉しいことに傘差すこともなく…

あたしって、雨女ではなくて、曇女なのかしらん(笑)

026 029 053 015

           

            

          

                  

                                                      

 国道の先の冬霧かき分けて  なを

                                                            

季語は「冬霧」  単に霧といえば、秋の季語ですが

今は冬なので、「冬霧」 ねっ (^_^)

高速を降りたあたりでは、まだ紅葉もまばらでしたけど

昇るにつれて、どんどん美しくなっていって

上の方にかかっている霧もなんのその…

しっかりと、紅葉 目に焼き付けて参りましたsign03

下を流れる荒川の上流 青々として、こちらも素敵でした。

ちょっと寒かったけれど、行ってよかったぁ~~note

皆さまは、今年 どちらで紅葉 ご覧になりますか??

                                 

                                 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬帽子メトロをふたつ乗り継いで

Photo                                                 

              

 冬の雨抜けて千駄木画廊まで  なを

                                            

                                                                                         

季語はもちろん「冬の雨」

今日は久しぶりの全国的な雨だとかで、昨夜からずぅっと降っていて

しかも土砂降りrain

今日はお世話になっている先生の個展に、その雨の中

出かけてきました♪

去年も個展をなさったのだけれど、作品が今回は全く違うsign03

昨年の作品は、油の強烈な抽象画…

そして 打って変わって今年は やわらかな絵が中心note

なんでもお出来になる先生ならでは・・・と 感動 (^_^)v

絵心のまったくないワタクシは、ぼーーっと拝見するばかり。

お弟子さんもいらしていて、その中に交ぜていただき

ちょっと お喋りなんかもして楽しい時間を過ごしてきました。

写真OKのお許しが出たので、パチパチしてきたのですが

写真の腕前も ザンネンなワタクシ・・・

せっかくの素晴しい絵が、上手に撮れていませんでした。あーあ。

でも、こちらに少し掲載させていただきますね (^^ゞ

                                                                

002 007 013

009 003 004 005 006                          

                                                                                

                           

                                                               

                                                                   

 

                              

                                   

 冬ぬくし絵の具の色のやはらかく  なを

                                                                         

季語は「冬ぬくし」

こんな下手っぴの写真なんかじゃ

到底 絵の素敵をお伝え出来ないので

お時間のある方、是非ゼヒ 千駄木まで足を伸ばされて

ホンモノに出逢ってくださいませ。

とても優しい気分になれますよんup

会期は14日の土曜日まででーす (^_^)

                                      

                                      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小六月伊東屋で買ふ新手帳

Photo_3                                

残菊や倒るるまへの深呼吸  なを

                             

季語は「残菊(ざんぎく)」 はい。えーと 秋の季語です(笑)

でもね、まだ咲いているんですもん♪

「枯菊(かれぎく)」と呼んでは可哀想でしょう??

今年の10月は滅茶苦茶 忙しかった…です。

手帳に書き込みの全く無い空白の日が たったひとつ。

なんだって、政治家でも芸能人でもない平凡なワタクシが

こんなに忙しいのかしらんって、不思議になっちゃう (>_<)

でも とりあえず頑張って10月はクリアしましたぁ~♪

で・・・今月に入ってから なんだかグッタリしているの。

いつも風邪の引き始めみたいなダルさがあって

このまんま行くと、きっと倒れちゃうdown

なんて思ってたら、今週は嬉しいことにお休みが沢山 happy01

ここら辺で、深呼吸でもしてお休みしなさいってことね。

って、解釈して 少しのんびりさせて戴きます。

せっかくの骨休めなのに、雨が降るんだそう…rain

嬉しいんだけど、悲しい複雑な気分なのでございます。あーあ。

照る照る坊主でも作ろうかなぁ~~sign02

だけど・・・・作り方 覚えてないかも (^^ゞ

トホホ、、、

      

                                                                     

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今朝の冬あなた殺していいですか~~♪

018                                                

 冬来るBGMに演歌添へ  なを

                            

季語は「冬来る(ふゆきたる)」  「立冬」の傍題です。

他に、「今朝の冬」「冬に入る」等。

寒さが大の苦手なワタクシは、はっきり云って

冬なんか大っキライsign03

なんて云うと、冬大好きな方からの顰蹙買うでしょうねぇ(笑)

とうとう 今日が立冬。

はい。冬がやってきちゃいました(>_<)

陰鬱な冬は、陰鬱な演歌で軽く遣り過ごすに限る!

かな???

って、ここで演歌ふぁんを敵に廻しちゃうかしらん(アハ)

今日から、2月の節分までが『冬』

せめて楽しいこと 沢山見つけて

ぐわんばる所存でございます(キッパリ)

でもでも 泣き言 口走るかも・・・

その時は大目に見てやってくださいませ。

今日だけ許される「今朝の冬」の季語 (^^ゞ

遊ばせていただいちゃいましたぁ~♪

写真は去年撮ったもの。ちょっと冬っぽいかなって…

てなとこで、今夜はおやすみなさいsleepy

                       

                             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実石榴や叫んでみたきこといくつ

Photo                                         

                                             

 収穫のささやかにあり文化の日  なを

                                                                                

季語は「文化の日」 どなたもご存知でしょうけれど 一応ご説明♪

11月3日が「文化の日」 明治天皇の誕生日。

明治時代には天長節、太平洋戦争が終わるまでは、明治節。

戦後、国民の祝日に関する法律によって、自由と平和を愛し

文化をすすめる祭日とされた・・・とのことです。

世間の皆さまは祝日で、お仕事はお休みでしょうけれど

ワタクシは出勤日に当たっておりまして、、、

剪定の業者の方が庭で作業なさる日だったので

上の方にあって、脚立では手が届かない果実を

捥いでいただきました。

去年は大豊作だった柿も、今年は少なくて

ガッカリしていたのだけど…

石榴や花梨が取れたので、ちょっと嬉しく(^_^)v

この中から戴いてきた花梨は明日 

焼酎に漬けてみようっとnote

咳には効果があるのですって♪

まだ そんなにひどい風邪は引いてないけれど

備えあれば憂いなし ですもん(^^ゞ

石榴と柿も明日のお楽しみにするつもりhappy01

美味しいといいんだけれど・・・heart04

そんな 他愛のない、文化の日のお話でした。

勲章なんかには、永遠にご縁ないから

毎年、こんな風に地味に過ぎていくのね(笑)

                                 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

友どちの笑顔の集ふ秋日和

Photo                                              

                                               

 をんなには年齢のなし鳥兜  なを

                                                   

                                                                                                     

季語は「鳥兜(とりかぶと)」 

秋、烏帽子状の濃紫色の花が茎の頂に集まり咲く。

根に毒があり、塊根を干したものを附子(ふし)

山鳥兜の根を干したものを烏頭(うず)と呼び

鎮痛剤に用いる・・・のですってsign03

鳥兜の写真がないので、秋の薔薇ですannoy

昨日、高校の同期会がありました♪

卒業後 何年?? なーんてことには

お答えいたしませんよん (^^ゞ

ハタチ過ぎたら…ってのはオーバーだけど

年齢なんか関係ないわって思って生きておりますw~

かつて来日された、サガン女史が確か、、、

「日本人はどうして、年齢を聞きたがるのかしら?

そんなこと どうでもいいことじゃない?

変な国だこと。」 みたいなことを仰せになったとか。

ほーーんと 変な国think

てなことは、さておいて・・・

久しぶりに会う友人たちは、みんな笑顔で

2次会 3次会へと流れ、ちょっとくたびれて帰宅。

今日は普通にお仕事をこなして…

でも ちょっぴり眠かった かな(笑)

今度の集まりがいつになるやら 知らないけれど

それまで、みんな元気でいてくれるといいなup

以上、近況報告でございました♪

                                 

                                                

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »