« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

あんまり赤いと怖くて悲しい・・・

Photo

                               

 軽い鬱始まる予感春夕焼  なを

                                                   

季語は「春夕焼(はるゆやけ)

単に夕焼といえば、夏の季語。夕焼は秋にも冬にも現れるが

春の夕焼は柔らかい感じで、晴天の多い夏の近さを思わせる。

(以上 歳時記より)

昨日 仕事帰りに駅で大きな夕焼に出逢いました。

久しぶりに見る夕焼は、あまりにも赤すぎて・・・

ちょっとばかり怖いような感じ。

写真を撮ろうと携帯を取り出したら、消えちゃってた^_^;

なんだか圧倒されて、ノックダウン寸前のボクサー気分。

イヤだなぁ~~

こんな時って、軽いウツになってしまいそう、、、

開花宣言した途端に寒くなってしまったから

また冬の暗く切ない雰囲気が戻ってしまって

早く温かくなってくれないと、落ち込むばかりdown

いち早く春の装いの方もいらっしゃるけれど

ワタクシはまだ コートにブーツに帽子に手袋。

重たいものみーんな脱ぎ捨てたら

きっと 気分も上昇するはずup

神さま仏さま 一日も早く世の中 温めてくださいませsign03

春(一応)の夕焼を見ての 独り言でした。

ほんま 寒いの 苦手なんやもん (-_-;)

                        

写真は、あちこち検索してて貸し出し無料のサイトから

お借りしてきました (^_^.)

                                                            

| | コメント (0) | トラックバック (1)

さくら さくら  でございます♪

Photo Photo_2 Photo_3

                             

                           

                             

                          

                             

 見上げをる伏姫桜の四百年  なを

                                                                    

季語は「桜」  です♪

3月25日 肌寒い雨のなか、市川市にある かの有名な

「伏姫桜(ふしひめざくら)」を見る吟行に・・・

樹齢が四百年sign03

ということで、そのまんまを詠んでみました。

あの富安風生センセイが お詠みになった

 まさをなる空より枝垂桜かな

という 代表句の その枝垂桜です(^_^)

噂に違わず、本当に見事で 晴れていたら

まさをなる空の下で 拝見できたのに、、、

と、ちょっぴり残念に思ったりしてました。

でもね・・・

俳句の世界に「生憎」って言葉はないんですってup

雨が降ろうが、雪が降ろうが、槍が降ろうが…

(槍はあんまり 降らない わね…笑)

その時のことを詠めばいいのだそうです。

ということで、、、

 市川市市川濡るる花の雨  なを

あはは…そのまんまを詠んじゃった。

伏姫桜のあるお寺の近くには

巨大な辛夷の木もあって、充実した雨の吟行でしたとさ。

おしまい♪

 

                                       

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ようやく 春が・・・

Photo Photo_2 Photo_3

                   

                   

                     

  病院を出て春昼のどまんなか  なを

                                                                   

季語は「春昼(しゅんちゅう)」 ズバリ 春の昼のこと。

歳時記には 「春昼は眠気を誘うのんびりとした

長閑な時間。駘蕩たるひとときを意味している」 と。

3月の初めに、年に一度の婦人科のガン検診を受けました。

ちょっと気になるところがあるらしく、検査は念入り。

結果報告の予約も、普段よりもずっと早い日にちで…

帰宅してから 色々と検索して、、、

少々 落ち込んでおりました。

で 先日・・・・・・・結果が知らされて (^^ゞ

今回は無事 クリアでしたぁ~~up

ホッとして ぐったり あんなに悩んでいたのが

遠い過去になったから かな?

行きがけには、ボーっと通り過ぎた楽器店が

帰りには キラキラと眩しく感じられました。

人間って、っていうかワタクシだけかも だけど…

ゲンキンなものですねぇ~(笑)

 三月のギターにheart鏤めて  なを

いろんな楽しいギターがあったけれど

ハートマーク どっさりのがイチバン好きだったかな♪

heartは ハート、鏤めて=ちりばめて です。

ああああああ  よかった (^^)v

って、又その内、検査に行かなきゃ! なのだけど。

とりあえずは 悩みから解放されて

春を満喫する気分になりました。 のでした。

めでたし めでたし。

ご闘病中の方には、ひとり浮かれてごめんなさい。

なのですが、、、

                                

                               

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あたしも眠い・・・

Photo Photo_2

                    

                   

                                                                                                                                                           

 お彼岸のまだまだ眠り足らぬやう  なを

                                                                    

季語は「彼岸」  俳句では「彼岸」と云えば『春』

9月のお彼岸は「秋彼岸」といいます。

お友達から 次々に届けられる 山のお写真♪

富士山も浅間山も まだまだ 雪を被っています。

「山笑ふ」という、春の季語がありますが

まだまだ 冬の季語「山眠る」が相応しいみたい(笑)

登ったりするのは、苦手だけど

春の雪山  見に行きたいなぁ~~ eye

                                   

                                

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上機嫌から不機嫌へ

Photo Photo_2 Photo_3

                                   

                    

                    

 いぬふぐり天使の足あとやもしれぬ  なを

                                                                      

季語は「いぬふぐり」  みなさま よくご存知でしょうから

説明は抜きでいいですね。

今日3月17日は、お彼岸の入り。

仕事で行かれないので、昨日の休みに

一日早いけれど お墓参りに…

墓地の隅には、いぬふぐりや土筆、そしてあるお墓には

クロッカスが咲いていました。

そういえば、今年はじめて出逢った いぬふぐりと土筆。

長閑な春の日をいっぱい浴びていて、ちょっと嬉しい♪

そして、黄色のクロッカスに逢って 思ったこと…

紫のクロッカスに逢いたいsign03

早めの軽い昼食だけで 出かけてきたので

お腹も空いてきたし、そうだ 三頭山荘に行こうcar

で、車で山道を走って、奥多摩の奥へ奥へ~

途中 何度も工事中で、時間はかかったけれど

四時半頃に到着!!!

看板には営業中と書いてあったので

ワクワクしながら、お店に入ると、、、薄暗くて

声を掛けたら、中から出ていらした女性が

「ごめんなさい。今日はもう みんな帰っちゃって…」

「せっかくいらしてくださったのに ごめんなさい」

あーーあ どっと疲れて しおしおと引き返しました。

Photo

                                         

 こんな日もあるさ紫クロッカス  なを

                                                            

季語はもちろん「クロッカス」 

どんどん暗くなっていく山道を 無口になって走り

途中にあった『森林村』という バンガロー村にある

レストランで、ようやく夕食をいただいて、、、

帰りは高速も少し混んでいて、帰宅は8時。

教訓sign01 思いつきだけで動いてはいけない。

行くときは、電話で営業しているかどうか

確認してからにすべしsign01sign01sign01

これからは 気をつけなくちゃって学びました。

喉もと過ぎれば・・・で、また忘れそうだけど(笑)

そんな お彼岸の前の日の出来事なのでした。

おしまい。

                                   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

黄色い春がやってきた!

Photo                                           

 迷ひ子になりたる夢や花ミモザ  なを

                                                             

季語は「ミモザ」  アカシアの一種で、銀葉アカシアという種類。

お写真を頂戴しましたので、掲載させていただきました (^^)v

今日は第二土曜日sign03

つまり、句会が2つの土曜日 なのです。

午前中の句会が終わって、一旦帰宅。

お昼ごはんを母と食べて、今から夜の句会へGO run

朝の句会は、嵐のため 電車が遅れギリギリで飛び込み…

その上、成績はサンザンdown

夜の句会も、あまり期待できそうにないから

そうっと行って そうっと帰ってこようっと(笑)

そんな訳で、行ってまいりまーす(^_^)

                               

                                   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たまには お洒落な街を♪

21_008 21_009 21_010

                         

                          

                        

 うららけしギャラリーに人満ち溢れ  なを

                                                                   

季語は「うららけし」 「麗か(うららか)」の傍題。

あらゆるものが、明るく柔らかく玲瓏として美しいさま。 です♪

俳句のお仲間のご紹介で、青山のギャラリーに

行ってまいりました。

【彩密友禅】 山本遊幾さまの作品展!

個展が始まるまえに、TV(『徹子の部屋』)にご出演された

から なのか どうか・・・

こじんまりしたギャラリーは人でいっぱいsign03

しっかりと埋め尽くされていました (@_@)

なので、あまり じっくりとは拝見出来なかったのですが

高価な 美しい お着物や帯の数々を垣間見て

感動して帰ってきました。  その帰り道・・・

久しぶりにゆっくり歩く 青山・表参道はすっかり様変わりflair

浦島太郎のように? キョロキョロ 修学旅行気分(笑)

どっさり並ぶ ブランドのショップを眺めてきました♪

21_014 21_019 21_022 21_025 21_027 21_029

21_030 21_031 21_032 21_015

      

 

         

 三月の青山原宿ひとり旅  なを

                                                                 

季語は「三月」  はい。そのまんま (^^ゞ

かつての面影の全くない街 まるで旅行者気分でした。

たまに 沢山 歩くと疲れちゃって、、、

うーむむ 運動不足を実感 down

もう少し暖かくなったら、泳ぎにでも行こうかな…

なーんて 考えておりました。 でしたnote

                                 

                                 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

やれやれ トホホ

Photo

                                                                

 遠慮がちゆゑに順服つくしんぼ  なを

                                                                              

季語は「つくしんぼ」 「土筆(つくし)」のことです。ご存知ですよね(笑)

可愛い土筆のお写真を戴いてきましたので、それを詠みました♪

町内会長と電話でお話 telephone

来年度も役員をやって欲しいとのこと、、、

もうずい分やりましたから、この辺で…って、やんわりお断りしても

お願いですから、せめて もう一年!

副部長を置いて、貴方ひとりに責任を負わせないようにしますから。

仕方なく、なんだかなぁ~ なんて思いつつも 受諾。

私って、どうしてこうなんだろ?

頼まれると イヤって なかなか云えなくて ^_^;

宝くじ 当ったら 引っ越しちゃおうsign03

なーんて思うけど、当たる訳ないから やっぱり

続けなくちゃ なのだわん。

考えると疲れちゃうから、考えるのやめようっと!

お風呂入って、美人になるという化粧水つけて

とっとと 寝ちゃおうsign01sign01sign01

それでは みなさま おやすみなさいsleepy

                                      

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3月4日 おめでとう あたし♪

21_003

                        

 こつそりと唄もうたひて桃笑ふ  なを

                                                    

                                               

季語は「桃笑ふ」  歳時記には ありません(^^♪

これは さるインターネットのサイトで戴いた

ワタクシの『お誕生日季語』 なのですから (*^_^*)

年に一度 この季語で皆さまが祝ってくださいます。

ほんとうに有り難いこと…なのです~w

ではでは 戴きもののお句を 一挙 大公開notenotenote

                                                                                                            

絵と文字を分かたぬ村や桃笑ふ     葱男

箸転ろび泪でるほど桃笑ふ        やんま.

ポンポンの揺れる帽子や桃笑ふ      シナモン

風つくるそぞろ歩きや桃笑ふ        佳音

街騒に水湧くがごと桃笑ふ         括弧

桃笑う千紫万紅野に満てり         弁慶

まなざしは少女のままに桃笑ふ        かつこ

あちこちとひとを探して桃笑ふ          白馬

桃笑ふここにもひとり「たのいそがしそう」 かよ

桃笑う元気マークの発信者           アラマ

なを姐さんいつも溌剌桃笑う          赤猫

艶やかに円やかに桃笑ひけり         顎オッサン

草食系に一目惚れなり桃笑ふ         ひつじ

桃笑ふ一献一句の和みかな          光源氏

桃笑ふ内から滲むいい女           海苔子

桃笑ふおほほといいえふふふでしょ     悠

やわらかき声とまなざし桃笑う         ぽぽな

やきいもの袋温しと桃笑ふ            萬坊

楚々としてどこか妖艶桃笑ふ          寂仙

人のため身を粉にして桃笑う              くりおね  

いつにても連衆心に桃笑う               重陽

やはらかき「かしらん♪」の語尾桃笑ふ  十志夫

我もまた風に任せて桃笑う          翔羽

カラフルなジェリービーンズ桃笑ふ     海渡

誘惑の天より降るや桃笑ふ         イッポー

桃笑ふ水輪大きくひろがりぬ          杏

                                                               

                                                                                               

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »