« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

しろかねの森に一月尽くる音 

                                                                              

21_014 21_015

                                       

                          

                                

 黒服を追ふ三寒の植物園  なを

                                                                                 

季語は「三寒」  「三寒四温」の傍題になります。

寒い日が三日続いたあとに、四日ほど温かい日が続くこと。

寒暖の変化が数日ごとに繰り返される現象で、冬季に多い。

以上、歳時記より。

というわけで(どういう訳や…笑) 昨日は三寒の中

『目黒自然教育園』という処に、吟行に行ってきました。

広い園の中を、例によってバタバタと歩き廻り 苦吟?

ヴューポイントから「水生植物園」を見ると

黒いコートの方が お一人。

もしや お仲間かしらん?? って

急ぎ足で追いかけたのだけど、着いた時には

もはや いらっしゃいませんでした。

本当に広い広い 教育園でしたので

なかなか仲間に巡り合えず、結局ひとり吟行^_^;

                                                                            

21_025 21_026 21_024

 

                                             

 寒鴉鳴くへうたん池を見下ろして  なを

                                                          

季語は「寒鴉」  「かんあ」と、お読みくださいね。

もちろん「かんがらす」と云うのが、実際の季語です。

最初の内は、時折 聴こえるだけだった鴉の鳴き声が

あるとき 突然 大きな大きな塊のように聴こえました。

一体 なにがあったのかしらん??

そんな声に導かれて、たどり着いたのが「ひょうたん池」

その前に見た、水鳥のいない「水鳥の池」も嬉しかったけど

この池も なかなか風情がありました。

魚座の生まれのせいなのか…何故か水の傍に行くと

ホッとします♪

少し元気になれる気がする。

そんなこと みなさまには ございませんか?

冬ざれの「自然教育園」でしたが

寒さもなんのその、しっかり堪能して参りました(^^ゞ

お部屋に縮こまってる あなたsign01

春間近の そこここを歩いてみるのも

楽しいですよぉ~~up

                             

                            

| | コメント (4) | トラックバック (0)

天神さまは 梅 真っ盛り!

21_014 21_004 21_005 21_001 21_003 21_015 21_011

                                                 

                                               

                                          

 行列のしんがりにつく冬の梅  なを

                                                                           

季語は「冬の梅」  「梅」だけだと、春の季語。

まだ、立春前なので、「冬の梅」としました。

枝垂れ梅などは、まだまだ蕾でしたが

もう あちこちの梅は満開sign03

そんな『亀戸天神』さまに、鷽替に行ってきました。

例によって、行列が出来ていて・・・

昨日、今日 1月24・25日が鷽替神事の天神さま。

昨日の人出が多かったそうで、今日はさほど待たずに

『鷽』を買うことができて、超ラッキーでした♪

                                                                

21_007 21_008 21_010

                    

                     

 

 鷽替へてこの世の嘘の帳消しに  なを

                                                              

季語は「鷽替」 新年の季語ですが、実際は今なので

ここはいいことに です(^^ゞ

福岡の太宰府天満宮では、1月7日に行われるので

本当の新年なのですけど…ねっ(笑)

天気予報では、寒いってことだったので

着膨れ状態で 出かけたら、あったかsun

これも 幸先がいいことの証かな?

まずは、今年も無事に鷽替が出来て ホッ(^^)v

なんてのが、今日25日の デキゴトupnote

                               

                                  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

もしかしたら 雪?

Photo Photo_2 Photo_3

                                                                                  

                                                                         

     風花や千代紙の鶴燦燦と  なを                                                               

季語は「風花」 晴天にちらつく雪のこと。

昨日の午後、この冬初めて 空から降ってくる

ふはふはした白いものを見ました。

雪かしらん?  それとも風花?

しばらく続いていましたが、いつの間にか

消えてしまって・・・

写真は、一昨日の仕事帰りの銀座。

真珠の『MIKIMOTO』のショーウィンドウannoy

煌びやかな折鶴が飾られていて

なんとなく不思議な感覚だったので パチリとcamera

高価な真珠は憧れるけれど、分不相応 ^_^;

風花も 儚く消える夢のようなもの。

付かず離れず…のような感じだと思ったりしちゃって♪

でもでも 宝くじが当たったら・・・

あのとっても大きな真珠 欲しいなぁ~~ribbon

                                    

                                                                  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

待ち遠しいね 春!

Photo Photo_2 Photo_3

                      

                   

        

 春を待つ貴方も私も草も木も  なを

                                                          

季語は「春を待つ」  「春待つ」の傍題。

って、同じことなのにねぇ~ 他に「待春(たいしゅん)」も。

仕事場の近所で見つけた、春を待っている子たち♪

昨日は大寒だったのだけど、もう 気分は「春」 かな(笑)

一昨日、自宅の食器棚を動かすなんていう、力仕事をしたせいで

昨日からずっと、躰が痛くて 重くて…(>_<)

でも、そんなことに負けないわsign03

アメリカでは、新しい大統領のご誕生bellbellbell

CHANGE がスローガンなのだから

本当にチェンジして欲しいな (^^)v

そうしたら、巷の苦しい(ワタクシも含めて…ね)方々も

救われる かもしれない!

きっと 世界中のみんなが春を待っているのだと思う。

(冬が大好きな方 ごめんなさい m(__)m)

まずは、新大統領に おめでとうございますannoy

そして、みーーんなに 素敵な春が来ますように!!!

モチロン ワタクシにも とびっきりの春が来ますようにnote

と、図々しくお願いしておいて、今日はこの辺で…

お後がよろしいようで・・・ん ??

                                                                                                  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

寒中に 熱いお話を…

Photo_3

                                                        

 風邪心地ロシアの話聴いてより  なを

                                                       

季語は「風邪心地」  「風邪」の傍題。

一昨日の15日、東中野の『ポレポレ坐』という処に

中西和久さまのお話を聴きに行ってきました。

中西さまの代表作品【しのだづま考】(ひとり芝居)を

ロシア各地で公演された時の内輪話と映像などなど♪

いらしていたのは、支援されている方ばかりのようで

なんとなく、ワタクシは場違いかしらん??

なーんて思いながら、でも楽しく拝聴いたしました。

【しのだづま考】は、民話の「狐女房」が元のお芝居で

人間と女狐の悲恋のお話です。

興味おありの方は、検索してみてね eye

言葉は通じなくても、語りのリズム、うねり

そして、感情の流れはしっかりと観客に伝わり

最初はまばらな客席が最後には満員になり

スタンディングオベーション bellbellbell

俳句のお仲間の同級生という、中西さまsign03

これから益々 目が離せない役者さんになりました。

次回の公演が楽しだなぁ~~

前回の【アウトロー・WE】も 最高でしたしね annoy

この冬一番の寒さの中、出かけた甲斐は

充分にありました!!!

帰りは凍りそうな空気で、風邪を引くんじゃないかと

ちょっぴり心配だったけれど、無事に帰宅。

美味しいお酒を少しだけ戴いて、おやすみなさいsleepy

なのでした。 めでたし めでたし (^^ゞ

                           

                                

| | コメント (2) | トラックバック (0)

懸案事項 終了♪

21_012

                                           

 冬青空大会なべて恙なく  なを

                                                     

季語は「冬青空」 「冬の空」の傍題。

日本海側では雪が降っているという予報なのに

東京は晴天で、しかも暖かい。

なんだか申し訳ない気分だけれど 有り難く…

もう20年以上前から開催している

町内会主催の『餅つき大会』

3年前までは、これに『どんど焼き』も一緒

だったのだけれど、諸般の事情を鑑みて

そちらは中止になりました。

で、餅つき大会だけでは物足りないので

『お正月遊びと餅つき大会』という名称で

新たにスタートしたのでした。

前日の10日も晴れていたけれど

当日の青空は、神様が祝福して下さってるみたいsun

子どもたちには、お正月遊び(凧揚げ、羽子板etc)

の他に「子ども消火訓練」なんてのも経験してもらい

我々は 朝7時半集合でもち米を蒸かし

それから搗き始めたた お餅が

11時過ぎには、700パック揃い

ご近所の皆さまが一斉に並ばれて

お一人さま 1パック どんどんお持ちになりました。

反省会(実は打上げだけどconfident)も無事に済み

今回はどこからもクレームなく

あーあ よかったnote めでたしめでたし でした。

今回の会計報告さえすれば、お役目完了sign03

とっても疲れたけれど、達成感もあります。

きっとまた、来年もこうしてバタバタするのだろうなぁ~

それを思うと、いささか 気分は重くなるけど

ま 先のことだし ねっ(笑)

なんとかなるさ!  なんくるないさ!

なのでありまーす♪♪♪

                         

                         

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ばにゅう」って なーに?

012

                               

 「ばにゅう」てふ講座のテーマ

           松明くる   なを

                                                           

季語は「松明くる」  「松過(まつすぎ)」の傍題。

松の内、つまり門松を立てておく期間の過ぎたこと。

東京周辺では1月7日過ぎ、京阪地方では15日過ぎの

しばらくの間をいいます。

生活全般が平生の姿に戻り、華やぎのなくなった風景に

さみしさを感じたりするのですね。

そんな 松明の1月8日、去年から続けている

『落語で学ぼう お江戸の文化』の講座を開催しました。

講師に噺家の三遊亭円左衛門師匠を招いて

落語を一席、それにまつわる、江戸文化についての

レクチャーをしていただくというもの。

昨夜のお噺は『芝浜』 (^^)v

私の大好きなお噺のひとつsign01

年末年始によく語られる お噺ですね♪

その「芝浜」に出てくる言葉の『ばにゅう』

詳しくは、円左衛門師匠のHPをご覧くださいな。

 「円左衛門の精電気」

 http://www.geocities.jp/enza2002jp/

この中の『江戸ってどうよ』から「ばにゅう」を

ご覧になってくださいませ(^_^)

この「ばにゅう」 合羽橋といえども売ってない!

だろうなぁ~~(笑)

ああ 面白かったnote

落語って、本当に奥が深い…

師匠 これからも ヨロシクでーす(^^ゞ

                              

写真は去年 出かけた合羽橋。

お噺とは関係ないけれど  ねっ♪

                                  

                                 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SERI NAZUNA ~~♪

21_007                                              

ゆるやかに時流れをり七日粥  なを

                                    

季語は「七日粥(なのかがゆ)」 「七種粥(ななくさがゆ)」の傍題。

正月七日に万病よけに七草粥を食べること。

みなさま 先刻 ご承知でしょうが…

『芹 薺 御形 繁縷 仏の座 菘 蘿蔔』 ごれぞ七種。

もしかしたら、去年も書いたかもしれませんが、念のため

読み方を書いておきますね (^^ゞ

『せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ

 すずな すずしろ』 これぞ ななくさ。

山之辺で、若菜籠に摘んで 七種粥を作るなんて

そんな贅沢なこと出来ませんので、スーパーで購入の

七草セットsign03  298円也。

デラックスバージョンの598円なんてのもあったけど

そこまでしなくても いいかなって

無難なところを買ってきました(笑)

せっかくここまで ご説明したのだから ついでに

芹=セリ=これはどなたもご存知ですね♪

薺=ナズナ=ペンペン草のこと。

御形=ゴギョウ=母子草のこと。

繁縷=ハコベラ=ハコベの別名。

仏の座=ホトケノザ=キク科の田平子(タビラコ)の別名。

菘=スズナ=カブの異名。

蘿蔔=スズシロ=ダイコンの異名。

この中では、ちょっと「仏の座」が分かりにくい!

ですよね?

なので、やっぱりスーパーのパックは有り難いnote

今日は、明日からの超ハードスケジュールを

鑑みて、休暇をお願いしました♪

なので、朝の七草粥作りも のんびりと~

ゆったりした気分で、作ることが出来ました。

「七種なずな唐土の鳥が日本の土地に渡らぬ

さきに七草なずな」と かつては、はやしながら

七草を叩いたそうですが、そこまでゆったりとは

出来ませんでした けどね (^_^)

それから、オモシロ情報 notes

「七草爪」といって、七草の日に新年になって

初めて爪を切ると、悪い風邪にかからない…

なーんてことも言われていたそうです。

ホントかな???

以上、七草にまつわるお話は これでお終い!

                                                                                   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

寒いのは やっぱりキライ

21_021

                                             

小寒やふんはりと浮く飛行船  なを

                                              

季語は「小寒」  1月5日は、小寒!

そう、寒に入っちゃったのですw~

これから、大寒を経て、節分までが

一番寒い時期ですね。

寒いのが、超苦手なワタクシにはツライ季節。

なんとか風邪引かないで、遣り過ごしたいなぁ~

「五日」の季語で詠もうとも思ったのですが

ちょっと飽きちゃったでしょ?

なので、「小寒」の句にしてみました。

毎日 寒いですねshock

皆さまも 呉々もご自愛くださいませclover

                    

写真は3日に撮ったものです。

どこかで使いたくて(笑)

5日の写真じゃなくて、ごめんなさいm(__)m

                               

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トトロは迎えに来てくれなかった けど…

Photo  猫バスを

  待ちつづけたる四日かな  なを                                                                        

季語は「四日」  三が日が済み、官公庁や銀行などが

仕事始めとなる日(官公庁は御用始め)。

でも、日曜日に当たるので、普通の処は五日になるのかな?

ワタクシは土・日・祝も関係ない仕事場に勤めているので

昨日の四日が仕事始めsign03

重たい頭を抱えて、『猫バス』 来てくれないかしらん?

なーんて、呟きつつ出かけたのでした。

心のなかで、トトロのオープニング曲

「歩こう 歩こう 私は元気~ 歩くの大好き

 どんどん行こう~♪」

口づさみながら ねっ(笑)

初日、大した仕事もしなかったのに、疲れちゃって

昨日のうちに、更新出来ませんでしたm(__)m

もう五日だけど、朝のうちだから お許しを!

さぁ ぐわんばって五日のお仕事に行ってまいりまーすrun

                                                                 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3日の出来事

21_034 21_054 21_041                      

           

           

 三日はや太田胃散と腐れ縁  なを

                                                         

季語は「三日」  三が日の終わりの日。

元旦から続いた お屠蘇やお雑煮も納めに。

今年のお正月は風邪こそ引かなかったけれど

元日の夜から 胃痛が始まり、、、

体調 イマイチ (>_<)

今までほとんど 胃が痛いなんて経験のない私

母の持っていた「太田胃散」を貰って飲んでいます。

今朝も珈琲を我慢して、ホットミルク。

そんな あやふやな体調のまま

今日は浜離宮庭園で行われた「鷹狩」見学♪

実際の名前は「諏訪流放鷹術」というもの。

伝統の衣装に身を包んだ鷹匠の皆さまの実演。

(修行中の人はまだ着られないのだけど…)

生れて初めての鷹の姿に感動いたしました(^^)v

鷹匠さんも 鷹さんも カッコよかったぁーsign03

 鷹匠の目の厳しさと優しさと なを

その後は食事をしながらの 句会。

二次句会は、途中からお店の営業時間終了で

追い出されて、外のベンチ(といっても、ビルの中ね)で!

みんな ホントに俳句が好きなんだなぁ~~

って、ワタクシもその末席にいるのだけれど…(笑)

なーんてのが、3日のおはなし。

明日からは(日曜日だけど) 普通に仕事です。

トホホ状態ではあるけれど ぐわんばらなくちゃsign01 ねっ。

                              

                               

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「はや二日」の 失敗 ^_^;

Photo                                              

  

  墓地に人いくたりもをり

       はや二日   なを

                                                                          

 季語は「二日」  二日は初夢、初荷、書初めなど

さまざまな行事の始めの日。元日と違って堅苦しくなく

町は静粛さから、にわかに活気づく日…歳時記より。

そんな二日に、お墓参りに行ってきました。

もしかしたら、墓地の傍の石屋さん休みかも? って

暮の内にお花は買ってありました。

案外 空いていた高速経由で墓地に到着!

途中で見えた、雪を被った富士山の美しかったこと♪

花を持って、車を降りたら・・・

やだーーっ (-_-;)

お線香を持ってくるの 忘れた(ガーン)

仕方なくお掃除して、お花 供えて

ごめんなさい て ご先祖の皆さまに謝って

掌を合わせてまいりました。

墓地には、私たち(母と私)の他にも

結構 沢山の方がいらしていて

お正月のお参りしていらっしゃいました。

あちこちで お線香の煙が出ているのに

ちょっとばかり恥づかしい墓参なのでした。やれやれ。

というのが、今日の出来事。

ほーんと お正月早々 やんなっちゃう。トホホ…

                                

運転中だったので、富士山の写真は撮れませんでしたので

お友達に戴いた、『宝満宮』の写真をどうぞ camera

このお宮でお参りした後に、宝くじ買うと当るかもsign02

だそうです(^^ゞ  行ってみたいなぁ~~♪

                                

                                                           

| | コメント (2) | トラックバック (0)

元旦の出逢ひ

21_007 21_012 21_015 21_019 21_005

     

       

 

 

 

 出逢ひたるもののすべてに淑氣満つ  なを

                                                         

季語は「淑氣(しゅくき)」 新春のめでたい気配。

昨日が今日になっただけ なのに

何故か畏まった 厳かな気分になるから不思議 sign02

近所の氏神さまに、お参りに行った時に出逢った

もろもろを写してきました♪

鳥居の上のお空は、とっても青かった!

これは「初御空(はつみそら)」ね (^^♪

えらく早く咲いてしまっている チューリップさん。

名前の分からない 黄色いお花。etc.

あるお家の前には、楽しい石像があったし…

何気なく見過ごしてきたもの すべて

とても有り難く 感動しちゃったりしてnote

そういう自分がちょっと嬉しかったり(笑)

そんな一月一日のスケッチなのでした。

それでは、今夜はこの辺でおやすみなさい。

                                                              

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます(^O^)/

21                                          

 年明くるパソコン上の

        さだまさし なを

                                                                 

季語は「年明くる」  「新年」の傍題ね♪

                                                       

改めまして・・・

みなさま あけましておめでとうございますannoy

本年もどうぞよろしく お願いいたします (^^ゞ

                                                    

紅白歌合戦も無事に見終えて(笑)

さて、ブログを新年バージョンにsign03

で、えーと テレビもちょっと見ておこうかな…と

点けたら、『年の初めはさだまさし』 ライブ中継。

また ぼんやりと見てしまいましたぁ~~

今年も夜更かしの癖 治らなさそうだなぁ、、、

初日の出の時間には、起きられないけど

『ニューイヤー駅伝』 見たいから

とっととお風呂に入って、お蒲団に入らなくちゃ!

それでは みなさま おやすみなさい sleepy

                                                                 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »