« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

晩春だけど 初夏♪

Photo Photo_2 Photo_3

                               

                             

                            

                                   

                                             

 桐の花元気些か底を突き   なを

                                                           

季語は「桐の花」 初夏の季語ですが咲いていたので…

立夏が5月5日なので、厳密には春の季語を使わなくちゃ!

なのですけど ねっ m(__)m

仕事帰りに、新潮社に咲いている桐の花を見学♪

紫の花を付けた大きな樹が2本、すっくと立っていました。

落ちていた花を植え込みにまとめて置いたものも camera

ちょっと可愛いでしょう?

今月は月初めにお休みを沢山頂いたので

後半になってからは、ずぅっとお仕事が続き

些か(いささか)疲れています。ふぅ~~down

でもね、大きな桐の花に出逢って

元気を貰ったような気分かな (^^)v

明日で四月も お仕舞い。

元気を取り戻してup  五月 新緑の季節を

迎えたいなnote

夏が始まって、暖かさが本物になって・・・

そしたら楽しいことが どっさり待ってる はずsign01

なーんて思うワタシって やっぱり能天気なのかしらん(笑)

                                        

                                    

| | コメント (4) | トラックバック (0)

近況報告です♪

Photo                                        

 満面に笑み浮かべたる春苺  なを

                                                                         

季語は「春苺」  普通に「苺」というと夏季になっちゃうので…

先日の吟行句会  岡山に住む仲間が出張のお仕事の前に

朝摘みの苺を持って、駆けつけてくださいました♪

その香りの甘いことheart04

大急ぎで、出句を済ませて戴いた苺の瑞々しいことsign03

至福の時間でございましたぁ~~(^^)v

って、俳句よりも 苺に走るワタクシって、、、

でも(何がでもなんだか…笑)とても楽しい句会でしたnote

あくる日は・・・

Photo_4                     

  畏まる正式俳諧藤の花  なを

                                                          

季語は「藤の花」  ご説明 不要ですよね?

亀戸天神さまで開催された「正式俳諧興行」にお邪魔してきました。

松尾芭蕉翁の頃の正式な俳諧を、今に伝える儀式…

凛とした空気の中で 厳かに行われる 俳諧!

私にはとても入り込めない空間。

ひたすら かしこまって 見学させて戴いたのでした。

藤祭 真っ最中の亀戸天神さまでしたが

イマイチ 藤の花 盛りではなかったので

友人からの頂き物の藤の写真を掲載しました。

ごめんなさい<(_ _)>

勝手に使っちゃった(エヘヘ)

そんなこんなな あれこれ でした(^^ゞ

                                

                               

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちょっと 寄り道

Photo Photo_2 Photo_3

                           

                        

                          

                                    

                                           

 玩具箱のやうね露地裏末の春  なを

                                                                  

季語は「末の春」  春季が終わろうとする意。

今日 仕事場の近所で、ふと見かけて露地を入ったら…

なんだか とても楽しそうな空間がありました♪

なので、玩具箱(おもちゃばこ) ねっribbon

雨が降る前の ほんの少し不思議な感覚の時間…

今は玩具箱ならぬ ドラム缶をひっくり返したような雨rain

明日はお休みで 吟行です。

雨 あがるといいなぁ~~sun

                                          

| | コメント (4) | トラックバック (0)

秩父はいささか遠かった けど…

21_004 21_013 21_021 21_006

                  

                   

                      

 額縁は山のみどりや芝桜  なを

                                                                 

季語は「芝桜」  はい♪ 春の季語です。

秩父の羊山公園の芝桜を見てきました。

テレビのニュースで見て以来、ずっと行ってみたかった処。

山一面 白と藤色と色んなピンクの芝桜に覆われて、、、

まるで一枚の巨大な抽象画を拝見しているみたいsign01

周りのお山は、ほんとうに笑っているようで

長閑な春を、目に焼き付けてきたのでした(^_^)

んーん いささか 春暑し…な日でしたけど ねっ(笑)

5月のゴールデンウィークまで開催されるのですって。

その後、お山はどうなってしまうのかなぁ~ なんて

いささか心配しながら帰途につきました。

入園料300円也は ちっとも高くはないけれど

もう少し近くだったらいいのになーーsign03

そんな 晩春のひとこま なのでしたnote

                                                                            

| | コメント (4) | トラックバック (0)

国宝 阿修羅展!

Photo 21_003

                        

                          

                          

                               

                                                      

 うるはしき阿修羅立像夏隣  なを

                                                       

季語は「夏隣」  風物のようやく夏に移ろうとしている頃のこと。

朝日新聞・アスパラクラブの抽選で当たった

『国宝 阿修羅展』 を拝見してきました。

博物館の休館日に、特別に招待してくださる催し。

来館者が少なく、ゆっくりと じっくりと 拝見出来るのが

とても有り難い…しかも無料note の展覧会(^^)v

前々から お逢いしたかった 阿修羅さまに

ようやく 出逢えましたsign03

かつてテレビで、向田邦子氏の「阿修羅のごとく」という

ドラマを観たことがあり、結構ドロドロしていたように

記憶していましたので、恐る恐るではありましたが…

実際の阿修羅さまは、全然 そんなことなくて

憂いを帯びた少年の3つのお顔、6本のすらりと長い腕

前からも 後からも 横からも 360度すべてを拝見して

もう 感動しっぱなしsign01sign01sign01

尊いお姿に、時間さえ許せば ずっとお傍にいたいと

しみじみ 感じたことでした。

ファンクラブがあるのにも 納得。

憂いのなかにも、明日への希望が沸いてくるような

そんな 阿修羅さまでしたから、春惜しむ…みたいな

後ろ向きの季語は使いたくなくて

なので 「夏隣」としました。

6月7日まで、上野の東京国立博物館での開催。

ご都合のつく方は、是非 ご覧くださいませ♪

私も もう一度 お逢いしたいな (^_^)

                                

※「立像」は「りゅうぞう」と読むようです。

                                       

                               

| | コメント (10) | トラックバック (0)

飛花落花…

Photo Photo_2

Photo_3

                                               

                               

                                                 

 花筏乗せたるもののなかに愛  なを

                                                                       

季語は「花筏(はないかだ)」 散った桜の花びらが帯状に

水に浮かんで流れて行くのを筏に見たてていう語。

仕事の帰り、神田川に花筏を見に行きました。

あまり筏っぽくはないけれど、水面を花びらが流れていて

川の両岸の桜の木は、ほとんど花を落として葉桜に…

こんな風にして、花が散り 春も終わっていくのねって

感傷に浸ってみたりしたけれど、、、

花筏が運ぶのは、淋しさだけじゃないsign03

きっと「愛」なんかも 運んで行くのよねheart02

なーんて、勝手に解釈してひとり納得しています。

川岸の道はこんな感じ…

Photo Photo_2 Photo_3

                

               

           

 たはむれに花屑を盛る伊万里皿  なを

                                                        

季語は「花屑(はなくず)」 散り落ちた桜の花びらのことなのだけど

なんだか「屑」なんて云ってほしくないような、、、

これは、昨日の句会で 兼題が「皿」だったので詠んだもの。

いささか 苦しまぎれではあるけれど、兼題ひとつを

10分で5句…なのだから、こんなんでも とりあえずの一句♪

ということで、今夜はおやすみなさいsleepy

                               

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さくら 桜 櫻

Photo                                   

 入水するやうな覚悟で花に逢ふ  なを

                                                                    

季語は もちろん「花」。 俳句で「花」といえば「桜」のこと。

毎年 毎年 美しく咲き満ちてくれる 桜の花…

通勤電車のなかから ぼんやり眺める桜と違って

いざ お花見にsign03

ってなると、嬉しさ半分 怖さ半分 になるの。

お花の下に骸があったとしても、たぶん怖くはないけれど

桜の花そのものが怖い  のかな??

魂をまるごと 吸い込まれてしまって

もう戻ってこれなくなるような 怖さ・・・

この句は、他所のネット句会に出して

かろうじて、お一人だけ選をくださったもの。

でも 自分的には 真情を吐露したものだったので

捨てがたく こちらに掲載してしまいました。

折りよくsign02  青空と桜のお写真 戴いたので

ドッキングしてみました(^^ゞ

たくさんの桜の精のなかには、優しい顔をして

でも隙あらば、異界へ人間を攫っていくような

そんな怖ろしい お使いに来ている精がいるかも…

なんて感じたりしている ちょっと変てこなワタクシの

思ひなのです。

ま 笑ってやってくださいませ。

入水=じゅすい と お読みくださいね。

辞書には「水中に飛び込んで自殺すること。身投げ」と

書いてあります。 おお怖 でしょう(笑)

                    

                            

| | コメント (6) | トラックバック (0)

この春も交通安全大週間 (@_@。

21_001                                        

                                                  

 日うらうら助手席に置くピーポくん  なを

                        

季語は「日うらうら」  「麗か(うららか)」の傍題です。

4月6日から、小学校の入学式に合わせて

『春の交通安全週間』が始まりましたsign01

先日、恒例になった、羽田空港警察での

「交通安全講習会」のゲストで招かれた

三遊亭円左衛門師匠の座布団運びとして

私も呼ばれて、行ってきました(^^ゞ

その際 お礼として戴いた ぬいぐるみが

『ピーポ』くんnote

ピープルのピー と ポリスのポ とでピーポくん

なのですって(^^♪

私の車のフロントガラスの助手席側には

ペタンと貼る ピーポくんがぶら下がり

そして、後部座席の後には

写真と同じピーポくんが乗っかってます♪

(昨年 頂いたもの ねっ)

なので、この子は助手席に坐らせてあげようかな。

もしも、万一 取調べられたら

この子たちが威力を発揮してくれるといいな~~

(どんな 威力や!)

なーんて図々しく思っているのでーす(^^ゞ

そんなに甘くない よねぇ~(笑)

というより、取締りされなければいいんだわsign03

ルール 守って 安全 心がければ、、、

皆さまも どうぞ交通安全 お気をつけあそばせrvcar

な こたぁ~ 分かってる!!!

お前に言われる筋合いはねぇー<`~´>

ですよね m(__)m

失礼いたしましたぁ~~sweat01

                     

                          

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『和』のこころ?

21_022 21_002

  Photo                                          

                            

                    

 

                               

                                

 三味の音と桜吹雪に酔ひ痴れる

    我等一行番傘倶楽部  なを

                                                              

季語は・・・ございません(笑)

一応 短歌のつもりなので、、、

俳句と違って 季語は必要ないのですhappy01

昨日 ちらっと書きましたが…

年に一度の恒例 花吹雪のなかを

番傘 差してあるきましょう♪

という、『番傘倶楽部』の集まりがあり

やっぱり 花衣というくらいなのだから

着物 着なくちゃsign03

ということで、着物に真赤な番傘rain(雨は無し ね)

とことこ 出かけ みんな集まってから

人の迷惑 省みず 傘を差して千鳥ヶ淵を行進sign01

三味線を爪弾く先生を先頭に、歩いていたら…

ワタクシ 声掛けられてしまった(^_^)

「写真 撮らせてください」 ですって!!!

「えーーーっ 私でいいの?」 (@_@)

3人グループのカメラマン(女性もいらしたけど)さんが

カメラを構えると、その周辺にいらした他の方々も加わって…

10人位の方が、みんな私にカメラを向けられて(キャー)

なんだか、申し訳ないような(モデルが悪くて、、、)

でも ちょっと嬉しいような・・・

スターさんって、いつもこんな風に撮られているのねぇ~

なんて、妙に感動したりして(あは)

桜&着物&真赤な番傘の組み合わせがよかっただけ…

なのでしょうけど  ねっ(^_-)

全員集合の記念写真を撮ってから、お店に帰り

毎年 恒例の源氏香ならぬ 源氏酒を愉しみ

その後で、短歌大会♪

ひとり 何首か詠んで、発表。

それを上の句と下の句に分けて

シャッフルして、付け合せをして遊びました。

日本各地の銘酒が林立するテーブルで

日が落ちるまで、賑やかにワイワイと…でした。

あああ 面白かったぁ~~

来年もまたねって云ったら

一年後では勿体ない、今度は紅葉の下ね!

なんて 意見もあって、どうなるのかしらん??

なにはともあれ 花吹雪・番傘倶楽部大会は

無事にお開きになったのでした。

めでたし めでたしnote

                                                 

 おまけ

帰りの電車を降りたら、小雨rain

番傘はとても重宝でした(^^ゞ

                         

                             

| | コメント (6) | トラックバック (0)

悩ましき… は な ご ろ も

21_006 21_099 21_013 Photo

                

                    

                     

  

                          

 巻きつくる紐のいくたり花衣  なを

                                                                     

季語は「花衣」  お花見のときの晴着のこと。

今日は年に一度の『番傘倶楽部』の集まり。

みんなで、番傘をさして花吹雪のなかを歩きましょう!

という会なのですnote

せっかくの楽しい集まりだから、やっぱり着物着なくちゃsign01

って、思ったり、面倒だなぁ~~^_^;

なーんて 思ったり ただいま 考慮中でございます。

んーん  どうしようかな??

詳細は のちほど・・・ねっ(笑)

                                

                                

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2月が逃げて 3月が去った!!

Photo

                                                               

 雨音に溜息いくつ四月馬鹿  なを

                                     

季語はモチロン「四月馬鹿」  はい。エイプリルフールのこと♪

万愚節ともいいます。罪のない悪戯程度の嘘なら許される日。

このところ ずぅーーーっとパソコンの調子が悪くて

サポートセンターに電話して、私のPCとあちらのPCを

同じ画面にして調べてもらったりしたら

メモリー不足が判明sign03

メモリーの増設をするか、買い換えるか・・・

そんなに簡単には買い替えられないし、XPに未練、、、

まだ ヴィスタにはしたくない ^_^;

なので、早速 電気屋さんでメモリー1本買ってきました。

今日はお休みだったので、チャレンジ (^^)v

いとも簡単に出来るはずが、なかなか上手に出来なくて

数回やり直して、ようよう増設に成功しましたぁ~bell

                                                                     

朝の雨rain やんだかしらん? なんて思って

洗濯物を外に出したら しばらくして またもや 雨rain

少し時間がたったら、またやんで…

そして さっきから 思いっきり凄い雨が降ってきました。

その上、雷さんまでsign01sign01sign01

あーーーーあ この雨でせっかく開き始めた桜が

散らないといいのだけれど・・・

嘘をつく元気も出ない サンザンな四月一日でした。

このウルサイ雨 いつまで続くのかしらん…トホホ。

                                

写真は、ワタクシのPC♪(外枠 ホントはライトシルバー)

メモリー増えたからって、画面は変わらないんだけど(笑)

                                                                             

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »