« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

鼠年も今日まで!

Photo                                     

とりあへず出汁をたつぷり大晦日 なを

                                                            

季語は「大晦日」です。 モチロン♪

ご説明の必要もないですね(笑)

ほとんど年越しの準備の出来ていないワタクシ。

せめて、お煮しめくらいはキチンと作らなきゃ(キッパリ)

それには、出汁がどっさり必要。

今日の仕事は、出汁をとることからスタート sign01

さぁ ぐわんばりませう (^^)v

                                  

今年も この駄句部屋を覗いてくださった みなさまnote

ありがとうございましたm(__)m

来年も どうぞよろしくお願いいたします。

少しづつでも 上を目指していきたいと

願っています。

新しい年がみなさまにとって お仕合せなもので

ありますよう 心からお祈りいたします。

一年間 お世話になりました。

                          

写真は、仕事場近くの神社が取り壊されての

仮社殿です。

ちょっと小さくて寂しいけれど、明日はここにも

参拝の方 いらっしゃるかしらん ってことで (^^ゞ

                                             

| | コメント (2) | トラックバック (0)

うれしいな♪

007                                            

 歳晩の躰の芯にある鉛  なを

                                                  

季語は「歳晩」  昨日と同じ「年の暮」の傍題です。

今年も押し詰まってきたけれど

嬉しい出来事がありました(^^)v

清水哲男さまの「増殖する俳句歳時記」の

子どもみたいな『ZOUX』の、歳晩風景写真に

応募した写真が なんと採用されたのですsign03sign03

やったねscissors

その写真を、皆さまにもご覧いただこうと

掲載いたしました♪♪

中に句も入れてみましたので、クリックで

大きくされて ご覧頂ければ嬉しいです!

着膨れてるから重いのか それとも

体調がイマイチだから重いのか・・・

ここ数日 躰の中に鉛が入ってるみたいに 重たい。

そこんとこを詠んでみたのですが

そんなことウダウダ云ってる場合じゃないsign01

明日から気合入れて、お正月準備しなくちゃ!!!

でも、今日はちょっと嬉しいニュースのご報告

なのでしたぁ~~note

おしまい。

                              

| | コメント (4) | トラックバック (0)

数へ日の ゆううつ。

Photo

                                               

 なりゆきにまかせて

        そして年の果 なを

                                                    

季語は「年の果」  「年の暮」の傍題。

十二月も押し詰まったころの年の終わりを表わしています。

今年も残すところ、あと3日。

今日でようやく仕事納めになりました。

大掃除もしていないし、年賀状も書いてない ^_^;

何とか残りの3日、誤魔化してやりすごしちゃおう(笑)

なんとなく、この一年そうやって生きてきた気がします。やれやれ…

成り行き任せで、なるようにしかならないさ!

なーんて、うそぶいて毎日暮らしてきたけれど、、、

多分 年が変わってもおんなじようにしていくんだろうな bleah

写真は通りすがりに見つけた、門松(でいいのよね??)

スッキリしていて、チャーミングだったので camera

ちょっとばかり疲れてて、投げやりになっての一句でした。

んーん 今夜は早く寝ちゃって 明日から少しは

心 入れ替えて ぐわんばろうsign03

あした、あんまり寒くないといいな。

寒いと気合 入らないんですもん (^^ゞ

それでは みなさま おやすみなさーい♪

                                                        

| | コメント (2) | トラックバック (0)

うたってください! 思ひの丈を…

Photo                                                 

                                                                                      

 冬薔薇こころの芯に届く「愛」  なを

                                                                                            

季語は「冬薔薇(ふゆそうび)」  冬に咲く薔薇のこと。

さっきから、ほんの少しウルウルしながら

『小田和正』さんを 聴いています。

あんなに優しく 透き通った声で

「守ってあげたい」なんて 囁かれたら

メロメロになっちゃうだろうなぁ~~annoy

なーんてこと 有り得ないから

番組が終わったら、夢のなかで聴かせてもらおうっと(笑)

日付が替わっちゃったけれど・・・

25日が本当の クリスマスbell

もう一度だけ みなさまに、、、

めりーーーー  くりすますwwwwine

そして おやすみなさい sleepy

 

                            

| | コメント (6) | トラックバック (0)

はっぴー めりー くりすます♪

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6 Photo_7 Photo_8 013 003

 

                                                                            

                                                                     

諸人に幸ありますやうにクリスマス  なを

                                                                        

季語は、はい(^^♪ 「クリスマス」heart04heart04heart04

生きとし生けるもの すべてに 幸せが来ますように

心からお祈りいたしますnote

                                            

皆さまに メリー・クリスマスxmas

                                                                      

私は ささやかに、ケーキとワインでクリスマスしています♪

皆さまは どんなクリスマス・イヴを

お過ごしですか?

愉しい お時間を過ごされますようにnotenote

                                                             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あっちこっちの くりすます

028_4                                                       

 クリスマス

   お風呂屋さんもキラキラと なを                        

                                    

季語は「クリスマス」  そのまんま ですね(^^♪

5月には煙突に鯉幟を飾っていた 銭湯。

さすがに 煙突にイルミネーションは出来ないらしく

入口を飾り立てていましたannoy

ピンボケ写真ですが、中に『ゆ』の文字が

ご覧いただけるかしらん??

紫色の丸いところに あるのですけど…

ご近所のお宅も 色々 飾っていらっしゃいますが

差しさわりがあるといけないので、ザ・銭湯 fuji

ここは帰宅途中の道路から 少し入った処にあります。

電気代かかって、みなさま大変でしょうけど

しばらく キラキラ ガンバッテくださいねっnote

                                 

                         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜の道路は空いていました♪

Photo

                                             

                                             

 冬ぬくし夜の国道20号  なを

                              

季語は「冬ぬくし」  冬の間にときおり訪れる暖かい日のこと。  

昨日は温かでしたので、使ってみました。

2~3日前から、母の部屋のエアコンの調子が悪く

暖房にしても、送風にしかならない・・・

気にはなりながらも、そのままにしてあって

日曜日の告別式から 帰宅してすぐに

エアコンのチェックsign03

蓋を開けてみると、埃でイッパイ (-_-;)

出来る限り お掃除して 再度ONにしても

やっぱり 送風でしかない…やれやれ。

まさか、このまま寒い部屋に母を置いておけないので

もう夕方6時過ぎでしたけど、車を走らせて

電気屋さんに行きましたcar

どうせなら、10年間お掃除しなくていいのがいいよね(笑)

ってことで、即 手配note

工事日は24日午後…

クリスマス・イヴだけど、なんにも予定ないんだもんweep

と こ ろ が ・・・

夜の10時過ぎになって、母が私の部屋へ。

エアコン 温かい空気が出てるんだけど、、、

なんですってぇ~~(ー_ー)!!

お金は払い込んであるし、今さらキャンセルも

出来ないし、仕方ないね。

クリスマスだもん。サンタさんのプレゼントってことに

しなくちゃ しょうがないよsign01

なんだか ドッと疲れて、そのままウトウトと。

目が覚めたら、日付が替わっていました。

夜中の2時の柚子湯だったけれど

ご利益 あるかしらん???

そんなこんなが 冬至の日の出来事でした。

あああ しんど ^_^;

                                      

今日から少しだけ、クリスマスモードにしてみます。

愉しんでいただけると いいのですがribbon

                             

                             

| | コメント (4) | トラックバック (0)

人生は観覧車?

Photo                                            

一陽来復黒服はもう着ぬつもり なを

                                                                      

季語は「一陽来復」  「冬至」の傍題。

一年を易の十二卦(け)に配当すると、陰暦10月に陰が極まり

11月の冬至に一陽がかえることから…だそうです。

埼玉に棲む義兄が、突然亡くなり・・・

昨夜が通夜、今日が告別式です。

ついこの間の、義姉の告別式でお目にかかった

ばかりだったのに、、、

黒という色 キライではないけれど

こんな形の黒は もう いややぁ~~!

冬至の今夜は、柚子のお風呂に入って

悪いことは もうこれで 打ち止めにしたいものです。

写真は戴きものの『観覧車』

昇りつめたら下がるのだけれど また昇っていくup

来年はきっと、いいことがあると信じて

頑張って、告別式に行ってまいります。

天気予報によると、今日は温かいのだとか。

それだけが 今の救い かな。

                                  

                                  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年の暮の かなしみ・・・

Photo

                                    

                         

 兄逝けり冷たき街をあとにして  なを

                                          

                      

季語は「冷たき」  正式な季語は「冷たし」

大気の温度の低さを「寒さ」というのに対し

感覚的なものとして「冷たし」を用いる(歳時記より)

一昨日の未明 義兄が旅立ちました。

調子を崩しての検査入院の5日目だったそうです。

3ヶ月前の義姉の葬儀で お目にかかったのが

最後になってしまいました。

いつも優しい気遣いをしてくださる義兄でしたので

ショックでした。

なんだか、まだ ボンヤリしています。

年賀欠礼の葉書の舞い込むこの時期に

こんなことがあると、私も欠礼したくなります。

でも そうもいかないのでしょうねぇ~

今年はやっぱり『変』な 年 でした。

合掌。

                        

                             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晴れた日の冬のお空は真つ青で、、、

014 004

                                     

                                        

                                     

 ピラカンサ冬青空を独り占め  なを

                                                                     

季語は「冬青空」  はい。そのまんま 冬の季語。

「ピラカンサ」が季語かと思って調べたら

歳時記に載っていなかったので、冬青空としました♪

柿が、木守柿(きもりがき)を残して

なーんにもなくなっちゃったので

鳥さんたちが来ないの。

ピラカンサって、見た目は豪華なのに、食べると

あんまり美味しくないのですってsign03

って、直接 聞いた訳じゃないんだけど…(笑)

鳥さんの来ないお庭は、とっても静か。

お隣の神社が解体されて、今は音の出ない工事中なので

とてもとても シーンとしています。

もっと後になって、美味しい食べ物がなくなると

鳥さんたち 賑やかにやってきて 3日位でピラカンサも

丸裸になっちゃうの。 スゴイでしょう?

先だって、「ねずみもち」の実は食べてみたけれど

ちっとも美味しくなかった ^_^;

「ピラカンサ」と比べて どうなのかな??

試しに一度 食べてみなくっちゃnote

結果はそのうち、ご報告いたします。はい(^^ゞ

                            

                           

| | コメント (2) | トラックバック (0)

織るのも 折るのも 苦手です…

Photo                                                                 

 短日の鶴の折り方忘れをり  なを

                                                    

季語は「短日」 「日短か」等とも云います。

もう少し、冬至までは昼間の時間の短い日が続きますね。

昨日の朝の句会の兼題のひとつが「鶴」

最初は「数へ日の~」としていたのですが

主宰の「数へ日」の慌しいなかで、鶴を折ったりする?

という、鋭いご指摘で、「短日」に変更sign03 (笑)

いつだったか、折り紙で鶴を折ろうとして

ふっと忘れていることに気付きました。トホホ。

折り方 教えていただいて不恰好な鶴さんの出来上がり♪

なんだかなぁー だった気分を思い出して詠んだもの。

夕方からも、もうひとつ句会があって

帰宅した頃には、もうボロボロ ^_^;

ぐーったりして 早めにおやすみなさいしちゃいました。

で、みなさま 鶴 ちゃんと折れたりなさいますか?

ワタクシが千羽鶴 折ったら、何年かかる…かしらんsign02

                                 

※写真と句には、何の関係もございません。悪しからず…

                                      

                                                                       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お風邪にもご用心あそばせ♪

Photo Photo_2 Photo_3

                                    

                                        

 年忘源氏千年大団円  なを

                                                       

季語は「年忘」  これで、「としわすれ」と読みます。

年末にあたって、親戚や友人を集め宴を催すこと。

つまり、まぁ ぶっちゃけ 『忘年会』のことですね♪

【源氏千年紀】の今年も残り僅か…

それを寿ぐように、雅に紅葉が煌めいている でしょう?

って、戴き物の お写真を使わせていただきました。

深謝でございますnote

世はなべて 忘年会 真っ盛りsign03

みなさま 胃や肝臓をくれぐれもお大切に ねっbottlewine

                                      

| | コメント (4) | トラックバック (0)

冬ぬくし のち 寒き夜へ

011 010 015

                     

                    

                   

                           

                  

 冬紅葉「勝守」てふを授かりし  なを

                                                             

季語は言わずと知れた「冬紅葉」 

どうしても使いたくなってしまう季語。しつこく恐縮ですm(__)m 

天気予報では、超寒いと云われていた土曜日、、、

もの凄い着膨れ状態で、亀戸吟行♪

亀戸天神さまからスタートして、吟行開始!

途中の香取神社で オリンピック代表選手も

戴きにいらしたという『勝守』(お守り)をGET (^^)v

もう何があっても 勝ったも同然sign03  んsign02

しばらく歩いて、今度は【野菊の墓】で有名な

伊藤左千夫のお墓にお参り。

020 023 017

             

               

                

 罅多き左千夫の墓や石蕗の花  なを

                                                           

季語は「石蕗の花」。 もう大分枯れていましたけど…

今年は咲き始めが早かったみたい ですね ^_^;

墓地の奥の方にあった、左千夫のお墓は

寂れていて、罅(ひび)だらけで、なんだか切なくなりました。

                                         

そして・・・

Photo                  

 紙懐炉いくつも電車乗り継いで  なを

                                                                     

季語は「懐炉」  今は下着に貼り付けるホカロンのようなものが

主流なので、「紙懐炉」としました (^^ゞ

句会が終わった後は、高校時代のクラブのOB会へGO run

月島のもんじゃ焼きのお店へ…

形は美しくないけれど、とても美味しゅうございましたnote

月島からは、銀座へ~

016 021 017 019

              

               

  賑やかに銀座横切る十二月  なを

                                                       

季語は「十二月」 まだ「クリスマス」とは云いたくないの(笑)

ワイワイと 銀座の街を歩いて、東京駅へ。

そこで カイサーン (^_^)/~

「また 来年!」 「よいお年を!」 なんて繰り返して…

なんだか 長ーい一日だったけれど

ああ 愉しかった♪♪

というのが、土曜日の出来事でした。

おしまいscissors

                       

                                

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合羽橋は5時半に営業終了です!

012 005

016                    

                    

                      

                          

                       

 シャッターの続く街並木の葉雨  なを

                                                          

季語は「木の葉雨」  「木の葉(このは)」の傍題。

木の葉雨は本当の雨ではなくて、木の葉が降るときに立てる音を

雨になぞらえたもので、木の葉時雨などともいいます。

昨日、来年の「お正月遊びと餅つき大会」で使用する

杵などを買いに、仕事のあと『合羽橋商店街』に参りました。

で えーーーーっsign02

ずらーっと、お店がみんなシャッター下ろしてるぅーdown

オロオロして、でも 目指すお店まで行ってみようsign01

えーーんweep

やっぱり シャッターに閉ざされていて・・・

お店の前から、もしかして…って 電話telephone

出てくださって、小さな扉から中に入れてくださいました(^^)v

杵の注文など、受けていただき ようやく ホッ♪

大会までに、やらなきゃいけないこと どっさりあるけれど

一仕事 終わりましたnote

合羽橋には木の葉は舞っていなかったけれど

その日は昼間 もの凄い突風が吹いて

木の葉が音を立てて踊り狂っていたので

季語にケッテイしました(^^ゞ

3枚目の写真は唯一 開いていたお店です。

お店の灯りが、とっても優しく温かに感じられたので

記念撮影してみました(^^♪

そんなこんな 合羽橋行状記…でございました(笑)

                    

※ちなみに、「合羽橋」は「かっぱばし」と読みます♪

                       

                            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虫愛ずる姫 じゃないけれど(笑)

20_2                                                             

 手袋を脱ぎ初めましての会釈  なを

                                                            

季語は「手袋」  ご説明は不要ですよね(笑) 冬の季語。

先日、徳富蘆花の『恒春園』で 出逢った不思議な虫さん。

名前を知りたくて、色々とあちこち伺ったりして…

「昆虫エクスプローラー」というHPにまでお邪魔して、、、

で、判明したお名前が【アカスジキンカメムシ】さん! でした♪

これは幼虫で、そのまま冬を越し、美しい成虫になるのですってsign03

ふぅーーーん (^^)v

冬を越した【アカスジキンカメムシ】くんに逢いたいなheart04

春に『恒春園』に お邪魔したら逢えるかしらん??

そのサイトから、戴いてきた写真を少し ね camera

Photo Photo_2 Photo_3

                                  

                     

左の2枚が幼虫で、右側のが成虫です。

この とっても綺麗な緑色に是非ぜひ逢いにいきたいなぁ~

「虫」関係 苦手な方には ごめんなさいm(__)m

な、今日の〈ひとりごと〉でした。

ゴキブリと蚊 以外の虫さんは、結構好きなワタクシの

今年最後の(多分ね) ビッグニュースなのでしたnote

                                     

                                  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

さぁ 今日から十二月!

009 011 010

                        

                           

                             

 花八手絆てふ字を分解す  なを

                                                                  

季語は「花八手」  「はなやつで」です。

写真でお分かりのように、今日もまた地味なお花を

取り上げてみました。

ちょっとカリフラワーみたい ね (^^ゞ

12月に入り、いよいよ押し詰まって来た今年。

いつもよりも 年賀欠礼のお葉書を沢山戴いてます。

人と人との縁、絆…そんなものを しみじみと感じる

今日この頃、、、

糸偏に半と書いて、「きづな」

どうして、糸が半分になると 絆 なのかしらん??

糸偏に世でも、「きづな」って読ませるし・・・

日本語って とっても不思議ですね (^_^.)

漢字のひとつひとつに、きっと意味があるのでしょうsign01

この忙しない時に、どうでもいいことをウダウダと

失礼いたしましたぁ~~sweat01

                                  

                                   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »