« 新聞は毎日読もう!!! | トップページ | 水中花をご存知ですか? »

あの匂ひが嫌な人も…

 十薬の白を祈りの色として  なを                                                                                        

そこここに十薬(「どくだみ」のことです)が咲いています。

とても地味で、控えめな花ですが、あの十字の白に、

クルスを連想するのは、私だけではないと思います。

すべからく、白は希望の色ですが、私はあの小さな十薬に

希み(のぞみ)を託して、詠んでみました。

「どくだみ」は、乾燥させたものは生薬として、

消炎・利尿剤に用いられ、葉は腫物に貼布したそうです。

他にも、乾燥したものは、匂い消しにも有効だと聞きました。

昔の人は偉かったんだなぁ…と、実感。

|

« 新聞は毎日読もう!!! | トップページ | 水中花をご存知ですか? »

コメント

 spacesisさま

星野富広さんのお名前は、存じておりましたが、
読んだ事は、ありませんでした。
今度、読んでみます。
教えてくださって、ありがとうございます。

十薬は、乾燥させて冷蔵庫や、車のトランクに入れると、
消臭にいいようです。
以前、しょっちゅう釣りに行っていたころは、トランクが
魚臭くなるのがイヤで、乾燥十薬を入れていました。
(多少、効果ありましたよ)

投稿: なを | 2005年6月14日 (火) 午後 09時40分

なをさん、こんにちは。

そのドクダミの花ですが、実はしばらく前にとあるサイトでも
少し話題にのぼり、残させていだたいた「星野富広さんの詩」が
あります。
ご存知かも知れませんが、
  
  「道の隅で
   歩く人の足許を見上げ ひっそりと生きていた
   いつかお前を必要とする人が
   現れるのを待っていたかのように

   お前の花 白い十字架に似ていた」

全文ではありませんが、なをさんと同じように、
この花に寄せる同じ思いをもって、詩を歌った人です。
わたしもこの花の匂いは苦手ですが、目立たず人に
嫌われながらも「十薬」という漢字をもつほど生薬に
使われるのであれば、まさに白い十字架にふさわしい
ですね^^

ドクダミがこのような漢字を持つとは知りませんでした。
ありがとう^^
   
   

投稿: spacesis | 2005年6月14日 (火) 午前 02時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94536/4544239

この記事へのトラックバック一覧です: あの匂ひが嫌な人も…:

« 新聞は毎日読もう!!! | トップページ | 水中花をご存知ですか? »