« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

トマトは夏の季語なのでーす!

Photo_2                                     

                                              

 野生の血すこし滾らせ蕃茄食ぶ  なを

                                                                          

季語は「蕃茄(ばんか)」  えーと トマトのことです。

滾らせ=たぎらせ とお読みくださいね。

仕事場の庭に、トマトを植えた方があり

どんどん色づいてきています♪

で、持って帰っていいわよ! とのお許しで

戴いてきた、少し小さなトマト4つnote

鋏を入れた時も、強烈な青い匂いがしたけれど

洗って口に含んだ時も すごく強い匂いに包まれて…

スーパーで買ってくるトマトとは全く違う

野生のもの って感じがしましたsign01

かつては みんな こんな匂いのトマトを

召し上がっていたのよねぇ~~

なーーんてこと思いながら、有り難く頂戴いたしました。

なんだか ちょっと元気 貰えたみたい(^^)v

はい。本日も ご馳走さまでしたぁ~♪♪

                             

                                                                         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あら ふぅーん うん♪

Photo_2

                                       

                                   

                                                                                     

 六月のをはりに届くカルシウム  なを

                        

季語は「六月」 そのまんまです(^_^)

ココログに『コネタマ』というのがあって

まだ イマイチ よく分かってないのだけど…

カルシウムが取れるというドリンクのネタに 

なんとなく 応募してみたら…

な なんと 当たってしまったsign03

届いたのが上の写真の【BODYism】という代物。

まずは飲んで感想を述べよという ご指示で

恐る恐るチャレンジ(笑)

で  ん?  お水じゃないんだsign02

檸檬の味してる(^^)v

ここ数日の暑さに対抗して

熱中症対策に いいかもnote

水分が補給出来て、しかも一日に必要な

カルシウムの半分が含まれてる優れもの。

毎日 普通のレモンウォーター飲んでたけど

これも いいかも(^^♪

もうコンビニとかに あるのかしらん??

明日にでもチェックしてみなくちゃ!

なーんて考えている ワタクシ。

プレゼント大好き人間には とっても嬉しい

『コネタマ』さん なのでしたpresent

また こんなんあったら 応募しちゃおうっと!!

ご馳走さまでしたぁ~~

                                 

*************************

                                                                                 

コネタマ参加中: 『DANONE BODY-ism Calcium Works』モニターキャンペーンスタート

                                      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土砂降り のち 晴れ

005 007 016 021

                

                  

                                                       

 公園は青水無月の空の下  なを

                                                     

季語は「青水無月」です。

「水無月」は陰暦六月のこと。

青葉の茂る頃なので、「青水無月」ともいいます。

葛飾区にある『水元公園』に、吟行。

生憎の雨の中、傘を差して…でしたが

その広さに圧倒され、周りに高い建物がないので

日本じゃないような景色に超感動sign01 しました♪

次の日までの「菖蒲まつり」に間に合って

いささか終わりかけているものもありましたが

花菖蒲も堪能することが出来たので

こちらもラッキーup

そして、句会は『涼亭』というお食事処の中の

お座敷で開催。

窓の外には、満々と水を湛えた池?が見えて

ロケーションも最高!!

014_2 019

                 

                  

                                               

                     

                                                                                                  

 涼亭の入口に濃き花菖蒲  なを

                                                  

季語はモチロン「花菖蒲」です(^_^)

お店の入口に私たちを歓迎してくれるかのように

花菖蒲が置かれ、雨に打たれているせいか

紫色が濃さを増しているような気が…

句会途中で雨が上がり、それと同時に人出も増え

窓の外から我々を覗き込む方もあり、、、(笑)

だけど楽しく 句会いたしました(^^)v

雨が降っていたほうが誰もいなくて

静かでよかったねぇー!

というのが、全員の感想。

お店の方の思いは違う筈ですけど ねっhappy01

以上、水元公園吟行の顛末なのでしたnote

                               

                              

| | コメント (4) | トラックバック (0)

正面の役者の汗のまぶしかり

001 002 005 014

       

    

             

            

                                                                   

 短夜の諏訪神社まで昇る坂  なを

                                                                      

季語は「短夜」 「みじかよ」とお読みくださいね。

夏至間近の一番夜が短い時期をいいます。

俳句のお仲間のお奨めで、西日暮里の『諏訪神社』の

境内を使って開催される お芝居を観に行きました。

駅のすぐ左にある急な坂道を昇って昇って…

途中の小学校の見事な紫陽花を愛でたりしながら♪

ようよう 目指す 『諏訪神社』に到着sign01

006 007 009 017 020

      

    

                              

                        

                                                       

 受付を済ませテントへ異次元へ  なを

                                                                 

季語は「テント」 はい。夏の季語なのです(^_^)

諏訪神社の鳥居の下に看板があって、先の方に灯りが…

近づいて行くと、受付に並ぶ行列が出来ていました。

入場料3千円也をお払いして、なかへ。

テントの中に、蚊帳とおぼしきものが張ってあり

その上には、まるでお祭りの夜店のような賑々しき飾り(@_@)

目を白黒させているうちに、お芝居は始まりました。

ただ、昼間の暑さの名残りがあったせいか、蚊がいて

むき出しになっていたワタクシの足は痒くて痒くて、、、

虫除けスプレーを持ってこなかった不明を恥じました。

履き慣れないサンダルで坂道を昇ったので、足も痛くて

ついサンダルを脱いでしまったのが 大間違い!!

片方が階段状になった客席の下の地面に落ちちゃった^_^;

持っていたGジャンで足を隠し(蚊を避けるために)

片っ方のサンダルの上に両足を乗せて

えらく不自然な体勢で、お芝居を見つめてました。

028 024 026 027

           

              

                   

で  えーと  ストーリーは・・・

舞台の真ん中に、ぬいぐるみの犬が横たわり

5人の登場人物が、取り囲んでいます。

5人 それぞれ 違った世界に生きていて

その殺されたことになってる犬をめぐって

犯人探しが始まるのです。

違った世界のおのおのが、持論を展開し

突然 その世界が一瞬交差して、、、

んーん これ以上は申しますまい。

これからご覧になる方もいらっしゃるでしょうからsecret

テントの外で繰り広げられるパフォーマンスも

なかなか素敵で、ちょっと怖くてheart04

お芝居を観に行くと必ず少しは寝てしまう私ですが

この舞台は最後まで、しっかりと拝見いたしました♪

後半 とても寒かったのもあるのかも…だけど(^^ゞ

震えながら、終わったらビールより熱燗bottle だぁ~

などと心のうちで思っていたのは事実です(笑)

最初はムヒが欲しかったけど、後からホカロンが

欲しくなっちゃった shock

劇団名と演題 まだ申し上げてませんでしたね。

ごめんなさいm(__)m

【劇団 どくんご】 〈ただちに犬 Deluxe〉

全国を廻るそうなので、お近くにいらしたら

お時間おありでしたら、どうぞご覧あそばせnote

皆さまのご意見 ご感想など伺ってみたいなぁーーsign03

そんなこんな 金曜日の夜のデキゴトなのでした。

                               

落としたサンダルは、終演後 明るくなった客席で

手を伸ばして拾い上げましたので、きちんと履いて

帰ることができました。 

ご心配なく!!!(誰も心配なんかしてないわね…笑)

                                           

                                                              

| | コメント (8) | トラックバック (0)

また やっちゃった(-_-;)

Photo                               

                                   

 

                            

 あをぶだう忘れつぽいのは誰ゆづり  なを

                                                                       

季語は「あをぶだう」 「青葡萄」のことです。夏の季語。

昨日の夜は、月に一度の『源氏物語』を古語で読む日…でした。

なのに、すーーーっかり忘れてしまって仕事が終わったら

さっさと帰宅してしまったのでした(恥)

ビールなんか飲みながら、、、母の一言。

「今日は源氏の日じゃなかったの??」 ・・・(@_@)

ぎゃあ~~ 忘れてたぁーーsign03

先月は町内会の理事会のこと忘れてて

夜遅くなって思い出してしまったり…

誰の所為でもなくて、ワタクシが悪いのだけど

もう やんなっちゃうshock

もっと気合入れて生きなきゃいけない!! と

反省した一夜なのでございました(クスン)

                            

写真の青葡萄は、ご近所のお宅のもの♪

撮影だけなら、泥棒にはならない よね(笑)

                              

                                   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ご馳走は「みどり」

009_2 016_2

023 022

      

      

                                                                                      

 胃も腸もみどりに染まる梅雨入かな  なを

                                                                           

季語は「梅雨入(ついり)」 昨日 関東も梅雨入りしたそうです。

その梅雨入りの日に、鬼怒川温泉に行ってきました。

せっかく鬼怒川に来たのだからと、母とふたり「ライン下り」に挑戦!

もっと流れが急で、怖いのかと思っていたのだけれど

ぜんぜん そんなことなく…揺れないし、ほとんど水もかからない。

川の両岸の緑と、水の緑と、たーくさんの緑色の風を

お腹一杯 吸い込んできました♪

とっても とっても 気持ちよかったですよん(^^)v

                                               

099 105

148                                                                      

                                                   

                                                       

                                                                                                      

 罌粟の花ヘアピンカーブのその先に  なを  

                                                                       

季語は「罌粟の花」 「けしのはな」とお読みくださいね。

今日は 生憎の雨の中、山道を登って下って

ヘアピンカーブ いくつあったやら・・・でも頑張って

上三依水生植物園という処で『ヒマラヤの青いケシ』に

初めて出逢うことが出来ましたnote

例年なら、もっと沢山の花が咲いているそうなのですが

今年は花が遅くて…とのことでした。

でも でも とりあえず、逢えたのですもんsign03

たいへん 満足いたしました(^_^)

そんなこんな ちょっと楽しいご報告なのでした♪♪

                

                              

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画と箒とほうたると…

Photo_3                         

 サイレント蝸牛  なを

                                                 

季語は「蝸牛(かたつむり)」  嫌いな方いらしたら、ごめんなさい。

今日は『東京国立近代美術館フィルムセンター』 見学の吟行句会。

100年位前の映画のポスターや、貴重な…

だけれど画質の悪いサイレント(無声)映画の公開など。

入場料2百円也で、それらがどっさり拝見できました♪

私たちが行ったのは、7階のフロアでしたが

違うフロアでは、世界中の古い映画の上映などされていて

中々 興味深い処ではありました。

名前は前から知っていたけれど、実際に行ったのは初めて。

たまには、こんな場所を探検?するのも面白い体験ですよん(^^ゞ

興味おありの方には お奨めです。

その次に訪れたのは・・・

Photo_4 Photo_5 Photo_6

              

                  

                                  

 

                                                                                                                                                                                                         

 正しき箒どち  なを

                                                            

季語は「走り梅雨」 まだ梅雨入り宣言 出てませんもんね。

古い映画の後は、江戸時代から続いているという

老舗の箒屋さんnote

1本1本 手作りの箒のお値段 なんと1万2千6百円sign03

んーん 魅力的だけど 使う場所もないしねぇ~~

でも、こんなに素敵な場所が まだ残っていることに感動

しかも大都会のど真ん中に です!!!

句会が終わったあと、いささか草臥れていたけれど

しょうこりもないワタクシが出かけたのは、、、

Photo_7                          

                      

 もものかは蛍明滅す  なを

 

                                                                                                                                

季語はもちろん「蛍」 です!

去年も出かけた『久我山蛍祭り』

明るい内に着いたので、ヴューポイントで ひとり ゆっくり…

なーんて甘かった^_^;

周りを家族連れに囲まれて、おチビさんたちの叫び声の凄さ(>_<)

辟易としながらも、でも 美しい蛍の光を堪能してきました。

出店はあったけれど、そこで食べる気になれず

お腹を空かせたまま 帰宅。

とりあえずビールbeer で 今日を締めくくったのでした。

なんだか 長ーい一日でした。ふぅ~

明日の晩もイベントあるようですよん(^_^)

お時間おありの方は、是非どうぞ でーす。

                             

ポスターは何故か去年のものが使われていました??

                                  

                                 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »