« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

ただいま 37度5分です(>_<)

Photo

                                    

                                

 ぴぴと鳴る体温計や春の風邪  なを                                                                                                   

季語は「春の風邪」  ご説明は不要ですよね?

一昨日から、ほんの少しの寒気。

昨日は喉が痛くなって、、、

そして今日は すごく ダルイ (-_-;)

この冬 何度か風邪の引き始めを

葛根湯のドリンクでしのいできたけれど

今回はちょっと 遅かった かなぁ~?

大好きな 池田澄子さま お句に

 恋人をひがな眺めて春の風邪

なーんて 素敵なんがあるのだけど

私のはそんなロマンチックじゃなくて ザンネンdown

さあ 明日もお仕事あるし もう寝なくちゃsign03

皆さまも 春の風邪には ご用心あそばせ ねっ♪

                                          

                                        

| | コメント (8) | トラックバック (0)

大倉山は「山」でした!

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4

                          

 

            

 急な坂いくつも越えて梅の園  なを

                                                                            

季語は「梅」sign01 です。はい。

昨日 小雨降るなか 大倉山公園内の梅林へ

吟行に行ってまいりました。

大倉山駅から 公園までの坂道の凄いことsign03

去年も行ってるはずなのに、すっかり忘れてて…

ふぅふぅ云いながら ヨロヨロと登りました。

本当に急な坂道なんだからぁ~~!!!

なので、そのまんまを詠んでみました(笑)

雨に煙っているからなのか、満開の梅林は なんとなく

なまめかしい 妖しげな雰囲気を持っていました。

桜の花じゃなくても、そういう雰囲気ってあるのねって

お花の持つ、不思議な魅力に しばし うっとり・・・

梅林の一番奥に、池があって

去年はそこで、池攫いしてて蟇の恋(アハ)のシーンを

目撃しちゃったのだけど、今年はその成果を、、、

蝌蚪の紐(おたまじゃくしの入っている透明な紐ね)が

どーーーっさり ごっちゃごちゃに絡み合っているのを

見てきました。 キャー 凄い!!!

その紐の中に、黒い点のようなのがあって

そのひとつひとつが、おたまじゃくしになるのよねって

じーーーっと 見ていたら 動くのですね。

池だから、流れとかないのに うごめいてるの eye

 蝌蚪の紐揺れて水面の動きたる  なを

水面は「みなも」と お読みください。

「蝌蚪の紐(かとのひも)」が季語。「蝌蚪」の傍題。

今にも孵りそうな、蝌蚪に心を残しながら

句会場に向かいました。

ま、結果は イマイチでしたが楽しかった かな♪

帰りは雨も上がって、温かになったし

下り坂だったので、ラクチン(^^ゞ

なんてのが、昨日のおはなし。 でした。 おしまい。

                                 

                                                                       

| | コメント (4) | トラックバック (0)

花サフラン初めましてのハグをして

 Photo_2                   

                       

 遠来の友のいくたり水やはら  なを

                                                               

季語は「水やはら」  「水温む(ぬるむ)」の古季語です。

寒さがゆるんできて、雪や氷も解け、池や沼、清水や川

などの水に、冬の冷たい感じがなんとなく消えて

あたたまってきたのをいう。(歳時記より)

昨日は、午後に 某インターネット関連のお仲間が

外つ国より、一時帰国されたので その方を囲んでの

茶話会が開かれました♪

初対面の彼女は、とてもチャーミングで 明るくて

気さくで すっかりファンのひとりになってしまいました。

夜は、お茶からお酒に切り替えて…というお誘いも

ありましたが、もうひとつの『初対面』がありましてgood

3年ほど前から、メル友になった方に逢いに・・・

メールで しょっちゅう お喋りしているせいか

ちっとも初対面っぽくなくて(^^ゞ

ほんの少しのお酒で、饒舌になる女ふたりsign03

時の経つのも忘れてしまうくらいでした。

 イイ女ふたりの酒や宵の春  なを

帰りの電車は、やはり興奮しすぎたのか眠くて、、、

(興奮しなくても、眠くなるヤツなのですが…笑)

乗り越しなんかしちゃって、帰宅は御前様。トホホ。

でもでも 初めましてを繰り返した昨日は

とっても素敵な一日でしたheart04

人と人との ご縁って ふ し ぎ sign02

いろんな偶然が積み重なって、奇跡のように

出逢いがあるのね。

その出逢いを大切にしなくちゃね…なんて

思っていた春雨の降る日なのでした。

雨は夕方には 上がったけれど寒い一日…

でもね 気持ちはとっても 温かで

だから、「水やはら」 といたしましたnote

そんな 2月23日のデキゴト。

めでたし めでたし tulip  なのでした。

                                                                        

| | コメント (4) | トラックバック (0)

寒かった日のみっけもん!

                                                        

Photo_4 Photo_5 Photo_6

                            

                           

                            

                               

                        

 震へつつカメラにとどむ薄氷  なを

                                                                 

季語は「薄氷(うすごおり)」  「うすらい」とも読みますね。

春めいてきて、もう氷が張ることもないだろうと思っている

ところに寒さがぶり返し、水たまりや池

雪解水のある田などに、風が吹けば揺れ動くような

氷が張ること。

携帯写真を、自分のパソコンに転送していて

出てきた写真です。

前日までの暖かさが嘘のように ぐっと冷え込んだ日

仕事の途中で見つけた 毘沙門天さんの幟。

一体 なあに?? って、近づいたら

『大荒行・・・』 ですってsign03

そして、用意された樽には 水が張ってあって

それがみーんな 上の方 凍っていて、、、

見てるだけで ぶるぶる^_^;

でも今年初めて見る 薄氷だったから

手袋を外し、震える手で パチリとcamera

すぐに本来の仕事に戻りましたが

こんなこともあるのですねぇ~~

寒も明け、立春もとうに過ぎているのに

まだまだ寒い日 あるようです。

皆さま お風邪など召しませんよう

くれぐれも ご用心なさってくださいねclover

                                   

                             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

壱岐に行きたい!

                                                                

Photo   

 

 島へゆく海の穏やか春日和  なを

                                                          

季語は「春日和」  「春の日」の傍題。

雨水(二十四節気の一、立春の後15日。『気雪散じて水と為る』)の昨日

友人からメール。

壱岐(いき)に行くので船に乗っています…と。

海だ!wave 船だ!ship 島だ!sun

きゃー うらやましい~~sign03sign03 

かつて 対馬に渡ったことはあるけれど

壱岐は未知の島! 憧れの島!

もう ずいぶん海も見ていないしなぁーー^_^;

ちょっとばかり シットしていたら

しばらくして、またもや メールmailto

Photo_2 Photo_3 Photo_4

                                                 

             

                                                

壱岐にある、曾良のお墓にお参りしてきたのだとか…

墓碑には『賢翁宗臣居士』 と書いてあるそうです。

そして句碑には、病気になって、芭蕉と別れたときの句

『行行てたふれ伏とも萩の原』

(ゆきゆきてたおれふすともはぎのはら)

が 刻まれているのですって。

私もいつか 本物にお目にかかれるかなぁ~?

 浅春の島にぽつりと曾良の墓  なを

季語は「浅春(せんしゅん)」です。 「春浅し」の傍題。

立春を過ぎても、まだ冬と同じような寒さが残っていること。

お天気は上々で、それこそ「春兆す」が相応しいのでしょうが

曾良の心中を推し量って 「浅春」 ねっ。

対馬にいる友人に会いたくて、壱岐まで来て

とうとう会えずじまいで逝った 曾良。

どんなにか心残りだったことでしょうね・・・

芭蕉翁のお供で、奥の細道を巡ったということしか知らない

曾良さんなので、きちんと彼の句を調べてみようっと♪

そして  そして

チャンスがあったら ゼッタイに行くぞ~~sign01

壱岐ぃ~!!!!!

             

曾良さまのお名前を、楚良さまと変換ミスしてました。

  訂正いたしましたので、お許しのほどm(__)m

  ご指摘 ありがとうございました♪

                                                                  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「氷が溶けると?」・・・『春』になる♪

                                                                   

Photo_2                                     

 三寒のどつかと坐るなゐの國  なを

                        

季語は「三寒」 冬の季語です。ごめんなさいm(__)m

温かだった数日を過ごした後の 今日の寒さsign03

そして、未明の地震(「なゐ」=「ない」と読んでくださいね)

日本は、せっかくの春から冬に逆戻りしちゃったようです^_^;

「三寒」は「三寒四温」の傍題。

寒い日が三日ぐらい続くと、そのあと四日間ぐらいは

暖かい日が続くということ。

先だって私の部屋のベランダの傍に 目白くん♪

そうっとカメラを取りに行って、戻ったら消えちゃってた。

なので、その代わりに頂いた 目白さんのお写真を

掲載させていただきました(^^)v

ありがとうございまーすnote

もしかしたら、私だけじゃないかも ですが

かつては 目白を鶯だと思ってました(笑)

だって、ウグイス餅の色なんですもん!!

ウグイスがもっと茶色っぽくて地味な鳥だと知って

ちょっとガッカリしちゃいました。

声はあんなに素晴しいのに・・・ねっ。

早く三寒から抜け出して、四温になって欲しいなぁ~

って、みーんな そう思っていらっしゃる筈。 でせう?

それでも、仕事から帰るときに外がまだ明るくて

春なのねぇー って実感もあり なのです。

この時期って、毎年こんなだったかしらん?

 あやふやな季節のあはひ寒紅梅  なを

またまた冬の季語です(エヘへ)

「寒紅梅」 「寒」の時期に咲く紅梅のこと。

「あはひ」は「間」=「あわい」です。

立春を過ぎたから、春なのだけど

でも まだまだ 冬の名残りはそこここに…

そんな気持ちを表わしたくて、、、

この寒さも、ちょっと我慢すれば

また温かになることでしょう (^_^)

辛抱 辛抱sign01

って、自分に言い聞かせている今夜です。

ではでは みなさま おやすみなさい。

                           

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ハートが街を飛び交って(^_-)

                                                                         

Photo

                                 

                          

 逆チョコもありてふ

   バレンタインの日  なを

                                                           

季語は「バレンタインの日」 

今日 2月14日は 聖バレンタインの日です

なので今夜だけ オマケを付けてみました(^_^)

 present  クリックしてみてくださいねっ annoy

楽しんでいただけたら 嬉しいな。

近頃は「友チョコ」とか「自分へのご褒美チョコ」

なんてのが あるようですが

今年からは「逆チョコ」なんてのも ありですってsign01

日本では、女子から男子へ…ってのが定番ですが

他所のお国では、家族へ とか 恋人同士 とか

色々なようです。

ですから、今夜 この部屋にいらしてくださった方にだけ

 はっぴー・ばれんたいん heart02

で ございます(^O^)/

みなさま チョコレート どっさり戴かれましたか?

ザンネン(>_<)・・・だった方は、このheart

心慰めてくださいませ ねっnote

そして 明日からも お元気で 楽しく

過ごされますように!!!

おやすみなさいsleepy

                       

                           

| | コメント (6) | トラックバック (0)

春の日に ぬくぬくと つらつらと…

                                                                 

Photo Photo_2

                    

                                    

                                 

                              

                              

 生かされてゐるてふ不思議春日和  なを

                                                                      

季語は「春日和」 「春の日」の傍題です。

つい先だってのこと。

自転車で ぼんやり走っていての四つ角。

右から来る自転車を遣り過ごして、まっすぐに

進もうとしたら、もの凄いクラクションの音sign03

左から車が来ていることに 気付いてなかった…

ブレーキの音にビックリして、しばし固まって

慌てて下がって、車に通っていただいた。

ようやく またペダルを漕ぎながら ふと思う。

あのまま、轢かれて即死していたら よかったかな?

何の悩みも無い 平穏な天国が待っていてくれるかも?

イライラしたり 嫉妬したり いぢけたり・・・

そんなものとは無縁の 優しいお空の国。

我に返って、、、

ああ 母がいるsign01

私がいなくなったら、確実に困るし嘆き悲しむ人が一人いる。

もうしばらくは、生かしておいて頂こう。

今朝 窓の外の明るい日差しを眺めながら

ぼーんやりと そんなことを、、、

当分 この世にいるつもりです。

ご迷惑でしょうが、みなさま ヨロシク m(__)m

                                                        

写真は、ちょっと季節外れではありますが

先日 鮟鱇鍋を戴いたときの、吊るされてた鮟鱇。

とっても美味しかったけれど、とっても哀れでした。

                                 

                                   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

クエスチョンマークどつさり浅き春

Photo                                               

                                      

 春や春分からぬことのごろごろと  なを

                           

季語は「春」 

立春(2月4日頃)から立夏(5月6日頃)の前日までが春!

ストレート過ぎて、ごめんなさい かしらん(笑)

仕事場の近くに、こんな標識があります。

見るたびに、頭をひねってしまう…むむむ sign02

ここから30メートルは行ってもいいのだ ということは

その筋の友人に確認を取ったのだけれど

カレ曰く 「分かりにくいよなぁ~~!」でした。ふぅ…

世の中、こんな風に なんだか分かるようで

分からないこと 多すぎません??

もう少し すっきりと 誰にでも優しい よく分かるものに

なんとか替えてほしいって思ってるの あたしだけかな?

首をひねりながら 生きて行くなんて真っ平御免ですもんsign03

今夜はちょっと ぼやいてみました。

アホなこと 云うてないで とっととお風呂入ろうっと!

貴重なお時間 お付き合いくださった方 ごめんなさいm(__)m

ではでは~~♪

                       

                             

| | コメント (4) | トラックバック (0)

探しものはなんですか~~♪

                                                                    

Photo                                           

 また行方不明の指輪春かなし  なを

                                 

季語は「春かなし」  「春愁」の傍題です。

他の傍題は「春愁(はるうれい)」「春愁ふ」「春恨(しゅんこん)

「春の恨み」「春思(しゅんし)」「春怨(しゅんえん)」などなど。

深刻な物思いではなく、花が咲き、小鳥が囀り、日の光も

明るくて心の浮き立つ春なのに、ふと物思いに誘われたり

とらえどころのない憂い、哀しみを覚えたりする

春の哀愁…のこと。

まだ、ちょっと先の時期の季語かな?

しょっちゅう 失くし物をしているワタクシですが…

またまた、お気に入りの指輪が行方知れずsweat01

家のなかにあることは確かなのだけど、、、

探してるのに出てこないと悲しくなります。

季語の本意とは ちと違うけれど いいことに(笑)

写真の 戴きものの 梅の微笑み 美しいでせう?

あまりにも綺麗だと、なんだか寂しくなるのは

何故なのかしらん???

指輪はきっと 忘れたころに ひょいっと

出てきてくれるでしょう♪ 

と、結局はあくまでも能天気なワタクシなのです(あは)

お外はいい天気sun

散歩にでも行ってこようかな (^^♪

                                 

                               

| | コメント (4) | トラックバック (1)

♪は~る が き~たぁ~♪

                                                                      

Photo                                    

立春のパステルカラーで書く日記  なを 

                                 

季語は「立春」  昨日から暦の上では『春』です♪

まだまだ寒いけれど、重苦しい色はみんな追いやって

パステルカラーで暮らしたい気分(^^♪

って、そんなに簡単にはいかないけれど・・

昼間の時間がずいぶんと伸びて

ちょっとだけ 元気になれるみたいribbon

閑話休題

ワタクシの例の腕の痺れは なんでも

「ハネムーン症候群」というのですってsign01

自然治癒するらしいのだけど、まだまだ

完治するのに、時間かかるみたい ^_^;

夜中に勝手に独りでなったにしては

えらく チャーミングな名前ですよね(笑)

時間がお薬のようなので

焦らないで、治るのを待つことにいたします。はい。

                                                              

恵方巻を戴き、豆撒きをしたから かしらん?

いつの間にか、アクセス数が60000を越えてましたnote

これもひとえに この駄句部屋を覗いてくださった

皆さまのお蔭でございます。

本当にほんとうに ありがとうございます♪

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げますm(__)m

です\(^o^)/

                             

                                   

| | コメント (10) | トラックバック (0)

冬の終わりは 少し温か…

Photo Photo_2

                    

                     

               

                      

 節替り古文書の山たんと見て  なを

                                                      

季語は「節替り」  「節分」のこと。

季節の分岐点で、晩冬から春への変わり目を指します。

一昨日の夜中、例によって ついウトウト…

ほんの少しして、目覚めたら 右腕の肘から先がジンジン!

痺れてしまって、まったく力が入らない^_^;

昨日は ほとんど仕事にならず・・・

相方におんぶに抱っこで、何とか仕事をクリア。

今日はお休みだったので、朝一番に病院へ。

なんでも 腕の動きをつかさどる脇の下の神経を

眠っているときに、強く圧迫してしまい

それで こんな状態になっちゃったのですってweep

お薬頂いたのだけど、即効性はないから

しばらくそれで、様子を見ましょう  と。

病院を出て、さて どうしよう??

ふと、以前戴いた『妙心寺展』のチケット

あったことを思い出し、右手は不自由でも

展覧会なら見られる! ってことで上野へ。

お坊様の絵と、狩野派の絵と そして

室町時代のお手紙や経文や教えを書いたものが

どーーーっさり 額装されていました。

何が書いてあるのやら チンプンカンプンeye

どっと疲れて帰宅。

節分だから、恵方巻を頂き、豆撒きもして

悪霊退散 お願いしたのでした。

この腕 早く治るといいんだけど・・・

不便でイライラしちゃう (>_<)

以上、冬の終わりのデキゴトでした。 

あ~~あdown  トホホ、、、

                

                 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

カレンダーめくりて春を待ち望み

                                                      

21_004_3                                                 

 冬さうび淋しいときのぴんく色  なを

                                 

季語は「冬さうび」=「冬そうび」=「冬薔薇」 です。

冬に咲く薔薇のこと。

今日から二月、毎月の一日には仏壇のお花と神棚のお榊を

新しいものに取替えます。

その時に、自分用のお花も買うことにしてるのです。

2月1日は、亡くなった父の誕生日ということもあって

なんとなく、薔薇を買ってきちゃった♪

それも、優しいピンク色note

気合を入れたいときは、赤!

元気になりたいときは、オレンジ!

僻みっぽくなってるときは、黄色!

オトナの気分のときには、薄紫 かな?

そして、淋しいときは、ぴんく!

そんな風に なんとなく決まっているの。

占いとか、風水とかでは違うのかも だけど…

いいやんね(^^ゞ

自分がそれでOKなら、、、

という訳で、今日はぴんく なのでしたとさ。

21_005_3

                      

  おしまい♪                      

         

                                                                                                                                     

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »